山本 亮

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 山本 亮
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 新潟県
見える化ID 000409
URL
カテゴリ 栽培技術 大豆 病害虫防除 輪作

研究情報

2014年度   Role of abscisic acid in flood-induced secondary aerenchyma formation in soybean (Glycine max) hypocotyls

2012年度   Evaluation of Metabolite Alteration under Flooding Stress in Soybeans

2011年度   品種,土壌pH矯正および耕種条件がダイズ子実カドミウム含有率におよぼす影響

2011年度   Genetic analysis and identification of DNA markers linked to a novel Phytophthora sojae resistance gene in the Japanese soybean cultivar Waseshiroge

2011年度   品種,土壌pH矯正および耕種条件がダイズ子実カドミウム含有率におよぼす影響

2011年度   Genetic analysis and identification of DNA markers linked to a novel Phytophthora sojae resistance gene in the Japanese soybean cultivar Waseshiroge

2011年度   Pathogenic diversity of Phytophthora sojae and breeding strategies to develop Phytophthora-resistant soybeans

2008年度   ダイズプロテオームデータベースは湿害関連タンパク質の検出に有用である

2008年度   ダイズにおける湿害応答性因子アルコールデヒドロゲナーゼの発現解析

2008年度   ダイズにおける湿害応答性因子アスコルビン酸ペルオキシダーゼの発現解析

2007年度   圃場条件下における根粒超着生ダイズ品種作系4号とエンレイ・タマホマレとの収量性比較

2006年度   圃場条件下における土壌硬度の違いが根粒超着生ダイズ品種作系4号の生育および収量に及ぼす影響

2004年度   根粒超着生変異品種作系4号の親子鑑定

2004年度   根粒超着生変異品種作系4号の親子鑑定

2018年度   反収900kg以上の多収米が安定収穫可能となる小型汎用コンバイン用の多収米収穫キット

2015年度   低速作業に対応した後付けできる播種機のGPS速度連動化装置

2015年度   ダイズの収量補償作用は欠株による減収を補填しない

2010年度   通気組織は湛水条件下におけるダイズ根系の呼吸代謝に貢献する

2009年度   出芽期に冠水処理を行った大豆の根の伸長程度には品種間変異が存在する

2009年度   大豆出芽時の冠水は早期に細胞壁タンパク質群に障害を与える

2009年度   ダイズ茎疫病菌の簡便な遊走子懸濁液調製法

2008年度   ダイズプロテオームデータベースは湿害関連タンパク質の検出に有用である

2008年度   大豆発芽時の湿害に対する代謝応答はTCA回路やGABA代謝が関係している

2007年度   大豆の青立ち発生には成熟期の根系吸水力の維持が関係する

2006年度   FOEASの地下水位制御は大豆の根粒窒素固定、光合成を高めて増収させる

2006年度   ダイズに形成される通気組織にはガス交換機能がある

2004年度   ダイズ種子含水率調節は品種にかかわらず冠水傷害軽減に有効である。

2004年度   ダイズ種子含水率調節は品種にかかわらず冠水障害軽減に有効である

2003年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の不耕起狭畦栽培による収量向上

2003年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の不耕起狭畦栽培による収量向上

2003年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の不耕起狭畔栽培による収量向上

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ダイズを介した根粒菌・菌根菌・病原菌間の相互作用システムの解明に関する研究

この記事は