橘 雅明

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 橘 雅明
連絡先(電話番号) 産学連携室広報チーム(084-923-5385)
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000463
URL http://researchmap.jp/2828-
カテゴリ 雑草 水稲 大豆

研究情報

2014年度   シバ在来品種(朝駆)の導入が農村畦畔の群落高の推移および発生種に及ぼす影響

2014年度   シバ在来品種「朝駆」の導入が農村畦畔の群落高の推移および発生種に及ぼす影響

2014年度   寒冷地における地上部形態を異にする水稲品種間でのタイヌビエ必要除草期間の差異

2014年度   北東北地域の飼料イネ湛水直播栽培における栽培管理と各種要因がタイヌビエ の収穫期残存量に及ぼす影響

2014年度   シバ在来品種「朝駆」の導入が農村畦畔の群落高の推移および発生種に及ぼす影響

2013年度   農村畦畔の法面における二重ネット工法によるシバ在来品種「朝駆」植栽の検討

2013年度   北東北地域の飼料イネ栽培におけるタイヌビエの許容残存量

2013年度   北東北地域の飼料イネ栽培における深水と除草剤による雑草防除の検討

2013年度   瀬戸内地域のダイズ栽培における播種前の地下水位処理制御による雑草制御の検討

2013年度   農村畦畔の法面における二重ネット工法によるシバ在来品種「朝駆」植栽の検討

2010年度   東北地方における帰化雑草ハルザキヤマガラシおよびカミツレ類の生態と防除

2009年度   新規需要米向け水稲品種の4-HPPD阻害型除草剤に対する感受性

2008年度   北東北地域のコムギ作における帰化雑草ハルザキヤマガラシ(Barbarea vulgaris R.Br.),カミツレモドキ(Anthemis cotula L.),イヌカミツレ(Matricaria inodora L.)の出芽時期と防除体系

2008年度   ダイズ・コムギ立毛間播種栽培における帰化雑草ハルザキヤマガラシ,カミツレモドキ,イヌカミツレの出芽特性とその防除

2008年度   タイヌビエの混入が泌乳牛における稲発酵粗飼料の嗜好性に及ぼす影響

2007年度   ダイズ品種「タチユタカ」のベンタゾンによる薬害は有機リン系殺虫剤MEPの近接散布で強まる

2005年度   東北地域におけるダイズ品種のベンタゾンに対する反応

2005年度   有色米品種における交雑粒の玄米色および漏生種子の発芽

2002年度   東北地域における帰化雑草ハルザキヤマガラシ(Barbarea vulgaris R.Br.)の分布

2002年度   草型の異なる水稲品種群落内におけるタイヌビエの出芽時期と種子生産量

2001年度   積雪寒冷地水田におけるタイヌビエ種子休眠性の季節的変化

2001年度   播種様式の異なる直播水稲の初期生育と除草剤に対する反応

2001年度   東北地域の水田における植物病原性微生物Drechslera monocerasの処理時期とタイヌビエ(Echinochloa oryzicola Vasing)に対する除草効果

2001年度   空間占有体積による水稲品種のタイヌビエ抑草力評価法 第1報 空間占有体積測定法

2001年度   空間占有体積による水稲品種のタイヌビエ抑草力評価法 第2報 評価試験の設定及び適用条件

2001年度   主要研究成果(参考): 帰化雑草ハルザキヤマガラシの東北水田地帯における分布と拡散経路

2001年度   主要研究成果(参考): 東北地域における帰化雑草ハルザキヤマガラシの繁殖特性

2000年度   土壌水分と埋土深がハルザキヤマガラシ根断片の萌芽に及ぼす影響

2000年度   寒冷地の積雪下水田におけるノビエ種子の生存状態

2000年度   Emergence of Echinochloa oryzicola Vasing and control in direct seeded rice under flooded condition in Tohoku district, cool temperate region of Japan

2000年度   積雪寒冷地の水田土壌中におけるタイヌビエ種子の休眠性と代かき後の発生数

2000年度   タイヌビエ生育量を抑制する水稲草型形質の時期別解析

2000年度   草型の異なる水稲6品種とタイヌビエとの競合関係にみられる年次間差異

2000年度   Status of direct seeding rice culture and weed problems in Tohoku district, cool temperate region of Japan

2000年度   Emergence of Echinochloa oryzicola Vasing and control in direct seeded rice under flooded condition in Tohoku district, cool temperate region, Japan

2000年度   噴頭回転式広幅散布機を利用した雑草防除技術の開発

2000年度   畦畔雑草管理の省力化

2000年度   Occurrence of sulfonylurea resistance in several rice weeds of Japan and its rapid diagnosis

2000年度   東北地方におけるスルホニルウレア除草剤抵抗性アゼナ類2種1変種の出現と各種除草剤に対する反応

2000年度   An evaluation of competitive ability of rice cultivars against Echinochloa oryzicola Vasing. in Japan

2017年度   フルチアセットメチル乳剤による大豆品種の初期薬害

2015年度   難防除雑草マルバルコウ防除のための大豆品種「あきまろ」狭畦晩播栽培体系

2014年度   二重ネット工法を用いた畦畔法面におけるシバ(Zoysia japonica)の植栽技術

2010年度   ダイズの連続欠株はシロザとホソアオゲイトウの大型化の原因となる

2009年度   東北地域での稲発酵粗飼料向け品種の湛水直播栽培における出穂予想マップ

2009年度   新規需要米向け水稲品種の4-HPPD阻害型除草剤に対する感受性

2008年度   ナタネを含む寒冷地水田輪作体系におけるナタネの耕種的雑草化防止策

2008年度   タイヌビエの抑草を目的とした飼料用稲湛水直播栽培の播種方式と目標苗立ち数

2008年度   硫安を用いた飼料イネ栽培向けの簡易な流入施肥方法

2007年度   手持ちの機械を活用した予乾体系によるミニロール稲発酵粗飼料の生産コスト

2007年度   稲わら粉末添加による水田土壌中の二価鉄増加と、イネ及びイネ科雑草の出芽抑制

2005年度   積雪寒冷地における主要水田多年生雑草の発生継続年数

2004年度   ベンタゾン液剤による東北地域ダイズ主要品種の初期薬害と収量への影響

2004年度   ベンタゾン液剤による東北地域ダイズ主要品種の初期薬害と収量への影響

2002年度   水稲直播栽培での播種後落水管理後の減水深と除草剤のヒエ防除効果

2002年度   積雪寒冷地水田におけるタイヌビエの土中種子数予測モデル

2001年度   寒冷地におけるヒエ病原菌Drechslera monoceras製剤の除草効果と他の管理法との組合せ効果

2001年度   帰化雑草ハルザキヤマガラシの東北水田地帯における分布と拡散経路

2001年度   東北地域における帰化雑草ハルザキヤマガラシの繁殖特性

2000年度   水稲品種のタイヌビエ抑草力は空間占有体積によって評価ができる

1996年度   東北地域で注意を要する草地飼料畑の強害雑草

この記事は