柴 卓也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 柴 卓也
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000372
URL http://researchmap.jp/takuyas
https://ml-wiki.sys.affrc.go.jp/rsv_web/rsv/elisa
カテゴリ 水稲 病害虫防除

研究情報

2014年度   Effects of alkaloids from fungal endophytes in grass?Epichlo? associations on survival of the sorghum plant bug (Stenotus rubrovittatus)

2014年度   簡易ELISA法によるイネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定における虫検体処理の簡便化

2013年度   イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定におけるDAS-ELISA法とその他の診断法の比較

2013年度   イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定法としての簡易ELISA法の評価

2013年度   Dynamics of Neotyphodium uncinatum and N-formylloline in Italian ryegrass, and their relation to insect resistance in the field

2013年度   Dynamics of Neotyphodium uncinatum and N-formylloline in Italian ryegrass, and their relation to insect resistance in the field.

2011年度   Enhanced resistance to four species of Clypeorrhynchan pests in Neotyphodium uncinatum infected Italian ryegrass.

2011年度   Evaluating the fungal endophyte Neotyphodium occultans for resistance to the rice leaf bug, Trigonotylus caelestialium, in Italian ryegrass, Lolium multiflorum

2011年度   Endophyte-infected Italian ryegrass in Japan: proliferation by repelling seed-eating insects, and potential practical use for insect pest control

2011年度   Evaluating the fungal endophyte Neotyphodium occultans for resistance to the rice leaf bug, Trigonotylus caelestialium, in Italian ryegrass, Lolium multiflorum

2009年度   エンドファイトの活用による病害虫抵抗性牧草の開発について

2007年度   Resistance to the rice leaf bug (Trigonotylus caelestialium) is conferred by Neotyphodium endophyte infection of Italian ryegrass (Lolium multiflorum)

2003年度   関東地方におけるアルファルファタコゾウムシの分布

2002年度   水田放牧地とその周辺水田における昆虫相

2002年度   ペレニアルライグラスへのエンドファイト感染がアカヒゲホソミドリカスミカメの生育に及ぼす影響

2001年度   ムギダニに寄生するNeozygites.sp休眠胞子の発芽について

2001年度   主要研究成果(参考): エンドファイト感染牧草が耐虫性を示す害虫

2001年度   エンドファイト感染によるペレニアルライグラスの耐虫性の向上

2018年度   イネ縞葉枯病の総合防除技術および防除体系の構築を支援するマニュアル

2018年度   ウイルス濃度と病徴に基づくイネ縞葉枯病の簡便な発病評価方法

2017年度   水田におけるイネ縞葉枯病のまん延過程と発病イネにおける減収のしくみ

2017年度   経卵伝染したイネ縞葉枯ウイルスのヒメトビウンカ体内量と保毒虫率

2016年度   イネ縞葉枯病多発地域における発病株率および保毒虫率の推移

2015年度   黄色粘着トラップおよびJPP-NETの有効積算温度計算シミュレーションを利用した簡便なヒメトビウンカの発生予察

2014年度   エンドファイト由来のロリンアルカロイドはアカスジカスミカメの生存率を低下させる

2013年度   簡易ELISA法による簡便・迅速なイネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定法

2013年度   エンドファイト感染イタリアンライグラスはアカスジカスミカメ幼虫の密度を抑制する

2012年度   エンドファイト感染イタリアンライグラスはカメムシ目害虫数種に殺虫効果を有する

2009年度   イタリアンライグラスのエンドファイトは切り穂交配でも種子親から後代に伝染する

2008年度   斑点米カメムシ抵抗性牧草の育種に活用できるエンドファイト「Neotyphodium occultans」

2008年度   エンドファイトが植物体内で産生するN-フォルミルロリンが感染牧草の斑点米カメムシ抵抗性を向上させる

2005年度   飼料イネのイネツトムシの多発生に関与する要因

2004年度   エンドファイトの人工感染によるイタリアンライグラスの耐虫性の向上

2004年度   放棄された水田放牧草地におけるカメムシ類の多発生

2003年度   ムギダニの寄生菌Neozygites sp.の休眠覚醒と発芽条件

2003年度   関東地方におけるアルファルファタコゾウムシの分布

2003年度   水田放牧草地が周辺水田の害虫相に及ぼす影響の評価

2003年度   関東地方におけるアルファルファタコゾウムシの分布

2002年度   牛はノサシバエが寄生すると、その直後に最も大きなストレスを受ける

2002年度   エンドファイト感染ペレニアルライグラスはアカヒゲホソミドリカスミカメに耐虫性を示す

2001年度   エンドファイト感染牧草が耐虫性を示す害虫

2001年度   放牧地におけるアブ群集の構造決定要因

2001年度   ムギダニの疫病菌Neozygites sp.

2015-2017年   [農林水産省 農林水産技術会議]   産地に応じて抵抗性品種と薬剤防除を適宜利用するイネ縞葉枯病の総合防除技術の開発

この記事は