高橋清也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部
肩書き 室長
氏名 高橋清也
連絡先(電話番号) 029-838-7696
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000004
URL http://researchmap.jp/read0004054/
カテゴリ 受精卵移植 受胎率向上 肉牛 乳牛 繁殖性改善

研究情報

2011年度   Developmental ability of somatic cell nuclear transferred embryos aggregated at the 8-cell stage or 16- to 32-cell stage in cattle

2009年度   遺伝子組換えクローンヤギの後代雌乳汁中への目的物質の分泌状況

2006年度   Fourteen-week feeding test of meat and milk derived from cloned cattle in thae rat

2005年度   体細胞核移植技術を応用した遺伝子組換シバヤギの作出

2004年度   ドナー細胞の培養系は体細胞核移植胚の遺伝子発現に影響する

2004年度   体細胞クローン牛(泌乳期)のルーメン液性状

2002年度   ウシ核移植産子のミトコンドリアDNA型・ヘテロプラズミーの要因

2002年度   マイクロインジェクション法を用いた培養細胞への遺伝子導入

2002年度   体細胞クローン技術と形質転換家畜の作出

2002年度   腹腔内視鏡下卵胞吸引法によるシバヤギ体内成熟卵子の反腹採取

2002年度   レシピエント卵子の由来や品種が核移植笂の発生能力に及ぼす影響

2002年度   培養条件の異なるウシ卵丘細胞に由来する核移植産子の血液性状と発育

2002年度   フローサイトメトリーによるマウス笂性幹細胞の多能性の評価

2002年度   保存卵巣から採取したウマ卵子の卵細胞質内精子注入法 による評価

2002年度   Polscopeによる哺乳動物卵子の分裂装置の観察

2001年度   ウシ摘出卵巣由来卵丘細胞-卵子複合体からの体細胞核移植胚の作出

2001年度   再生医学応用のための免疫不全動物作出法の検討

2001年度   論文: Production of Transgenic chimera rabbit fetuses using somatic cell Nuclear Transfer

2001年度   Attempt to produce transgenic rabbit using somatic cell nuclear trasnferred chimeric embryos

2001年度   In vitro developmental potential of parthenogenetic-activated and nuclear-transferred in vivo matured oocytes collected by laparoscopic follicular aspiration

2001年度   ウシ核移植産子のミトコンドリアDNA型の解析・ヘテロプラズミーの要因

2001年度   腹腔内視鏡卵胞吸引によるヤギ卵子採取および単為発生後の体外発生能

2001年度   ウシ摘出卵巣由来卵丘細胞-卵子複合体からの体細胞核移植胚の作出

2001年度   体細胞クローン去勢牛のと畜解体成績および枝肉成績

2001年度   ウマ卵子への細胞質内精子注入

2001年度   体細胞クローン牛の繁殖性

2001年度   生体からのウシ羊水採取方法および浮遊細胞をドナーとした核移植

2000年度   遺伝子組換えウサギ及び体細胞核移植を用いた当該遺伝子組換えウサギの作出方法

2000年度   哺乳動物卵子の選別法

2000年度   Developmental ability of nuclear transferred goat eggs produced by in vitro culture system

2000年度   シバヤギ下垂体前葉細胞核移植由来産子の作出

2000年度   クローン技術とトランスジェニック動物

2000年度   クローン技術の現状と展望

2000年度   黒毛和種の双子における生時体重の調査

2000年度   ドナー細胞の違いがウシ体細胞核移植胚の発生に及ぼす影響

2000年度   体細胞クローン研究の現状と課題

2000年度   体細胞クローン牛の発育性

2000年度   体細胞クローン去勢牛の発育成績および血液性状

2000年度   体細胞クローン雄牛の繁殖性、後代産子の生産

2000年度   体細胞クローン雄牛の繁殖性、発育と精液性状

2000年度   繊維芽細胞の核移植において融合と化学的活性化処置のタイミングが再構築胚の体外発生能に及ぼす影響

2000年度   Immunomagnetic isolation of primordial germ cells and establishment of embryonic germ cell lines in the mouse

2000年度   Cloned calves produced by transfer reconstituted embryos derived from fibroblast cells of a female fetus

2000年度   ウシ体細胞由来核移植産子のミトコンドリアDNA型の違い

2000年度   Dominant distribution of mitochondrial DNA from recipient oocytes in bovine embryos and offspring after nuclear transfer

2000年度   マウス受精卵への未受精卵子ミトコンドリアDNA導入と解析

2000年度   Predominant and tissue-specific segregation of RR mice mitochondrial DNA in heteroplasmic mice

2000年度   Predominant and specific segregation of RR mice mitochondrial DNA in heteroplasmic mice

2000年度   Studies on the stillbirth of calves cloned by nuclear trasnfer from somatic cells. 1. Histopathological observations.

2000年度   Mitochondrial DNA genotypes of nuclear-transferred calves derived from somatic cells

2000年度   Replicative advantage and tissue-specific segregation of RR mitochondrial DNA between C57BL/6 and RR heteroplasmic mice

2000年度   The difference in expression pattern of green fluorescent protein after gene microinjection into mouse zygotes and two-cell embryos

2000年度   ウシ皮膚由来線維芽細胞の各種選抜薬剤に対する感受性

2000年度   ウシ皮膚由来線維芽細胞の各種選抜薬剤に対する感受性

2000年度   体細胞核移植によるクローン動物作出と遺伝子組換え動物作出への応用

2000年度   体細胞クローン牛生産の現状と問題点

2000年度   Development of embryos using bovine cumulus cells for nuclear transfer.

2000年度   超音波ガイドで採取した牛生体由来卵丘細胞-卵子複合体からの核移植胚の作出

2000年度   卵巣別に採取したレシピエント卵子を用いた核移植胚の作出

2000年度   クローン家畜作出技術1 クローン動物とは

2000年度   クローン家畜作出技術2 初期胚割球を用いた核移植技術

2000年度   クローン家畜作出技術3 体細胞を用いた核移植技術

2000年度   クローン家畜作出技術4 クローン技術の応用

2000年度   体細胞核移植によるクローン動物作出とその応用

2000年度   Predominant and specific segregation of RR mice mitcondrial DNA in

2000年度   牛体細胞核移植技術の現状と問題点

2000年度   最新の研究

2000年度   牛を用いた体細胞クローンの開発

2000年度   クローン子牛生産における阻害要因

2000年度   Producing clone calves from somatic cells

2000年度   クローン技術の現状と展望

2000年度   体細胞核移植技術によるクローン牛の作出

2000年度   クローン技術編

2000年度   体細胞クローン雄牛の繁殖性・後代産子の生産

2005-2009年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 異分野融合研究支援事業]   マイクロロボティクスを適用した胚操作の自動化

1994-1994年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   遺伝子導入による乳腺及び消化器官を標的としたトランスジェニック動物の作出

この記事は