安部順一朗

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 安部順一朗
連絡先(電話番号) 産学連携室(084-923-5231)
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000476
URL
カテゴリ 病害虫防除 その他の野菜

研究情報

2014年度   A food-supply device for maintaining Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth Plutella xylostella, in greenhouses

2012年度   Development and characterization of 21 polymorphic microsatellite loci in the aphidophagous gall midge, Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae)

2012年度   Occurrence of two acarivorous species of the genus Feltiella (Diptera: Cecidomyiidae) in Okinawa, southern Japan, and redescription of F. acarivora (Zehntner).

2012年度   Computational Fluid Dynamics Simulation of Herbivore-Induced Plant Volatiles around Greenhouses

2011年度   Analytical model to predict the number of parasitoids that should be released to control diamondback moth larvae in greenhouses

2011年度   Application of synthetic herbivore-induced plant volatiles causes increased parasitism of herbivores in the field

2011年度   Development and implementation of an environmentally conscious system for producing cruciferous vegetables by small farms in a hilly and mountainous area of western Japan

2011年度   Morphological features, distribution, prey mites, and life history traits of Feltiella acarisuga (Vallot), (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan

2011年度   ソルガムあるいはオオムギで飼育した4種アブラムシの発育・増殖特性の比較とバンカー法での利用可能性の検討

2011年度   万願寺とうがらしの夏秋施設栽培におけるアブラムシ類防除のためのショクガタマバエを利用したバンカー法の実証試験

2010年度   Descriptions of two new endoparasitic cecidomyiids (Diptera: Cecidomyiidae) from Japan

2010年度   Morphological features, distribution, prey mites, and life history traits of Feltiella acarisuga (Vallot), (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan

2010年度   Analytical model to predict the number of parasitoids that should be released to control diamondback moth larvae in greenhouses

2010年度   日本の促成栽培施設におけるアブラムシ対策としてのバンカー法の実用化

2009年度   沖縄の害虫ハダニとその天敵の種構成の特性

2007年度   ワタアブラムシを使ったショクガタマバエ(双翅目:タマバエ科)の簡易飼育法

2007年度   雨よけハウスを利用したコマツナ無農薬周年栽培を安定化させる技術体系の導入効果と課題

2006年度   太陽熱利用土壌消毒とネットトンネルおよびBT剤を組み合わせたアブラナ科野菜の環境保全型露地栽培体系

2006年度   ハウス栽培のコマツナを加害する低密度のコナガに対するコナガサムライコマユバチの必要放飼比率

2006年度   天敵行動制御物質を用いた害虫管理

2005年度   中山間水田における害虫総合防除等による高品位野菜生産システム

2003年度   中山間地域における減・無農薬野菜生産の現状と課題

2018年度   ナスの促成・半促成栽培における飛ばないナミテントウの定着を促進する代替餌システム

2018年度   化学合成殺虫剤を半減する新たなトマト地上部病害虫防除体系マニュアル

2017年度   タバコカスミカメのアザミウマ類に対する防除効果はバンカー植物で増強できる

2017年度   キレックス法による寄生蜂からの非破壊DNA抽出法

2017年度   天敵温存植物スカエボラが飛ばないナミテントウ成虫の定着促進に及ぼす効果

2016年度   ブラインシュリンプ卵は天敵タイリクヒメハナカメムシの代替餌として利用できる

2015年度   PCR法を用いた捕食性天敵の捕食歴の解析手法

2015年度   バンカー植物を用いた捕食性天敵タバコカスミカメ利用技術マニュアル

2010年度   万願寺とうがらしの施設夏秋栽培でのアブラムシ防除におけるバンカー法の有効性

2010年度   アブラムシ防除のためのバンカー植物としてソルガムを用いる場合に適する代替餌

2007年度   ショクガタマバエの飼育法の開発

2005年度   中山間水田における害虫総合防除等による高品位野菜生産システム

2005年度   コマツナ無農薬ハウス栽培体系の導入による経営改善効果

2005年度   給餌条件でコナガの増殖抑制に必要なコナガサムライコマユバチの放飼比率

2004年度   無農薬栽培コマツナの害虫に対する防草用シートと天敵バンカー法の効果

2004年度   無農薬栽培コマツナの害虫に対する防草用シートと天敵バンカー法の効果

2004年度   中山間地圃場周辺のリザーバー植物上におけるコナガの土着天敵の活動時期

2004年度   無農薬栽培コマツナの害虫に対する防草用シートと天敵バンカー法の効果

2004年度   中山間地圃場周辺のリザーバー植物上におけるコナガの土着天敵の活動時期

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   “土着"天敵とは何か? 遺伝子交流からのアプローチ

この記事は