川口 章

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き 研究員
氏名 川口 章
連絡先(電話番号) 産学連携室(084-923-5231)
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000474
URL
カテゴリ 栽培技術 施設栽培 水稲 トマト 病害虫防除 ぶどう もも

研究情報

2019年度   高冷地におけるブロッコリー根こぶ病の簡易な発病危険度予測法開発の試み

2015年度   夏秋雨除けトマト栽培における農業用資材へのすすかび病菌分生子の付着と越冬状況

2015年度   夏秋雨除けトマト栽培ハウスにおける農業用資材の消毒によるすすかび病の抑制

2014年度   Reduction of pathogen populations at grapevine wound sites is associated with the mechanism of biological control of crown gall by Rhizobium vitis strain ARK-1

2014年度   Genetic diversity of Xanthomonas arboricola pv. pruni strains in Japan revealed by DNA fingerprinting.

2014年度   The risk factors of bacterial spot on peach in Okayama Prefecture, Japan.

2014年度   Reduction of pathogen populations at grapevine wound sites is associated with the mechanism of biological control of crown gall by Agrobacterium vitis strain ARK-1.

2014年度   非病原性Rhizobium vitis ARK-1株はブドウ根頭がんしゅ病菌のvir領域の発現と菌数の増加を抑制する

2014年度   土壌病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発

2014年度   圃場試験データの評価におけるメタアナリシスの活用

2014年度   夏秋雨除け栽培トマトのすすかび病が発病に至る環境要因と発病株の空間分布解析

2014年度   非病原性細菌を用いた適用病害の多い微生物農薬開発の試み モモせん孔細菌病の防除

2014年度   EBCのための統計解析―病害防除研究における「反復」の意味

2014年度   モモせん孔細菌病のコホート内症例対照研究とロジスティック回帰による疫学研究

2014年度   ブドウ根頭がんしゅ病に対する生物防除

2014年度   実用化に向けた生物防除研究の今後

2013年度   Biological control of crown gall on grapevine and root colonization by nonpathogenic Rhizobium vitis strain ARK-1

2013年度   拮抗微生物を用いた生物防除(Agrobacterium属細菌)

2013年度   Biological control of crown gall on grape and root colonization by nonpathogenic Agrobacterium (Rhizobium) vitis strain ARK-1 

2013年度   メタアナリシスを用いたブドウ根頭がんしゅ病の生物防除試験の評価

2013年度   モモせん孔細菌病の発病程度に関するコホート内症例対照研究

2013年度   モモせん孔細菌病の発病程度に影響を与える要因のロジスティック回帰

2013年度   ブドウ根頭がんしゅ病の新しい生物防除技術の開発

2013年度   トマトかいよう病の疫学的解析による伝染源の解明とその根拠に基づいた防除

2013年度   病害防除の科学的根拠を創出するデータマイニング

2013年度   岡山県におけるモモせん孔細菌病菌の優先種と遺伝的多様性について

2013年度   ブドウ根頭がんしゅ病の拮抗細菌及び生物的防除法 

2013年度   Biological control of grapevine crown gall by nonpathogenicAgrobacterium (Rhizobium) vitis strain ARK-1

2013年度   Biological control of bacterial spot on peach by nonpathogenic Xanthomonas campestris strains AZ98101 and AZ98106

2012年度   岡山県におけるモモせん孔細菌病菌の優先種と遺伝的多様性について

2012年度   PCR_RFLP identifiesdifferences in hrpZ sequences to distinguish two genetic groups of Pseudomonas syringae pv. syringae strains from barley and wheat with bacterial black nod

2012年度   Biological control for grapevine crown gall

2012年度   岡山県におけるモモせん孔細菌病菌の優占種と遺伝的多様性について

2012年度   非病原性Rhizobium vitis VAR03-1株のブドウ根内部における定着性について

2012年度   ブドウ根頭がんしゅ病の拮抗細菌及び生物的防除に関する研究

2012年度   土壌細菌ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発

2012年度   雨除け栽培で発生するトマトかいよう病に対する総合防除対策

2012年度   EBC(Evidence-based Control)の概念とその実践- On-farm researchにおけるその重要性-

2012年度   On-farm researchの意義とその重要性

2011年度   非病原性キサントモナス属細菌菌株及び該菌株を用いた植物病害防除剤

2011年度   Genetic diversity of Rhizobium vitis strains in Japan based on multilocus sequence analysis using the sequences of pyrG, recA and rpoD 

2011年度   水温が根頭がんしゅ病菌の生存に及ぼす影響  

2011年度   我が国で分離されたRhizobium vitisの必須遺伝子群を用いたマルチローカス・シークエンス解析

2011年度   EBC研究会が目指す病害防除研究とは

2010年度   我が国に分布するRhizobium (= Agrobacterium) vitisの遺伝子型について 

2010年度   雨除け栽培で発生するトマトかいよう病の疫学的解析による伝染源の解明―分子タイピングと空間分布解析の応用― 

2010年度   雨除け栽培で発生するトマトかいよう病の疫学的解析による伝染源の解明 

2010年度   雨除け栽培で発生するトマト葉かび病の発病株の空間分布解析 

2009年度   ブドウ根頭がんしゅ病の診断と生物的防除および病原細菌の系統解析に関する研究

2009年度   ブドウ根頭がんしゅ病の診断と生物的防除および病原細菌の系統解析に関する研究 

2009年度   ブドウ根頭がんしゅ病の系統と生物防除に関する研究 

2009年度   岡山県で発生したRhizobium radiobacter (Ti) によるブドウ根頭がんしゅ病 

2009年度   トマト褐色輪紋病菌(ベンゾイミダゾール剤,ジエトフェンカルブ剤) 

2008年度   我が国におけるブドウ根頭がんしゅ病菌の遺伝型とその分布

2008年度   非病原性Agrobacterium vitis によるブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除

2008年度   トウガンの新病害「褐色あざ病」

2007年度   トウガン褐色あざ病の化学的,物理的防除法

2007年度   ブドウ根頭がんしゅ病の遺伝子診断と生物的防除

2007年度   ブドウ根頭がんしゅ病の遺伝子診断と生物的防除の試み

2006年度   rep-PCRおよび必須遺伝子の配列を用いたAgrobacterium vitisの分子系統解析

2006年度   ブドウ根頭がんしゅ病に対する非病原性 Agrobacterium vitis VAR03-1株の根部浸漬接種による抑制効果

2006年度   rep-PCR および必須遺伝子の配列を用いたAgrobacterium vitis の分子系統解析

2005年度   Agrobacterium radiobacter biovar 3 VARO3-1株によるブドウ根頭がんしゅ病の抑制効果

2005年度   マルチプレックスPCRによるブドウ根頭がんしゅ病菌の罹病ブドウ樹からの迅速検出

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ブドウ根頭がんしゅ病新規拮抗細菌の環境中の動態と防除機構の解明

2011-2011年   [独立行政法人科学技術振興機構 産学連携・技術移転事業]   新規拮抗細菌を用いたブドウ根頭がんしゅ病防除剤の開発

この記事は