大谷一郎

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 大谷一郎
連絡先(電話番号) 産学連携室(084-923-5231)
所在都道府県名 島根県
見える化ID 000492
URL
カテゴリ 栽培技術 飼料設計 肉牛 肥培管理

研究情報

2014年度   暖地型芝草の生育に及ぼす施肥、庇蔭の影響および耐寒性

2013年度   瀬戸内地域のダイズ栽培における播種前の地下水位処理制御による雑草制御の検討

2012年度   農村畦畔における二重ネット工法によるシバ植栽の検討

2012年度   農村畦畔における二重ネット工法によるシバ植栽の検討

2011年度   造成初期のシバの被度拡大に及ぼす目土に含まれる雑草種子の影響

2010年度   造成初期のシバ被度拡大に及ぼす目土に含まれる雑草種子の影響

2010年度   グラウンドカバープランツ類のマット状の苗の生育に及ぼす補助資材として用いた防草シートの影響

2009年度   有機物マルチが畦畔法面のグラウンドカバープランツの生育および雑草発生に及ぼす影響

2008年度   遊休農林地の立地環境に適合したシバ草地造成法

2007年度   在来草種への植生転換と多段テラスによる大規模畦畔法面の省力管理システム

2006年度   畦畔法面への利用を前提としたグラウンドカバープランツの生育および土壌保全機能と植栽斜面方位との関係

2004年度   高解像度画像データを用いた畦畔等の植生バイオマス量の推定

2003年度   酪農地帯の景観に対する地区酪農家および地区外住民の評価

2002年度   シバ(Zoysia japonica Steud.)の初期生育に及ぼす林床リターの影響

2002年度   草地景観の静止画とビデオ画像による呈示の脳波反応の比較

2002年度   草地景観の静止画とビデオ画像による呈示の脳波反応の比較

2001年度   不織布下条件における牧草種子の発芽、定着

2001年度   都市住民による酪農地帯の景観評価

2000年度   中国地方日本海沿岸地帯におけるシバ(Zoysia japonica Steud.)草地化の速度に及ぼす春播種牧草の影響

2000年度   シバ属の最近の話題と研究成果 5.草地造成 6.草地管理・放牧

2017年度   黒毛和種繁殖牛に対する「たちすずか」WCSの飼料特性を活かした飼料設計

2015年度   高糖分WCS用稲を微細断し高密度輸送・サイロ調製する収穫体系

2007年度   在来草種への植生転換と多段テラスによる大規模畦畔法面の省力管理システム

2007年度   シバを植栽した畦畔法面の造成初期における植生の特徴

2004年度   被覆植物の防草シート苗による畦畔法面への省力施工法

2004年度   畦畔管理に適した短稈型チガヤの生育特性

2004年度   被覆植物の防草シート苗による畦畔法面への省力施工法

2004年度   畦畔管理に適した短稈型チガヤの生育特性

2003年度   中山間地における圃場整備後の経過年数による畦畔植生の変化の特徴

2003年度   樹皮マルチの雑草抑制効果を利用した畦畔法面への被覆植物導入技術

2003年度   中山間地における圃場整備後の経過年数による畦畔植生の変化の特徴

2003年度   樹皮マルチの雑草抑制効果を利用した畦畔法面への被覆植物導入技術

2001年度   イネ科牧草の発芽・定着促進への不織布の効果

2000年度   都市住民による酪農地帯の景観評価

2000年度   脳波反応による草地景観評価−動画ビデオの利用

1997年度   ワラビ優占草地および広葉樹林地へのシバ導入法

1997年度   和牛繁殖経営におけるシバ型草地を活用した放牧導入の経済性評価

1997年度   ワラビ優占草地および広葉樹林地へのシバ導入法

1997年度   和牛繁殖経営におけるシバ型草地を活用した放牧導入の経済性評価

1996年度   排水処理した耕作放棄水田へのシバ導入法

1996年度   親子分離放牧における柵越し哺乳施設の入口遮断による授乳期発情牛の捕獲

1996年度   柵越し哺乳施設の一時的な入口遮断による放牧地での授乳期発情牛の捕獲法

1996年度   排水処理して乾田化された耕作放棄棚田へのシバ導入法

1995年度   乳肉複合経営における和牛の胚移植技術導入の経済性評価

1995年度   近畿中国地域におけるシバ等野草地の畜産的利用の実態

1994年度   有機物を施用した湛水土壌中における二価鉄生成とソルガムの生育

2013-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   画期的WCS用稲「たちすずか」の特性を活かした微細断収穫調整・給与体系の開発実証

この記事は