安田 哲也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 安田 哲也
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000390
URL http://researchmap.jp/Sr_p
カテゴリ アカスジカスミカメ カメムシ 害虫 水稲 性フェロモン 大豆 チバクロバネキノコバエ 斑点米 斑点米カメムシ 病害虫防除 フェロモン

研究情報

2013年度   The effects of mating status and time since mating on female sex pheromone levels in the rice leaf bug, Trigonotylus caelestialium

2013年度   成分構成比の異なるフェロモン剤によるアカスジカスミカメの誘殺消長:水田と牧草地における比較調査から

2013年度   千葉県における斑点米カメムシ類2種の防除対策としての適切な畦畔管理時期の推定

2013年度   Effects of Japanese rice field boundary vegetation on Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Miridae) abundance

2013年度   Pattern of immigration of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Miridae) into paddy fields from a large source habitat

2013年度   Performance of polyethylene tubes as pheromone lures for the sorghum plant bug, Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Heteroptera: Miridae)

2012年度   Sex Pheromones of Stenotus rubrovittatus and Trigonotylus caelestialium, Two Mirid Bugs Causing Pecky Rice, and Their Application to Insect Monitoring in Japan

2012年度   Age-related and individual variation in male Piezodorus hybneri (Heteroptera: Pentatomidae) pheromones

2012年度   合成フェロモン剤を併用した2種カスミカメムシ類の効率的フェロモントラップ

2011年度   Comparison of the effects of landscape composition on two mirid species in Japanese rice paddies

2011年度   合成性フェロモントラップによるアカスジカスミカメ(カメムシ目:カスミカメムシ科)の水田内発生消長の把握

2011年度   千葉県北部の利根川堤防法面における除草管理が斑点米カメムシ類の発生動態に及ぼす影響

2009年度   Sex attractant pheromone of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Matsumura) (Heteroptera: Miridae)

2009年度   Optimization of blends of synthetic sex pheromone components for attraction of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Matsumura) (Heteroptera: Miridae)

2009年度   ケブカアカチャコガネの性フェロモンの開発

2008年度   Pheromone contents and physiological conditions of adult bean bugs, Riptortus pedestris (Heteroptera: Alydidae), attracted to conspecific males during non-diapause and diapause periods in fields

2008年度   Influence of photoperiod on attractiveness and pheromone contents of the bean bug, Riptortus pedestris (Heteroptera: Alydidae)

2007年度   ケブカアカチャコガネの性フェロモン活性成分の同定

2006年度   A new component of attractive aggregation pheromone in the bean bug, Riptortus clavatus (Thunberg) (Heteroptera: Alydidae)

2006年度   A supplemental component of attractant aggregation pheromone in the bean bug, Riptortus clavatus (Thunberg) (Heteroptera: Alydidae) related with the food exploitation

2006年度   イネミズゾウムシLissorhoptrus oryzophilusに対する育苗箱施用殺虫剤3剤の効果比較

2006年度   蛾類の性フェロモン受容体遺伝子の単離と機能解析

2005年度   イネ科牧草・雑草上におけるクモヘリカメムシとホソハリカメムシの発生動態

2005年度   リュウキュウクロコガネのメスはいかにして着地場所を決定し集団を作るか

2004年度   カメムシ類のフェロモン -集合をめぐって-

2004年度   リュウキュウクロコガネのメスは風下待機で得をする

2004年度   ホソヘリカメムシ由来揮発性物質の個体別捕集法と新規物質の誘引活性

2004年度   ゴマダラカミキリの接触刺激性性フェロモンの高極性成分

2004年度   ゴマダラカミキリの雄成虫は異性を誘引するか?

2004年度   ゴマダラカミキリは長距離からでも異性をみつけられるのか?

2004年度   リュウキュウクロコガネのメスは風下待機で得をする

2000年度   Sex pheromone of Acrolepiopsis nagaimo Yasuda(Lepidoptera: Acrolepiidae), a predominant leafminer on Chinese yam in Tottori Prefecture: identification and field attraction

2000年度   沖縄本島産コシロモンドクガ性フェロモンの同定: トランスエポキシド.

2000年度   Posticlure: a novel trans-epoxide as a sex pheromone component of the tussock moth, Orgyia postica (Walker).

2000年度   Sex pheromone of Acrolepiopsis nagaimo Yasuda (Lepidoptera: Acrolepiidae), a predominant leafroller on Chinese yam in Tottori Prefecture: identification and field attraction.

2000年度   Hydrocarbon Components in Contact Sex Phromone of the White-Spotted Longicorn Beetle Anoplophora malasiaca (Thomson) (Coleoptera: Cerambycidar) and Pheromonal Activity of Synthetic Hydrocarbons.

2000年度   ヤマノイモコガの近縁種である Acrolepiopsis sp. の性フェロモンについて

2000年度   ドクガに便乗する卵寄生蜂ドクガタマゴクロバチの寄主探索戦略

2000年度   Semiochemicals in prey-locationg behavior of Eocanthecona furcellata

2000年度   ゴマダラカミキリの性フェロモン-極性成分の協力作用

2000年度   Mating sequence and evidence for synergistic component in female contact sex pheromone of the white-spotted longicorn beetle, Anoplophora malasiaca (Thomson) (Coleoptera: Cerambicidae)

2000年度   ゴマダラカミキリの接触性フェロモン: 炭化水素成分の同定と合成炭化水素の活性

2000年度   ワタヘリクロノメイガの性誘引剤

2018年度   クビアカツヤカミキリのフェロモン成分を利用したトラップに雌雄成虫が誘引される

2018年度   化学合成殺虫剤を半減する新たなトマト地上部病害虫防除体系マニュアル

2017年度   土地利用情報を用いた被害予測モデルによる斑点米被害ハザードマップ

2013年度   水田を利用した省力・低コスト肉用子牛生産に活用できる「水田放牧の手引き」

2013年度   アカスジカスミカメ性フェロモン製剤と試作製剤によるデータの変換方法

2012年度   斑点米カメムシ、アカスジカスミカメの持続性合成フェロモン剤の開発

2012年度   イチモンジカメムシ雄成虫が放出するフェロモン成分比は日齢によって変化する

2010年度   アカスジカスミカメとアカヒゲホソミドリカスミカメの混合誘引剤の開発

2009年度   アカスジカスミカメ雄成虫を誘引する合成フェロモン剤の作製

2008年度   ホソヘリカメムシ成熟雄成虫に誘引された雄成虫もフェロモン協力成分を保持する

2008年度   ホソヘリカメムシの休眠雄はフェロモンを生成・保持しない

2007年度   ホソヘリカメムシ雄成虫の同種他個体に対する誘引性には個体間差がある

2006年度   ホソヘリカメムシの合成フェロモン剤の誘引性を増強する新規2成分

2004年度   トビモンオオエダシャクの幼虫は化学的にも植物に擬態する

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   アブラムシの高次寄生蜂の行動制御:化学的機構の解明と生物的防除技術への応用

この記事は