長坂 幸吉

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 長坂 幸吉
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000374
URL http://researchmap.jp/read0208686
カテゴリ 害虫 天敵利用 微小害虫 病害虫防除

研究情報

2015年度   ピーマン施設内の三尺ソルゴーに発生したアブラムシ類から確認された一次寄生蜂種

2014年度   アブラナ科葉菜類の主要害虫の進入阻止に有効な防虫ネットの目合い

2014年度   Abundances of a bean bug and its natural enemy in seminatural and cultivated habitats in agricultural landscapes (農業景観における半自然および耕作地の生息地でのカメムシとその天敵の個体数)

2014年度   Abundances of a bean bug and its natural enemy in seminatural and arable habitats in agricultural landscapes

2014年度   A food-supply device for maintaining Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth Plutella xylostella, in greenhouses

2014年度   The development and parasitization ability of an aphid's secondary parasitoid, Dendrocerus laticeps (Hymenoptera: Megaspilidae) on Aphidus colemani (Hymenoptera: Braconidae)

2013年度   土着寄生蜂コナガサムライコマユバチの簡易捕獲法および遺伝子診断法

2012年度   カブラヤガ幼虫の侵入を阻止するフィルム障壁の高さ

2011年度   Development and implementation of an environmentally conscious system for producing cruciferous vegetables by small farms in a hilly and mountainous area of western Japan

2010年度   日本の促成栽培施設におけるアブラムシ対策としてのバンカー法の実用化

2010年度   Impact of secondary parasitism on Aphidius colemani in the banker plant system on aphid control in commercial greenhouses in Kochi, Japan

2010年度   日本の促成栽培施設におけるアブラムシ対策としてのバンカー法の実用化

2007年度   雨よけハウスを利用したコマツナ無農薬周年栽培を安定化させる技術体系の導入効果と課題

2006年度   太陽熱利用土壌消毒とネットトンネルおよびBT剤を組み合わせたアブラナ科野菜の環境保全型露地栽培体系

2006年度   ハウス栽培のコマツナを加害する低密度のコナガに対するコナガサムライコマユバチの必要放飼比率

2006年度   天敵行動制御物質を用いた害虫管理

2006年度   バンカー法によるアブラムシ類防除効果を低下させる二次捕食寄生バチ(講要)

2005年度   中山間水田における害虫総合防除等による高品位野菜生産システム

2005年度   付録Bバンカー法(アブラムシ・コレマンアブラバチ)

2005年度   ハウス栽培コマツナにおけるアブラムシの生物的防除の可能性 II.ダイコンアブラバチの放飼方法

2005年度   ハウス栽培コマツナにおけるアブラムシの生物的防除の可能性 III.ダイコンアブラバチの大量生産法

2004年度   初冬どりハクサイでの防虫ネットトンネルと太陽熱処理の併用による虫害抑制

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2003年度   高温期の無農薬軟弱野菜栽培における紙マルチおよび防虫ネットの効果

2003年度   中山間地域における減・無農薬野菜生産の現状と課題

2003年度   地方自治体による特別栽培農産物認証制度の実態と課題

2002年度   バンカー法による施設ナスのワタアブラムシ防除

2002年度   防虫ネットによる葉菜類の食害軽減

2002年度   中山間における減・無農薬野菜生産の現状と課題

2002年度   露地栽培のコマツナおよびハクサイに対する防虫ネットトンネルと太陽熱処理の併用効果

2002年度   認証制度を核とした減・無農薬野菜生産振興の課題

2002年度   地方自治体による特別栽培農産物認証制度の実態と課題

2002年度   無農薬コマツナ栽培での害虫相と防虫網による被害軽減効果

2002年度   無農薬栽培ガウスにおけるコマツナ加害アブラムシ類のダイコンアブラバチによる防除の可能性

2001年度   バンカー法による施設ナスでのワタアブラムシ防除の可能性

2001年度   無農薬コマツナ栽培での害虫相と防虫網による被害軽減効果

2000年度   細繊度・広食性蚕品種「ほのぼの」の育成

2000年度   ブラックライトトラップによるハウス内オオタバコガの防除

2000年度   極細繊度蚕品種「はくぎん」の育成

2000年度   細繊度・広食性蚕品種「ほのぼの」の育成

2000年度   極細繊度蚕品種「はくぎん」の育成

2000年度   細繊度・広食性蚕品種「ほのぼの」の育成

2018年度   施設野菜類の主要アブラムシを防除するための2種アブラバチ混合製剤

2018年度   DNAマーカーによるネギネクロバネキノコバエの近縁他種からの識別法

2018年度   化学合成殺虫剤を半減する新たなトマト地上部病害虫防除体系マニュアル

2017年度   タバコカスミカメのアザミウマ類に対する防除効果はバンカー植物で増強できる

2016年度   土着天敵を活用する害虫管理最新技術集と事例集

2015年度   二種類のデータが作り出す関数の同一性を第二種の過誤確率によって判断する

2015年度   バンカー植物を用いた捕食性天敵タバコカスミカメ利用技術マニュアル

2013年度   土着寄生蜂コナガサムライコマユバチの簡易捕獲法および遺伝子診断法

2010年度   バンカー法によるアブラムシ防除の成否に及ぼす二次寄生蜂の影響

2005年度   中山間水田における害虫総合防除等による高品位野菜生産システム

2005年度   コマツナ無農薬ハウス栽培体系の導入による経営改善効果

2005年度   給餌条件でコナガの増殖抑制に必要なコナガサムライコマユバチの放飼比率

2004年度   無農薬栽培コマツナの害虫に対する防草用シートと天敵バンカー法の効果

2004年度   無農薬栽培コマツナの害虫に対する防草用シートと天敵バンカー法の効果

2004年度   中山間地圃場周辺のリザーバー植物上におけるコナガの土着天敵の活動時期

2004年度   無農薬栽培コマツナの害虫に対する防草用シートと天敵バンカー法の効果

2004年度   中山間地圃場周辺のリザーバー植物上におけるコナガの土着天敵の活動時期

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2003年度   ハクサイの減・無農薬化に有効な防虫ネットトンネル利用技術

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2003年度   ハクサイの減・無農薬化に有効な防虫ネットトンネル利用技術

2003年度   コレマンアブラバチを用いたバンカー法による施設ナスのアブラムシ防除

2002年度   コマツナの無農薬ハウス生産における耕種的な害虫被害軽減

2002年度   0.6mm目合いネットによるアブラナ科野菜害虫の侵入阻止効果

2002年度   有機栽培コマツナでの主要害虫の発生消長

2001年度   天敵・バンカー植物法による施設栽培ナスのワタアブラムシ防除

2001年度   防虫ネットによる葉菜類の食害軽減

1998年度   オオタバコガ幼虫寄生蜂のハスモンヨトウを用いた飼育と発育速度

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   導入種コレマンアブラバチにおいて夏季に世代継続を阻害する要因の解明

この記事は