光永 貴之

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 光永 貴之
連絡先(電話番号) 029-838-8939
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000379
URL http://researchmap.jp/spqr/
カテゴリ 繁殖性改善 病害虫防除 その他の野菜

研究情報

2015年度   イネ紋枯病の防除要否判断のための簡易発病株率調査法の検討

2014年度   アブラナ科葉菜類の主要害虫の進入阻止に有効な防虫ネットの目合い

2014年度   発生予察におけるトマトすすかび病の必要調査株数

2014年度   非切断葉スポット接種によるイネのいもち病抵抗性評価

2014年度   Effects of pyramiding quantitative resistance genes pi21, Pi34, and Pi35 on rice leaf blast disease

2014年度   Two Year Field Study to Evaluate the Efficacy of Mamestra brassicae Nucleopolyhedrovirus Combined with Proteins Derived from Xestia c-nigrum Granulovirus

2014年度   A food-supply device for maintaining Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth Plutella xylostella, in greenhouses

2014年度   The development and parasitization ability of an aphid's secondary parasitoid, Dendrocerus laticeps (Hymenoptera: Megaspilidae) on Aphidus colemani (Hymenoptera: Braconidae)

2013年度   茨城県南部での調査による、農場、畜舎への野生鳥類の侵入に影響する要因と侵入防止対策の評価

2013年度   Pattern of immigration of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Hemiptera: Miridae) into paddy fields from a large source habitat

2011年度   ソルガムあるいはオオムギで飼育した4種アブラムシの発育・増殖特性の比較とバンカー法での利用可能性の検討

2011年度   Color and Height Influence the Effectiveness of an Artificial Feeding Site for a Larval Endoparasitoid, Cotesia Vestalis (Haliday) (Hymenoptera: Braconidae)

2011年度   Comparison of the effects of landscape composition on two mirid species in Japanese rice paddies

2006年度   天敵行動制御物質を用いた害虫管理

2003年度   ククメリクカブリダニAmblyseius cucumerisに対する花粉等の代替餌としての可能性

2002年度   サバクツヤコバチとオンシツツヤコバチの共寄生について

2002年度   バーベナとナスの混作圃場におけるヒメハナカメムシ類の発生消長

2001年度   マメハモグリバエの天敵農薬である複数種の寄生蜂の相互関係について(■)

2001年度   シミュレーションによるマメハモグリバエの寄生蜂イサエアヒメコバチの評価

2001年度   マメハモグリバエの天敵である数種の殺傷寄生蜂の競争関係について

2001年度   イサエアヒメコバチとハモグリコマユバチの同時放飼によるマメハモグリバエ防除の定量的評価

2000年度   ナミヒメハナカメムシの餌探索行動に及ぼす餌密度の影響

2000年度   温室栽培における天敵による害虫個体群管理

2000年度   Interspecific interactions between two parasitoid species, Dacnusa sibirica and Diglyphus isaea.

2000年度   Modelling host feeding behaviour and host-parasitoid dynamics

2000年度   Ecological and genetic interaction between an introduced and indigenous torymid parasitoids in biological control of the chestnut gall wasp, in central Japan

2000年度   マメハモグリバエの天敵農薬である2種の寄生蜂の相互関係について(1)

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   導入種コレマンアブラバチにおいて夏季に世代継続を阻害する要因の解明

この記事は