船附秀行

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き 研究領域長
氏名 船附秀行
連絡先(電話番号) 産学連携室(084-923-5231)
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000453
URL http://researchmap.jp/read0006044/
カテゴリ そば 大豆 品種

研究情報

2014年度   Molecular basis of a shattering resistance boosting global dissemination of soybean.

2014年度   Quantitative trait loci associated with lodging resistance in soybean cultivar 'Toyoharuka'

2013年度   高温年に発生する「トヨムスメ」特有の裂皮に関するQTL

2012年度   DNAマーカーを利用した連続戻し交雑による難裂莢性および早晩性改変大豆系統の育成

2011年度   ダイズの分枝数を制御するQTL群の効果の確認

2011年度   ダイズ品種「トヨハルカ」に由来する耐倒伏性QTLの収量への影響

2011年度   QTL解析に基づくダイズの種子形態、粒重および生育期間の関連の検討

2011年度   Development and application of a whole-genome simple sequence repeat panel for high-throughput genotyping in soybean.

2011年度   Identification of QTL controlling post-flowering period in soybean

2010年度   Mapping and comparison of quantitative trait loci for soybean branching phenotype in two locations.

2010年度   Variation of GmIRCHS (Glycine max inverted-repeat CHS pseudogene) is related to tolerance of low temperature-induced seed coat discoloration in yellow soybean

2010年度   開花後登熟まで期間が短いダイズ在来系統「一本三合」の生育期間関連QTL

2009年度   A novel major quantitative trait locus controlling seed development at low temperature in soybean (Glycine max).

2009年度   難裂莢性を戻し交雑により主要大豆品種に導入した育種素材となる系統群

2009年度   A major soybean QTL, qPDH1, controls pod dehiscence without marked morphological change.

2009年度   Molecular mechanism of seed coat discoloration induced by low temperature in yellow soybean.

2009年度   SSRマーカーに基づくダイズ統合連鎖地図

2009年度   ダイズI遺伝子座近傍のゲノム構造変異と耐冷性QTL

2009年度   High-density integrated linkage map based on SSR markers in soybean

2009年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2009年度   A major soybean QTL, qPDH1, controls pod dehiscence without marked morphological change

2009年度   A major QTL, qPDH1, is commonly involved in shattering resistance of soybean cultivars.

2009年度   Fine mapping and development of DNA markers for the qPDH1 locus associated with pod dehiscence in soybean

2008年度   ダイズ分枝数を支配する遺伝要因の探索

2008年度   ダイズにおける新規耐冷性QTLの同定

2008年度   ダイズにおける低温着色粒発生の分子メカニズムの解明

2008年度   連鎖群A2に同定された新規ダイズ耐冷性QTLの効果

2008年度   ダイズ品種「トヨハルカ」の耐倒伏性に関するQTL解析

2007年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2006年度   キタノマシュウ

2006年度   Simple sequence repeat markers linked to a major QTL controlling pod shattering in soybean

2005年度   倒れにくく、美味しいそば新品種候補「北海6号」

2005年度   Mapping of QTL associated with chilling tolerance during reproductive growth in soybean

2004年度   Methods for evaluation of soybean chilling tolerance at the reproductive stage under artificial climatic condition

2002年度   作物の耐冷性をAPX

2002年度   ソバアレルゲン(BW24KD)に対する抗体を用いたダッタンソバ葉タンパク質の免疫学的解析

2002年度   イネ葯に蓄積するタンパク質のレクチンブロット法による発現解析

2002年度   耐冷性の異なるイネ準同質遺伝子系統の穂ばらみ期における遺伝子発現モニタリング

2002年度   イネミュータントパネルにおける穂ばらみ期低温耐性に関する突然変異系統の Tos17 近傍配列の解析

2002年度   穂ばらみ期及び出穂期イネ葯に時期特異的に蓄積するタンパク質の発現解析

2002年度   イネの低分子ヒートショックタンパク質の蓄積と温度ストレス耐性との関係

2002年度   ダイズの耐冷性と関連する細胞質型APX多型の分子遺伝的解析

2001年度   高温誘導性APXを過剰発現させたイネ幼苗の低温枯死耐性

2001年度   主要研究成果(参考): ダイズ耐冷性と関連するAPXアイソザイムの多型

2001年度   培養変異によるイネミュータントパネルにおける穂ばらみ期の低温耐性に関する突然変異の探索

2001年度   耐冷性の異なるダイズ品種間における活性酸素消去系酵素活性の比較

2001年度   ダイズ品種間にみられるAPXアイソザイムの多型と耐冷性の関連

2000年度   Heat shock-mediated APX gene expression and protection against chilling injury in rice seedlings

2000年度   イネ幼苗における低分子ヒートショックタンパク質と低温耐性との関係

2000年度   Evaluation of cold tolerance in transgenic rice plants with AFP(anti-freeze protein)-like genes.

2000年度   イネ穂ばらみ期耐冷性の異なる準同質遺伝子系統のSSLP及びAFLP解析

2000年度   Molecular cloning and expression analysis of soybean phosphate transporter

2000年度   耐冷性の異なるダイズ品種にみられる生育初期低温処理に対する反応性の差異

2000年度   培養変異によるイネミュータントパネルにおける低温耐性に関する突然変異の探索

2000年度   ソバ系統間におけるF1種子採種法

2000年度   ELISA strategy searching for non-allergenic buckwheat.

2000年度   有限伸育性そばの生育特性におよぼす栽培条件の影響

2000年度   一代雑種種子の生産及び種子親系統の生産、維持・増殖方法

2000年度   Application of a method for isolated buckwheat seed production using a tetraploid line

2000年度   そば育種における4倍体を利用した隔離採種法

2000年度   Ripening habit of buckwheat

2000年度   Quantification of a major allergenic protein in buckwheat

2000年度   有限伸育性そばの結実に及ぼす栽植密度の影響

2000年度   高温処理によるイネ幼苗の低温枯死耐性の向上とAPX遺伝子の発現

2000年度   The possible involvement of the heat shock element existing on the promoter of cytosolic APX gene in heat-shock medicated protection of rice

2000年度   コムギおよびイネにおけるAFP (anti-freeze protein) 様遺伝子の解析

2000年度   ダイズにおけるリン酸トランスポーターのcDNAクローニング

2018年度   熟性遺伝子E2とE3が温暖地におけるダイズ品種「エンレイ」の収量形成に及ぼす影響

2017年度   「エンレイ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「えんれいのそら」

2017年度   「フクユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「フクユタカA1号」

2017年度   「サチユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「サチユタカA1号」

2017年度   「ことゆたか」に難裂莢性を導入した大豆新品種「ことゆたかA1号」

2014年度   「サチユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「サチユタカA1号」

2009年度   難裂莢性を戻し交雑により主要大豆品種に導入した育種素材となる系統群

2009年度   SSRマーカーに基づくダイズ統合連鎖地図

2008年度   ダイズの難裂莢性DNAマーカー

2005年度   ダイズの主要な裂莢性遺伝子座のゲノム上の座乗位置

2005年度   倒伏しにくく美味しいそば新品種「キタノマシュウ(旧系統名 北海6号)」

2004年度   低温特異的に発現が低下するイネ葯サチラーゼ

2004年度   低温特異的に発現が低下するイネ葯サチラーゼ

2004年度   QTL解析により同定されたダイズ耐冷性に関する遺伝子座

2002年度   イネ穂ばらみ期耐冷性に関与する sucrose synthase 2 遺伝子

2001年度   ダイズ耐冷性と関連するAPXアイソザイムの多型

1999年度   そば育種における4倍体を利用した隔離採種法

2011-2011年   [独立行政法人科学技術振興機構 知的財産戦略センター]   放射冷却強度指標による地上気象値(気温・湿度)推定技術の確立

2009-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ダイズ耐冷性QTLの作物学的プロファイリング

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   候補遺伝子アプローチ法によるダイズ耐冷性遺伝子の同定

この記事は