小野裕嗣

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 高度解析センター
肩書き
氏名 小野裕嗣
連絡先(電話番号) 029-838-8948
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 003891
URL
カテゴリ 分析技術

研究情報

2014年度   Phosphorus flow with soil particles in drainage canals of reclaimed paddy fields

2014年度   A NMR-based, non-targeted multistep metabolic profiling revealed L-rhamnitol as a metabolite that characterised apples from different geographic origins

2014年度   A NMR-based, non-targeted multistep metabolic profiling revealed l-rhamnitol as a metabolite that characterised apples from different geographic origins

2013年度   Isolation and identification of phenolic compounds accumulated in brown rice grains ripened under high air temperature

2012年度   オニオンエキスの製造工程におけるフラボノイドとラジカル消去活性の変動

2012年度   Capsular polysaccharide of Erysipelothrix rhusiopathiae, the causative agent of swine erysipelas, and its modification with phosphorylcholine

2012年度   Effects of lipooligosaccharide inner core truncation on bile resistance and chick colonization by Campylobacter jejuni

2012年度   Hordatin A beta-D-glycopyranoside from ungerminated barley grains

2011年度   Isolation and identification of flavonoids accumulated in proanthocyanidin-free barley

2010年度   Effective recovery of polymethoxyflavonoids by multi-stage extraction of Citrus depressa

2008年度   イチジク属植物の乳液中耐虫成分の種間多様性:オオバイヌビワにおける疎水性アルカロイドとハマイヌビワ等におけるプロテアーゼ

2008年度   クワ科植物の乳液中耐虫成分の種間多様性

2008年度   昆虫由来坑トリパノソーマ活性物質の探索

2008年度   昆虫由来抗トリパノソーマ活性物質の探索

2008年度   Pseudomonas syringaeのフェラジェリン糖鎖修飾構造とその合成に関わる遺伝子の機能解析

2007年度   Pseudomonas syringaのフラジェリン糖鎖修飾構造とその合成に関わる遺伝子に関する研究

2007年度   LC-MSによる重水素化内標準を用いた幼若ホルモン定量法の開発

2006年度   Identification of the Mung Bean Arabinofuranosyltranaferase That Transfers Arabinofurannosyl Residues onto (1,5)-Linked α-L-arabino-oligosaccharides.(アラビノフラノース残基を(1,5)-結合したα-L-アラビノオリゴ糖に転移するマングマメアラビノフラノース転移酵素の同定)

2006年度   ヤーコンの生育、貯蔵および加工過程におけるポリフェノール化合物の変動

2006年度   クワ乳液中に高濃度に存在する1,4-dideoxy-1,4-imino-D-arabinitol(DNJ)等の糖類似アルカロイドはクワの耐虫性を担う

2006年度   クワ乳液中に高濃度で存在するD-AB1やDNJなど糖類似アルカロイドの乳液内での存在様式及び乳液の毒性における糖類似アルカロイドの寄与度

2006年度   クワ科植物の多様な乳液成分が被食防衛に果たす役割

2006年度   植物乳液および乳液中のタンパク質・二次代謝物質は虫害抵抗性において決定的に重要である:パパイア乳液中のシステインプロテアーゼとクワ乳液中の糖類似アルカロイドの役割

2006年度   (S)-MαNP酸を用いた昆虫信号物質の光学分割

2005年度   Changes in linkage pattern of glucan products induced by substitution of Lys residues in the dextransucrase(デキストラン合成酵素中のリシン残基を置換することによるグルカンの結合様式の変化)

2005年度   Assignment of the 1H and 13C NMR spectra of 2-aminobenzamide-labeled galacto-and arabinooligosaccharides (2-アミノベンズアミド標識したガラクトオリゴ糖とアラビノオリゴ糖の1H and 13Cセペクトルの帰属

2005年度   A β-(1→3)-arabinopyranosyltransferase that transgers a single arabinopyranose onto arabino-oligosaccharides in mung bean(Vigna radiate) hypocotyls (マングマメ下胚軸中に存在するアラビノオリゴ糖に1つのアラビノピラノースを転移する β-(1→3)アラビノピラノース転移酵素について)

2005年度   Enzymic transfer of α-L-arabinopyranosyl residues to exogenous 1,4-linked β-D-galacto-oligosaccharides using solubilized mung bean (Vigna radiata) hypocotyl microsomes and UDP-β-L-arabinopyranose (マングマメ下胚軸ミクロゾームとUDP-β-Lーアラビノピラノースを用いたアラビノピラノース残基のガラクトオリゴ糖への

2004年度   Identification of elongating β-1,4-galactosyltransferase activity in mung bean(Vigna radiate) hypocotryls using 2-aminobenzaminated 1,4-linked-D-galactooligosaccharides as acceptor substrates. (2-

2004年度   ゴマダラカミキリの接触刺激性性フェロモンの高極性成分

2004年度   ゴマダラカミキリは長距離からでも異性をみつけられるのか?

2004年度   クワも乳液で昆虫の食害から身を守る-クワ乳液中に高濃度に存在する糖アナログアルカロイドがクワ耐虫性に果たす役割

2004年度   超臨界二酸化炭素によってカイコ幼虫クチクラから抽出された脂肪酸の組成

2003年度   梅肉エキス中のムメフラール定量法

2002年度   日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

2002年度   アリールプロピオン酸を用いた光学分割について

2002年度   2D selective-TOCSY-HSQC法による糖鎖の構造解析

2002年度   ペクチンオリゴ糖の2-アミノベンズアミドによる蛍光標識とペクチン酵素のアッセイ

2002年度   バレイショデンプン製造廃液によるビスフェノールAの酸化と除去技術への応用

2002年度   セイヨウキランソウ葉カルス培養アントシアニン色素の構造と抗酸化性

2002年度   日本の市販加工食品中のアクリルアミド分析

2002年度   Analysis of acrylamide by LC-MS/MS and GC-MS in processed Japanese foods.

2002年度   ホウ酸-マンニトール-ランタノイド複合体のESI-MSによる構造解析

2002年度   日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

2002年度   ビスフェノールAによるマウス脾臓T細胞の増殖亢進とエストロゲンレセプターの関係

2002年度   紫甘藷カルス培養アントシアニン色素の構図と抗酸化性()

2002年度   Contents of Acrylamide in Food Sold in Japan

2001年度   蛍光標識化ペクチン多糖、蛍光標識化酸性糖類の製造方法、酸性糖類の分解または合成活性の測定方法およびそのためのキット

2001年度   新規ナリンゲニン誘導体及びその用途

2001年度   殺虫性組成物

2001年度   ゴマダラカミキリの性刺激剤

2001年度   Antimutagenic Activity against Trp-P-1 of the Edible Thai Plant,Oroxylum indicum Vent

2001年度   Structural analysis of a novel antimutagenic compound, 4-hydroxypanduration A, and the antimutagenic activity of flavonoids in a Thai spice, fingerroot against mutagenic heterocyclic amines.

2001年度   金時草(スイゼンジナ)の色素分析と培養細胞を用いた機能性評価

2001年度   ホウ酸-マンニトール-ランタノイド複合体のESI-MSによる構造解析

2001年度   光照射の前後におけるバレイショ塊茎中グリコアルカロイド含量の変動

2001年度   ビスフェノールAによって増殖亢進するマウス脾臓細胞種について

2001年度   ビスフェノールA及びその酵素酸化物が修飾するマウス脾臓T細胞の増殖活性

2001年度   新規カルコン誘導体

2000年度   梅肉エキス中のムメフラール関連化合物

2000年度   抗菌ペプチドmast 21の立体構造

2000年度   Conformation of glyceride bound to lipase

2000年度   ラムノガラクツロナン■-ホウ酸複合体に結合している金属イオンの結合サイト

2000年度   ビスフェノールA酵素酸化物存在下でのマウス脾臓細胞の増殖とサイトカイン産生

2000年度   ビスフェノールA酵素酸化物がマウス脾臓細胞の免疫応答にもたらす影響

2000年度   LC/MSによる環境汚染物質の分析条件の検討(■)-ビスフェノールA及びその酸化生成物の分析-

2000年度   糖と有機酸によるヒドロキシメチルフルフラール誘導体の生成

2000年度   トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途

2000年度   ヒドロキシメチルフルフラール誘導体及びその用途

2000年度   ヤーコン中の抗酸化成分

2000年度   ヤーコン茎葉部のポリフェノール化合物

2000年度   Mumefral, citric acid derivative improving blood fluidity from fruit-juice concentrate of japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc)

2000年度   モノキノン化合物の製造方法

2000年度   梅肉エキス中の血流改善成分

2000年度   NMR spectroscopic analysis of the borate diol esters of methyl apiofuranosides

2000年度   メチルアピオフラノシド-ホウ素複合体の構造

2000年度   Borate ester formation between apiofuranosides and boric acid

2000年度   Binding site of metal cation in rhamnogalacturonan II-borate complex

2000年度   メチルアピオフラノシド-ホウ素複合体の構造

2000年度   ビスフェノールAの酸化反応

2000年度   Differences in hollow volumes in cooked rice grains with various amylose contents as determined by NMR micro imaging

2015年度   麦茶用炒麦に含まれるアクリルアミドの実態

2015年度   ジャガイモの複葉抽出物による土壌中のそうか病菌の影響評価方法

2013年度   カンピロバクターの細胞表面糖脂質の糖鎖欠損により鶏腸管内定着性が低下する

2013年度   新規硝化抑制剤としての脂肪酸および脂肪酸メチルエステルの同定

2013年度   水稲登熟期の高温ストレスにより玄米において蓄積が増加するフェノール性化合物

2013年度   オオムギの登熟過程でアリューロン層に蓄積する抗菌成分

2012年度   ソルガムの根の生物的硝化抑制(BNI)物質の同定と特性

2012年度   市販ポテトチップのアクリルアミド濃度モニタリング手法

2012年度   NMRメタボロミクスによるジャガイモ疫病抵抗性品種・系統の識別マーカーの同定

2011年度   プロアントシアニジンフリー大麦系統の子実に蓄積されるフラボノイド

2010年度   アクリルアミド分析のためのほうじ茶標準物質

2008年度   モチ性裸麦「ダイシモチ」穀粒におけるアントシアニンの蓄積

2005年度   クワは乳液で昆虫の食害から身を守る

2005年度   焙じ茶に含まれるアクリルアミド含量の分析方法とその生成要因

2005年度   農産物の還元糖/アスパラギン比率と加熱後のアクリルアミド生成量の制限要因 について

2005年度   ばれいしょ加工時のアクリルアミド生成に関わる要因

2004年度   バレイショ中のグリコアルカロイドのLC/MSによる高感度分析法

2003年度   低温貯蔵した生ジャガイモを揚げ調理すると多量のアクリルアミドを生じる

2002年度   タイ土着食用植物の抗変異原性と活性成分〔研究〕

2001年度   ツルアズキ種子に含まれる新規殺虫性化合物

1996年度   国内産トウモロコシにおけるフモニシン汚染の実態とその除去

1996年度   シュンギクの抗酸化性を示す新規キナ酸誘導体の解析

この記事は