黒田 昌治

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 黒田 昌治
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 新潟県
見える化ID 000428
URL http://www.naro.affrc.go.jp/org/narc/ricequalitylab/
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2014/narc14_s11.html
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2014/narc14_s12.html
http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/09168451.2014.951026
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1271/bbb.100465
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0098738
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-313X.2012.04947.
http://link.springer.com/article/10.1007/s11240-014-0575-4
http://dx.doi.org/10.1016/j.vaccine.2015.07.074
https://www.jci.org/articles/view/70266
カテゴリ 機能性 水稲

研究情報

2014年度   Comparative whole-genome analyses of selection marker?free rice-based cholera toxin B-subunit vaccine lines and wild-type lines

2014年度   Determination of genomic location and structure of the transgenes in marker-free rice-based cholera vaccine by using whole genome resequencing approach

2014年度   Development of transgenic rice with hypocholesterolemic activity via high-level accumulation of the α′ subunit of soybean β-conglycinin

2014年度   Single-tube hydroponics as a novel idea for small-scale production of crop seed in a plant incubator

2014年度   Additional nitrogen fertilization at heading time of rice down-regulates cellulose synthesis in seed endosperm

2014年度   Transcripts of two ent-copalyl diphosphate synthase genes differentially localize in rice plants according to their distinct biological roles

2013年度   A rice-based soluble form of a murine TNF-specific llama variable domain of heavy-chain antibody suppresses collagen-induced arthritis in mice

2013年度   Induction of Toxin-specific Neutralizing Immunity by Molecularly Uniform Rice-based Oral Cholera Toxin B Subunit Vaccine without Plant-associated Sugar Modification

2013年度   MucoRice-cholera Toxin B‐subunit, a Rice-based Oral Cholera Vaccine, Down-regulates the Expression of α‐Amylase/trypsin Inhibitor-like Protein Family as Major Rice Allergens

2013年度   Reverse Genetic Approach to Verify Physiological Roles of Rice Phytoalexins: Characterization of a Knockdown Mutant of OsCPS4 Phytoalexin Biosynthetic Gene in Rice

2013年度   Rice-based orally administered antibody fragment prophylaxis and therapy against rotavirus infection

2013年度   RNAi-mediated suppression of endogenous storage proteins leads to a change in localization of overexpressed cholera toxin B-subunit and the allergen protein RAG2 in rice seeds

2012年度   イネTIFYタンパク質遺伝子の構成的過剰発現は稈へのデンプン蓄積を促進し、種子胚乳肥大をもたらす

2012年度   少量試料による米粉生地の膨化測定

2012年度   Formation mechanism of the internal structure of type I protein bodies in rice endosperm: relationship between the localization of prolamin species and the expression of individual genes

2012年度   RNAi suppression of rice endogenous storage proteins enhances the production of rice-based Botulinum neutrotoxin type A vaccine

2012年度   Heterologous Expression of Corn Cystatin in Soybean and Effects on Growth of Stink Bug

2012年度   High-level production of lactostatin, a hypocholesterolemic peptide, in transgenic rice using soybean A1aB1b as carrier

2012年度   Suppression of α-amylase genes improves quality of rice grain ripened under high temperature.

2012年度   Overexpression of a rice TIFY gene increases grain size through enhanced accumulation of carbohydrates in the stem.

2012年度   Formation mechanism of internal structure of type I protein bodies in rice endosperm: relationship between the localization of prolamin species and the expression of individual genes.

2012年度   少量試料による米粉生地の膨化測定

2012年度   ダイズタンパク質を大量集積した組換えイネの作出と特性解析

2011年度   Production of human growth hormone in transgenic rice seeds: co-introduction of RNA interference cassette for suppressing the gene expression of endogenous storage proteins

2010年度   A simple set of plasmids for the production of transgenic plants

2009年度   Signal peptide peptidases are expressed in the shoot apex of rice, localized to the endoplasmic reticulum

2006年度   システインプロテアーゼインヒビターの導入による子実害虫抵抗性ダイズ作出の試み

2005年度   遺伝子カセット多重連結用ベクターセットの構築およびRNAi法による貯蔵タンパク質多重ノックアウトイネの作出

2005年度   RNAi法を応用した貯蔵タンパク質多重ノックアウトイネの作出

2005年度   イネ種子貯蔵タンパク質を多重改変するRNAiベクターの構築と組換え体の解析

2004年度   貯蔵タンパク質改変イネを利用した効率的な組換えタンパク質の発現

2003年度   有用タンパク質発現のための貯蔵タンパク質低減イネ種子の作出と胚乳組織切片の解析 

2003年度   低プロラミンイネ種子を用いた外来タンパク質の生産 

2002年度   イネ登熟穂に発現する新規サイクロフィリン遺伝子(Oscyp3)の解析

2001年度   微少振動法による餅および団子生地の動的粘弾性の評価

2001年度   米飯の硬さにおける米胚乳細胞壁の寄与

2001年度   登熟期におけるイネ種子タンパク質の網羅的解析

2001年度   システインプロテアーゼインヒビターはイネドロオイムシに対して発育抑制, 致死効果を示す

2001年度   Construction of a contig with transformation competent subclones in the gene region of srt3, responsible for the root growth in rice

2000年度   システインプロテアーゼインヒビターを利用したイネ害虫の制御

2000年度   食品由来タンパク質遺伝子を利用したイネ害虫の制御

2000年度   食物由来タンパク質の害虫防除への応用

2000年度   Molecular cloning, characterization, and expression of wheat cystatins

2000年度   GFP簡易観察装置を利用した遺伝子導入細胞の生育過程の追跡

2000年度   イネペプチド・アミノ酸トランスポーター遺伝子のクローニング

2000年度   登熟期気温の違いが紫黒米の色素含量に及ぼす影響

2000年度   紫黒米の登熟期の平均気温と色素含量の関係

2000年度   害虫抵抗性付与を目的としたトウモロコシシステインプロテアーゼインヒビター(シスタチン)遺伝子のイネへの導入

1998-1999年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫固有の消化管酵素の解析および特異的インヒビターによる食糧種子の食害制御の検証

この記事は