月星隆雄

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き 領域長
氏名 月星隆雄
連絡先(電話番号) 産学連携室(084-923-5385)
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000468
URL http://researchmap.jp/read0201842
カテゴリ 病害虫防除 その他の花き・花木・観葉植物

研究情報

2014年度   Changes in the Concentration of Fumonisins in Forage Rice during the Growing Period, Differences among Cultivars and Sites, and Identification of the Causal Fungus

2014年度   Natural occurrence of mycotoxins in forage maize during crop growth in Japan: case study

2013年度   A single nucleotide polymorphism in the translation elongation 1 factor 1α gene correlates with the ability to produce fumonisin in Japanese Fusarium fujikuroi

2013年度   First Report of Pythium Root and Stalk Rot of Forage Corn Caused by Pythium arrhenomanes in Japan

2013年度   農業環境技術研究所が所蔵する微生物さく葉標本目録のWeb公開

2013年度   Changes in the concentrations of fumonisin, deoxynivalenol and zearalenone in corn silage during ensilage

2012年度   Identification of mycotoxin-producing Fusarium spp. isolated from corn and the changes in concentration of fumonisin during the cultivation period

2012年度   OCCURRENCE OF RICE INFECTION BY Bipolaris sorokiniana IN IRAN

2012年度   A new species of Bipolaris from Iran

2012年度   New species of Bipolaris and Curvularia on grass species in Iran

2012年度   Sclerotium rolfsii によるセリ白絹病(新称)の発生

2012年度   雑草を宿主とする病原菌とその情報データベース化

2012年度   Sclerotium rolfsii Saccardoによるセリ白絹病(新称)の発生

2012年度   Changes of fumonisin production in rice grain during ensiling.

2012年度   Changes of fumonisin production in rice grain during ensiling

2012年度   Changes in the concentrations of fumonisin, deoxynivalenol, and zearalenone in corn silage during ensilage

2011年度   Inconsistency in resistant reactions of forage maize (Zea mays L.) hybrids to fumonisin contamination under artificial inoculation and natural infection

2011年度   Culturable bacterial communities on leaf sheaths and panicles of rice plants in Japan

2011年度   New PCR maker to distinguish perennial ryegrass (Lolium perenne L.) from other Festuca-Lolium species found by comparison of chloroplast genomes and endophyte infection.

2011年度   Exserohilum neoregeliae sp. nov., a new pathogen of Neoregelia carolinae

2011年度   First Report of Guinea Grass Smut Caused by Conidiosporomyces ayresii in Japan

2011年度   phythium属菌によるトウモロコシの根腐病;品種・系統、感染時期および病原菌種による発生程度の違い

2011年度   Inconsistency in resistant reactions of forage maize (Zea mays L.) hybrids to fumonisin contamination under artificial inoculation and natural infection

2010年度   Pythium graminicolaに感染したトウモロコシで観察された2タイプの病徴について

2010年度   Leaf Spot of Farfugium japonicum caused by Alternaria cinerariae Intercepted at plant quarantine in Japan

2010年度   First report of Pestalotiopsis microspora causing leaf spot of Hidcote (Hypericum patulum) in Japan

2010年度   飼料用トウモロコシの登熟過程におけるフザリウム菌毒素の一種、フモニシンの蓄積量の経時変化

2009年度   チョウセンニンジンに発生した茎腐症の原因

2009年度   Botrytis cinereaによるプンタレッラ灰色かび病(仮称)の発生

2009年度   First report of Botrytis cinerea causing leaf spots of Aquilegia vulgaris in Japan

2009年度   Colletotrichum echinochloae, a new species on Japanese barnyard millet (Echinochloa utilis)

2009年度   First Report of Alternaria panax Causing Leaf Spot of Aralia cordata in Japan.

2009年度   Botrytis cinereaによるチコリー灰色かび病(新称)の発生

2008年度   Curvularia lunata によるサトウキビ斑点賞(新称)

2008年度   Curvularia lunataによるサトウキビ斑点病

2008年度   花き類生け水中の緑膿菌等の発生消長と品質保持剤による菌数抑制

2008年度   花き病害図鑑の作成とウェブサイトでの公開

2007年度   Root and stem rot of chrysanthemum caused by five Pythium species in Japan

2007年度   サイレージ用トウモロコシF1における赤かび病発生の品種間差異と年次変動

2007年度   130年間収集された農業環境技術研究所所蔵微生物標本のデータベース作成

2005年度   飼料イネ栽培における稲こうじ病発生の品種間差

2005年度   ベゴニアおよびオステオスペルマに発生した菌核病(新称)

2005年度   キクの新病害「ピシウム立枯病」の発生と病原菌の温度反応特性

2005年度   Colletotrichum destructivumとC. fuscumとの分類形質の比較

2004年度   ノシバおよびバミュ-ダグラスに発生した新病害、「褐条葉枯病」

2004年度   ヒエおよびメヒシバから分離されたColletotrichum属菌の形態及び分子分類

2004年度   北海道でのイネ科植物寄生性Bipolaris, Drechslera, Exserohilum属菌の収集

2004年度   圃場に栽培したトマト葉における細菌群集構造の解析とこれら細菌のα-トマチンに対する感受性

2003年度   Pseudomonas syringae pv. coronafaciensによるライムギかさ枯病の発生

2003年度   Pseudomonas syringae pv. coronafaciensによるライムギかさ枯病の発生

2003年度   山形県におけるスイカ炭腐病(仮称)の初発生

2002年度   Mycetophagy in Filenchus misellus (Andrassy, 1958) Lownsbery & Lownsbery, 1985 (Nematoda: Tylenchidae), with notes on its morphology.

2002年度   Morphological and molecular characterization of colletotrichum boninense sp. Nov. from Japan.

2002年度   Grouping of Colletotrichum spp. Sequences, in Japan, on rDNA

2002年度   Shoot blight and leaf spot of blueberry anthracnose by Colletotrichum acutatum

2002年度   マイクロサテライトマーカーを用いたPCRによるNeotyphodiumエンドファイトの検出と識別

2001年度   8.植物炭疽病菌のPCR-RFLP法による識別と分子系統学上の位置

2001年度   日本野生植物寄生・共生菌類目録

2001年度   Claviceps sorghicola and C. africana, the ergot pathogens of sorghum, and their cultural control in Japan

2001年度   6種植物より分離された新種の炭疽病菌

2000年度   Cochliobolus属菌が保有する環状ペプチド合成遺伝子

2000年度   沖縄県の草地・芝地で発生した2種の新病害

2000年度   Comparison of detection of Neotyphodium endophytes from examining seeds and plants of tall fescue (Festuca arundinacea) and perennial ryegrass (Lolium perenne) turf type cultivars

2000年度   シバ類葉腐病(Rhizoctonia solani)の菌系の類別とその病原性

2000年度   Claviceps sorghicola and Sphacelia sorghi, the Ergot Pathogens of Sorghum, and their Cultural Control in Japan

2000年度   ネオティフォディウム・エンドファイトに感染したペレニアルライグラスの各種病原菌に対する抵抗性

2000年度   18種の暖地型イネ科植物に寄生するEphelis japonica(ミイラ穂病菌)とそのエピファイトとしての特性

2000年度   トールフェスク及びペレニアルライグラス組織内のNeptyphodiumエンドファイト菌糸の免疫電子顕微鏡法による検出

2000年度   暖地型イネ科牧野草に発生したミイラ穂病とそのエンドファイトとしての特性

2000年度   Occurrence of an Ephelis Fungus on Ishigaki Island and Obsevations on its Epiphytic Association with Host Grasses

2000年度   Improvement in specificity of anti-endophyte antiserum with partial purification of antigen

2000年度   ライグラスおよびフェスクの種間・種内交配後代でのNeotyphodiumエンドファイトの種子伝染率の差異

2000年度   Stability of Neotyphodium-endophyte associations in populations from inter/intraspecific crossings of Lolium and Festuca species

2000年度   微量植物試料からのエライザ法を用いたエンドファイト検出法

2000年度   エンドファイトに感染したペレニアルライグラスの耐病性の向上

2000年度   イネ科植物からのネオティフォディウム・エンドファイト探索

2000年度   Ephelis japonica, an epiphytic symbiont of warm season grasses, confers insect resistance and cold tolerance to infected plants

2000年度   Quick detection of Ascochyta lentis from lentil seeds using polymerase chain reaction (PCR) based techniques

2000年度   トウモロコシおよびソルガムすす紋病菌(Exserohilum turcicum)の宿主範囲および病原性について

2000年度   エンドファイトとエピファイト~植物共生性の新しい微生物資源とその利用

2000年度   シバ葉腐病菌(Rhizoctonia solani)の菌系の類別とその病原性

2000年度   トウモロコシ青かび病,赤かび病,糸黒穂病,ソルガム炭疽病,ひょう紋病

2000年度   Ephelis sp.に感染した暖地型イネ科牧野草の害虫に対する摂食阻害作用

2000年度   rDNA ITS領域のPCR-RFLPによる炭疽病菌の類別

2000年度   A New Colletotrichum species separated from C. gloeosporioides group in Japan

2000年度   The effect of an epiphytic fungus, Ephelis japonica on the feeding of Mythimna (Pseudaletia) separata (Lepidoptera:Noctidae) and Aiolopus thalassinus (Orthoptera: Acrididae)

2000年度   Ephelis japonica, an epiphytic symbiont of warm season grasses, confers insect resistance and cold tolerance to infected plant

2000年度   トウモロコシおよびソルガムすす紋病菌(Exserohilum turcicum)の宿主範囲および病原性について

2000年度   Cochliobolus属菌が保有する環状ペプチド合成酵素遺伝子

2000年度   新病原菌Sphacelia sorghiによるソルガム麦角病

2000年度   インターネットWWWによる画像データベース「飼料作物病害図鑑」

2000年度   Pseudomonas syringae pv. coronafaciensによるライムギかさ枯病(新称)の発生

2000年度   Glomerella cingulataおよびColletotrichum dematiumによるソバ炭疽病(新称)

2000年度   新病原菌Sphacelia sorghiによるソルガム麦角病

2000年度   宿主と産地の異なるEphelis属菌の核内リボソームDNA ITS領域の変異

2000年度   Claviceps sorghicola sp. nov., a Destructive Ergot Pathogen of Sorghum in Japan

2000年度   ノシバの褐条葉枯病(改称)を起こすCochliobolus stenospilus

2000年度   インターネットWWWによる画像データベース「飼料作物病害図鑑」

2000年度   Nectria haematococca complexによるガーベラ株枯病(新称)の発生

2000年度   植物病原菌類の学名変更

2000年度   Ephelis sp. に感染した暖地型イネ科牧野草の害虫に対する摂食阻害作用

2000年度   暖地型イネ科牧野草に発生したミイラ穂病(新称)とそのエンドファイトとしての特性

2000年度   シバ類葉腐病菌(Rhizoctonia solani)の菌系の類別とその病原性

2000年度   トウモロコシ青かび病,赤かび病,ソルガム病害

2000年度   牧草・飼料作物における病害の生物的防除

2000年度   糸状菌の一種に感染した暖地型イネ科牧野草の害虫に対する摂食阻害作用

2000年度   ネオティフォディウム・エンドファイトに感染したペレニアルライグラスの各種病原菌に対する抵抗性

2000年度   ライグラスおよびフェスクの種間・種内交配後代でのNeotyphodiumエンドファイトの種子伝染率の差異

2013年度   飼料用トウモロコシF1における根腐病抵抗性の圃場検定

2012年度   トウモロコシのフモニシンは黄熟期を過ぎると雌穂で急増する

2012年度   飼料用米サイレージの調製貯蔵中にフモニシンは増加しない

2010年度   飼料作物病害標本データベースの作成と飼料作物病害図鑑による公開

2009年度   イタリアンライグラスのエンドファイトは切り穂交配でも種子親から後代に伝染する

2009年度   ライグラスいもち病の発病温度特性と薬剤種子粉衣による防除

2008年度   花き病害図鑑の作成とウェブサイトでの公開

2007年度   キクわい化ウイロイドの感染状況と全塩基配列の比較による変異体の確認

2007年度   茎頂分裂組織を用いたネオティフォディウム・エンドファイトの観察・検出法

2007年度   ライグラスピシウム病など寒地型牧草に新たに発生した病害2種

2006年度   イタリアンライグラスのエンドファイト、Neotyphodium occultansを特異的に検出できるPCRプライマー

2006年度   バミューダグラスなど暖地型牧草・芝草の新病害およびその病原同定

2005年度   キクの新病害「ピシウム立枯病」の発生と病原菌の温度反応特性

2005年度   130年にわたって採集された微生物さく葉標本の目録の作成と公開

2005年度   植物生息細菌の定性・定量的解析とデータベースの構築

2004年度   ノシバおよびバミュ−ダグラスに発生した新病害、「褐条葉枯病」(新称)

2003年度   分散型データベースによる「微生物インベントリー」の構築とWeb上での公開

2002年度   日本野生植物寄生・共生菌類目録の作成とWeb上での公開

2001年度   健全イネでの常在が明らかになった Pseudomonas huttiensis再分類

2001年度   トウモロコシ北方斑点病菌レース間交配後代集団を用いた連鎖地図の作製

2001年度   酸性フクシン染色を用いたエンドファイトの光学顕微鏡による検出法

2000年度   トウモロコシ及びソルガムのすす紋病菌は菌株間で寄生性が異なる

2000年度   ペレニアルライグラス由来のエンドファイトはフェストロリウムにも種子伝染する

1999年度   微量植物試料からのエライザ法を用いたエンドファイト検出法

1999年度   イネ科植物からのネオティフォディウム・エンドファイト探索

1999年度   エンドファイト感染したペレニアルライグラスの耐病性の向上

1998年度   暖地型イネ科牧野草に発生したミイラ穂病とそのエンドファイトとしての特性

1998年度   シバ類葉腐病菌( Rhizoctonia solani )の菌系の類別とその病原性

1998年度   エンドファイトに感染した暖地型イネ科牧野草の害虫に対する摂食阻害作用

1997年度   ライグラスの新病害うどんこ病

1996年度   インターネットWWWによる飼料作物病害図鑑

この記事は