寺尾 富夫

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 寺尾 富夫
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 新潟県
見える化ID 000425
URL
カテゴリ 機能性 高温対策 栽培技術 水稲

研究情報

2014年度   Control of grain protein contents through SEMIDWARF1 mutant alleles: sd1 increases the grain protein content in Deegeo-woo-gen but not in Reimei

2014年度   Open-Top Chambers with Solar-Heated Air Introduction Tunnels for the High-Temperature Treatment of Paddy Fields

2014年度   Phenotypic analyses of rice lse2 and lse3 mutants that exhibit hyperaccumulation of starch in the leaf blades

2014年度   Analysis of gene-disruption mutants of a sucrose phosphate synthasegene in rice, OsSPS1, shows the importance of sucrose synthesis inpollen germination

2013年度   Disruption of a rice gene for α-glucan water dikinase, OsGWD1, leads to hyperaccumulation of starch in leaves but exhibits limited effects on growth

2013年度   温湯処理による水稲種子の発芽促進効果

2013年度   水稲深水栽培は茎のソース機能を高めることにより2次枝梗籾が増加しても白未熟粒の発生を抑える

2013年度   Open-Top Chambers with Solar-Heated Air Introcuction Tunnels for the High-Temperature of Paddy Fields

2012年度   Detection of Chromosomal Regions Affecting Iron Concentration in Rice Shoots Subjected to Excess Ferrous Iron Using Chromosomal Segment Substitution Lines between Japonica and Indica

2011年度   イネ葉中デンプン過剰蓄積変異体の生理機能解析と原因遺伝子の単離

2011年度   深水栽培による高品質米生産技術-深水処理の水深と期間および植付深が水稲の収量・品質に及ぼす影響-

2010年度   イネ葉中デンプン過剰蓄積変異体の生理・生態特性の解析

2010年度   イネ高温登熟耐性選抜のための簡便な穂温上昇装置

2009年度   イネ葉中デンプン過剰蓄積変異体の選抜とその生理特性の解析

2008年度   穂の蒸散が穂温と米粒外観品質に及ぼす影響

2002年度   Expression study of genes responsible for grain filling in rice through microarray analysis

2002年度   CO2倍増条件下で育てた米の食味と関連成分

2002年度   玄米品質に関与する遺伝的・環境的要因の解析 (2)玄米品質に関係する詳細な形質の遺伝子座の推定

2001年度   イネ穎果の登熟期における炭水化物の代謝に関する研究 第2報 シンク・ソース比が炭水化物代謝関連遺伝子発現に及ぼす影響

2001年度   Analysis of Rice Mutant Reducing the Number of Spikelets per Panicle

2000年度   QTL mapping of spikelet number in rice

2000年度   玄米品質に関与する遺伝的・環境的要因の解析 (1)玄米品質に影響を与える遺伝子座の推定

2000年度   イネ穎果の登熟期における炭水化物の代謝に関する研究 第1報 強勢穎果と弱勢穎果における炭水化物代謝関連遺伝子発現の比較

2000年度   水稲の登熟性向上に関する生理生態学的研究 (3)ササニシキとハバタキの戻し交雑固定系統群を用いた1穂粒数と登熟性に関する遺伝子座解析

2000年度   水稲の登熟性向上に関する生理生態学的研究 (4)一穂粒数に関与する二つの遺伝子領域が登熟に差をもたらす要因

2000年度   水稲の登熟性向上に関する生理生態学的研究 (5)日印交雑品種の穂の形態特性と枝梗数に関する二つの遺伝子座との関係

2000年度   Effect of elevated CO2 on the frain filling of rice cultivars with different sink-source balances.

2000年度   シンク-ソースバランスが異なる水稲品種のCO2倍増時における登熟性

2000年度   シンク-ソースバランスが異なる水稲品種のCO2倍増時における登熟性

2000年度   日印交雑ハイブリッドライスの安定多収性および物質代謝機能

2000年度   水稲の登熟向上に関する生理生態学的研究 (4)一穂粒数に関与する遺伝子領域が登熟に差をもたらす要因

2000年度   水稲の登熟向上に関する生理生態学的研究 (3)ササニシキとハバタキの戻し交雑自殖系統群を用いた一穂粒数と登熟性に関する遺伝子座解析

2000年度   水稲の登熟向上に関する生理生態学的研究 (3)ササニシキとハバタキの戻し交雑自殖系統群を用いた一穂粒数と登熟性に関する遺伝子座解析

2000年度   水稲の登塾性向上に関する生理生態学的研究 (2)密陽23号/アキヒカリの雑種固定系統群を用いた登塾特性の評価と登塾性に関する遺伝子座解析

2000年度   cDNA cloning and gene expression analysis of cell wall-bound invertase from rice, Oryza sative L.

2000年度   Quantitative trait loci of ripening traits in rice (Oryza sativa L.): are phenotypes of sink size and grain filling genetically separable?

2000年度   シンク-ソースバランスが異なる水稲品種のCO2倍増時における登熟性

2000年度   Genetic Analysis of Semidwarfism of the japonica Rice Cultivar Kinuhikari

2000年度   A simple screening method for drought tolerance in cowpea

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   登熟期高温耐性遺伝子の作用機作の解明

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネの高温登熟耐性遺伝子・QTLの特定

1995-1999年   [独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業]   CO2倍増時の生態系のFACE実験とモデリング

この記事は