坂田 賢

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究部門
肩書き 行政連携調整役
氏名 坂田 賢
連絡先(電話番号) 029-838-7513(代表)
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000404
URL http://researchmap.jp/read0066405/
カテゴリ ICT FOEAS 灌漑用水路 灌漑・排水技術 高温対策 省力管理技術 直播栽培 GPS 水稲 測定技術 水管理

研究情報

2014年度   パイプライン整備による夏季灌漑水温の上昇抑制効果

2014年度   パイプライン整備による夏季灌漑水温の上昇抑制効果,

2014年度   多雪重粘土地域の地下水位制御システムにおける新技術導入効果の実証

2014年度   パイプライン整備による夏季灌漑水温の上昇抑制効果

2013年度   Relationship between Agricultural Land Systems and Water Use during The Application of Participatory Irrigation Management

2013年度   猛暑に対応した水稲作付体系が用水需要変動に及ぼす影響

2013年度   猛暑に対応した水稲作付大系が用水需要変動に及ぼす影響

2013年度   猛暑に対応した水稲作付体系が用水需要変動に及ぼす影響

2013年度   パイプラインを利用した夜間灌漑実証試験

2013年度   稲の高温登熟障害対策としての水管理の効果

2012年度   輸出に取り組む畑作先進地区の農業農村整備事業と経営方針

2012年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震により地盤沈下した取水河川における農業用水の塩分濃度モニタリングの必要性

2012年度   平成23年東北地方太平洋沖地震による津波被災農地の1年経過後の除塩の進行状況

2011年度   The relationship between the ripening of rice grains during hot summer weather conditions and water temperature in irrigation canals and paddy fields in southeastern Miyagi, Japan

2011年度   夏季高温下における営農手法が玄米外観品質に及ぼす影響

2011年度   宮城県南東部における高気温下の出穂期以降の水温環境

2011年度   Environmental effects on long-range outcrossing rates in maize

2011年度   低平地水田地域における揚水機の運用管理実態とその効率化

2011年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波被災農地における平成23年春期除塩作業の実施状況と今後の課題

2011年度   夏季高温下における営農手法が玄米外観品質に及ぼす影響

2011年度   宮城県東南部における高気温下の出穂期以降の水環境

2010年度   地中レーダーを用いた体積含水率および地下水深の推定

2010年度   沖縄県における農地保全を目的としたベチバ(Vetiveria zizanioides)の適用事例

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   灌水量・灌水頻度・時間帯を考慮した散水灌漑による稲の高温登熟障害対策の効果の検証

2011-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   水温の空間分布の決定要因分析をふまえた稲の高温登熟障害回避に資する灌漑手法の開発

この記事は