根角博久

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 九州沖縄果樹研究調整監
氏名 根角博久
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 熊本県
見える化ID 000516
URL
カテゴリ 育種 栽培技術 品種 びわ 水管理 その他のかんきつ

研究情報

2014年度   ICTの活用によるマルドリ方式の高度利用 ~産地単位で高品質安定生産を実現するために~

2014年度   軽労働で高収益を実現するための園地確立を目指して

2014年度   Construction of a citrus framework genetic map anchored by 708 gene-based markers

2014年度   Construction of a citrus framework genetic map anchored by 708 gene-based markers

2014年度   Construction of genetic linkage map and graphical genotyping of pseudo-backcrossed F2 (BC’2) progeny to introduce a CTV resistance from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus by introgression breeding

2014年度   ウンシュウミカン新品種‘長崎果研させぼ1号’の特性

2014年度   かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」

2014年度   ウンシュウミカン新品種‘長崎果研させぼ1号’の特性

2014年度   傾斜地での点滴かんがいに用いる小規模太陽光発電揚水システムの実証試験

2014年度   「マルドリ方式」の改植時導入によるカンキツ早期成園化の経済性事前評価

2014年度   樹園地の園内道整備のための設計支援システム操作マニュアル

2014年度   マルドリ方式のためソーラーポンプシステムマニュアル

2013年度   オープン・フィールドサーバ及びセンサクラウド・システムの開発

2013年度   「ビワ新品種「はるたより」」

2013年度   Origin of Cultivated Citrus (Rutaceae) Documented by the Contents of Internal Transcribed Spacer Sequences (ITS) in Nuclear Ribosomal DNA

2013年度   シートマルチ栽培下のカンキツ‘はれひめ’における樹勢回復と果実品質に及ぼす点滴かん水同時施肥の効果

2013年度   気象の極端化のウンシュウミカンへの影響を軽減する「マルドリ方式」

2013年度   Expression quantitative trait loci analysis of carotenoid metabolism-related genes in citrus

2012年度   A Sample Preparation Method for Direct and Non-Direct PCR in Woody Plants

2012年度   追加費用・収益からみたカンキツ作における「マルドリ方式」の経済性と導入条件

2012年度   園地環境に影響するマルチシート資材の特性

2012年度   極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」

2012年度   夏季の1日当りの点滴かん水量の違いがレモンの果実形質とTDR値に及ぼす影響

2011年度   施設共同利用型高品質カンキツ生産方式「団地型マルドリ方式」

2011年度   Development of tree vigor prediction method at an early stage based on stem hydraulic conductance of seedlings in citrus rootstocks

2011年度   PCR Primers for Marker Assisted Backcrossing to Introduce a CTV Resistance Gene from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus

2011年度   UV-C irradiation affects accumulation of scoparone in citrus

2011年度   Characterization of genomic sequence showing strong association with polyembryony among diverse Citrus species and cultivars, and its synteny with Vitis and Populus

2011年度   Quantitative trait loci (QTL) analysis of carotenoid content in Citrus fruit

2011年度   Regulation of carotenoid accumulation and the expression of carotenoid metabolic genes in citrus juice sacs in vitro.

2010年度   冬~春季の乾燥がレモンの着果および果実品質に及ぼす影響

2009年度   ビワ新品種「なつたより

2009年度   ビワ属遺伝資源の特性(第2報)

2009年度   さわやかな風味の中生カンキツ新品種「はるひ」

2008年度   ビワ果肉色の遺伝および果肉色に連鎖するRAPDマーカーの同定

2005年度   [成果名なし]

2005年度   ビワにおける無核品種育成のための雄性不稔育種素材

2005年度   新品種の栽培技術-ビワ「麗月」

2005年度   ビワがんしゅ病抵抗性遺伝子(Pse a)と連鎖するDNAマーカーの開発

2004年度   たまみ

2004年度   かんきつ中間母本農7号

2004年度   かんきつ中間母本農8号

2004年度   無核性と早熟性の品種育成に有用な育種素材‘かんきつ中間母本農5号’

2004年度   無核性と機能性成分高含有の品種育成に有用な育種素材‘かんきつ中間母本農6号’

2004年度   カンキツ新品種‘はれひめ’

2004年度   ビワにおける二倍体親同士の組合せからの倍数体出現事例

2004年度   長崎県東彼杵郡川棚町で発見された特異なビワ遺伝資源の特性

2004年度   果肉色の異なるビワ遺伝資源数品種におけるカロテノイド組成とその含量

2004年度   ビワの耐寒性の多様性と開花期との関係

2004年度   長崎県のビワ産地におけるビワの民間薬的利用方法

2004年度   長崎市周辺の特定地域に分布する香酸カンキツ‘ゆうこう’

2003年度   自家不和合性によるカンキツの無核品種育成法に関する研究 2.はやさき(Citrus grandis Osbeck × C. grandis Osbeck)の自殖後代に分離したホモ系統を用いた受粉試験による自家不和合性品種のS遺伝子型の推定

2002年度   無核性と機能性成分付与に有効な‘かんきつ中間母本農6号’

2002年度   カンキツの葯発育異常個体が出現する細胞質と核の組み合わせについて

2002年度   カンキツ育成品種のグラフィカルマップにおけるゲノム構成

2002年度   自家不和合性による無核品種育成法に関する研究1.清見にE-647を戻し交雑した場合の自家不和合個体の出現

2002年度   カンキツ新品種‘はれひめ’

2001年度   主要研究成果(参考): カンキツ類における「無核紀州」に由来する雌性不稔性の遺伝様式

2001年度   カンキツ果肉中β-クリプトキサンチン量をコントロールする遺伝子座の連鎖地図上の位置

2001年度   カンキツ類におけるカンキツトリステザウイルス免疫性育種素材の開発

2001年度   はれひめ

2001年度   無核紀州に由来する受精胚珠発育異常の遺伝様式

2001年度   奄美・沖縄地方に分布するカンキツ遺伝資源

2001年度   無核カンキツの育種素材としてのE-647の特性

2001年度   カンキツESTに基づくCAPSマーカーによるグラフ連鎖地図の作成

2000年度   ウンシュウミカンに由来する雌性不稔性の遺伝分析

2000年度   Evaluation of auraptene content in citrus fruits and their products

2000年度   果樹品種情報検索システムの開発

2000年度   Evaluation of auraptene content in citrus fruits and their products

2000年度   Inheritance of thornlessness in trifoliate orange [Poncirus trifoliata (L.) Raf.]

2000年度   カンキツの雄性不稔と連鎖するSTSマーカー

2000年度   Seeking random amplified polymorphic DNA (RAPD) markers linking to male sterile genes of citrus

2000年度   果実の3次元形態の定量的評価と遺伝解析への応用

2000年度   キンカン新品種‘ぷちまる’の育成

2000年度   カンキツESTをベースにしたCAPSマーカーによる遺伝子連鎖地図の作成

2000年度   Linkage mapping of ESTs derived from Citrus fruit cDNA

2000年度   カンキツESTをベースにしたCAPSマーカーによる遺伝子連鎖地図の作成

2000年度   命名登録 きんかん農林1号「ぷちまる」

2000年度   ‘無核紀州’の無核性に関する組織学的観察

2000年度   マトリックスメタロプロテアーゼ産生阻害剤(特許)

2000年度   オーラプテン高含有ミカン科植物の作出法(特許)

2000年度   品種登録 かんきつ「かんきつ中間母本農5号」

2000年度   品種登録 かんきつ「朱見」

2000年度   品種登録 かんきつ「はるみ」

2000年度   Variation and inheritance of female reproductive potential in C. unshiu Marc.

2000年度   Linkage analysis between male sterility of citrus and RAPD markers.

2000年度   EST mapping of Citrus

2000年度   Extension of citrus linkage map by CAPS markers

2000年度   カンキツESTのマッピング(その2)

2000年度   カンキツ交雑実生における花粉稔性と葯の発育との関係

2000年度   Improvement of citrus scion cultivars by cross breeding in Japan.

2000年度   カンキツ新品種‘はるみ’

2000年度   カンキツ新品種‘朱見’

2000年度   ベトナム北部に分布するカンキツ,カキ,ビワ遺伝資源の特徴

2000年度   スペインにおけるカンキツ類遺伝資源の調査と収集

2000年度   Quantitative evaluation of the three-dimensional fruit shape and size of Citrus species based on spherical harmonic descriptors.

2000年度   写真で見る世界の果実生産・流通事情「ベトナム北部のカンキツ」

2000年度   ベトナム北部における柑橘類の生産・流通情報

2017年度   糖度が高く、ドリップの少ない晩生カンキツ新品種「あすき」

2017年度   中山間地の精密な気象データをアメダス等から推定する農地環境推定システム

2016年度   防草性に優れた太陽光反射率の高い丈夫な白黒マルチシート

2015年度   簡易土壌水分計の水位低下量はカンキツが受けている乾燥ストレスの指標となる

2014年度   かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」

2014年度   傾斜地カンキツ園における園内道整備のための設計支援システム

2014年度   カンキツ未成園における「マルドリ方式」の有効性と導入条件

2014年度   CAPSマーカーおよびSNPマーカーで構築されるカンキツの標準連鎖地図

2013年度   マルドリ方式等の水源を確保するための太陽光発電を用いた揚水システム

2013年度   eQTL解析により明らかとなったカンキツの新規カロテノイド代謝調節因子候補

2013年度   園地でウンシュウミカン葉の水ポテンシャルを推定する携帯型の測定装置

2012年度   カンキツにおけるダイレクトPCR法

2012年度   「マルドリ方式」を導入するためのカンキツ高品質果実率の改善目標

2012年度   極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」

2011年度   施設共同利用型高品質カンキツ生産方式「団地型マルドリ方式」

2011年度   カンキツ台木の枝内水分通導性を利用した樹冠拡大能力の早期予測法

2010年度   紫外線照射は強い抗菌物質であるスコパロンをカンキツ類に生成させる

2010年度   オーラプテンを高含有するCTV免疫性のカンキツ新品種「オーラスター」

2010年度   カンキツのカロテノイド含有量に関わる遺伝子座のマッピング

2010年度   マルドリ方式によるウンシュウミカン樹の水分ストレス状態の制御と評価方法

2009年度   さわやかな風味の中生カンキツ新品種「はるひ」

2007年度   大果で食味がよい中生のビワ新品種「なつたより」(系統番号:ビワ長崎15号)

2007年度   ビワの果肉および加工品におけるカロテノイド含有量およびその組成

2007年度   DNA分析によるビワ果肉色の判別法の開発

2006年度   無核紀州型無核性と連鎖するDNAマーカー

2004年度   ビワがんしゅ病抵抗性台木として利用可能なビワ品種「シャンパン」

2004年度   大果で早熟なビワ新品種「涼峰」(りょうほう)(系統名:ビワ長崎6号)

2004年度   鉢物と庭木に向く観賞用のカンキツ新品種候補「ミニマートル1号」

2004年度   ビワにおける二倍体親同士の交雑組合わせからの倍数体の選抜法

2003年度   香りと食味が良いミカン新品種「たまみ」(カンキツ興津51号)

2003年度   カンキツトリステザウイルスに対する免疫性の付与に有効なカンキツ中間母本候補「RP−35」及び「RP−94」

2002年度   日本で育成された果樹品種情報の提供

2002年度   カンキツ「清見」は無核品種育成の母本として有用

2002年度   果実類のカロテノイド含有量における品目間差

2001年度   カンキツ類における「無核紀州」に由来する雌性不稔性の遺伝様式

2000年度   早熟で食味が良く食べやすいミカン新品種候補「カンキツ興津 54 号」

2000年度   無核性、良食味性及び機能性成分付与に有効なカンキツ中間母本候補「G-169」

2000年度   がん予防成分を多量に含むカンキツ品種

1999年度   カラタチにおけるとげなし性の遺伝様式

1998年度   種子が少なく食べやすいキンカン新品種「ぷちまる」

1998年度   カンキツのβ(ベータ)-クリプトキサンチン高含有品種

この記事は