坂口 実

所属機関名 学校法人北里研究所 北里大学
肩書き 教授
氏名 坂口 実
連絡先(電話番号)
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 003631
URL
カテゴリ

研究情報

2013年度   Plasma thiobarbituric acid reactive substances, vitamin A and vitamin E levels and resumption of postpartum ovarian activity in dairy cows

2012年度   Reproductive potential of Japanese high-producing dairy cattle

2011年度   Practical aspects of the fertility of dairy cattle

2010年度   搾乳牛における歩数計を用いた発情検出

2010年度   Oestrous expression and relapse back into anoestrus at early postpartum ovulations in fertile dairy cows

2009年度   歩数計による乳用育成牛の発情検出条件の検討

2008年度   分娩後乳牛の繁殖性と生産性の関係

2008年度   分娩後早期の泌乳牛卵巣に出現する嚢腫様卵胞の転帰と繁殖性との関係

2008年度   飼料中の窒素過剰が乳牛の繁殖性に与える影響についての最近の研究

2007年度   Reliability of estrus detection in Holstein heifers using a radiotelemetric pedometer located on the neck or legs under different rearing conditions

2005年度   ホルスタイン種育成牛における寛幅による簡易体重推定法の評価.

2003年度   産次、分娩季節、乳量およびボディーコンディションスコアー低下が分娩後乳牛の繁殖性に与える影響

2002年度   アルファルファ導入後の繁殖成績ー酪農家調査成績からー

2002年度   分娩後乳牛の卵巣動態および発情回帰と受胎性との関係

2002年度   内因性成長ホルモンの分泌促進が肉牛の過剰排卵反応に及ぼす影響

2002年度   乳牛の初産月齢が乳量および繁殖成績に及ぼす影響

2002年度   分娩後の乳牛における卵胞嚢腫形成から初回人工授精までの卵巣動態とその後の受胎性

2002年度   アルファルファサイレージとコーンサイレージの併給が採食量および乳生産に及ぼす影響

2002年度   分娩後乳牛の空胎期間に影響する要因

2002年度   乳牛における連続膣温測定による排卵時間の予測

2002年度   飼料の増給による離乳後の発情再帰所要日数の短縮

2002年度   分娩前からのアルファルファサイレージの給与が乳熱発生、採食量および乳生産に及ぼす影響

2002年度   連続腟温測定による乳牛の分娩時刻予知

2001年度   Characteristics of cloned cattle

2001年度   Possible mechanism for acceleration of meiotic progression of bovine follicular oocytes by growth factors in vitro

2001年度   乳牛の排卵側と妊角

2001年度   アルファルファサイレージの給与が乳熱発生、採食量および乳生産に及ぼす影響

2001年度   乳牛の初産月齢が乳量および繁殖成績に及ぼす影響

2001年度   乳牛における早期繁殖供用が初産時の泌乳および繁殖能力に及ぼす影響

2001年度   乳牛における分娩後の卵胞発育と卵胞内卵子の受精能

2001年度   分娩後の乳牛における嚢腫様卵胞および無排卵の発生状況

2000年度   Cloned calves produced by transfer reconstituted embryos derived from fibroblast cells of a female fetus

2000年度   受精卵クローン牛の産肉成績

2000年度   繁殖管理-早期育成牛の繁殖管理と黒毛和種の利用

2000年度   初産分娩での注意点-難産の実態と育成目標体重

2000年度   乳牛における分娩後の初回排卵とその後の卵巣周期

2000年度   乳牛における分娩後初回排卵前後の卵胞動態

2000年度   クローン牛のテロメア解析

2000年度   ヤブカ(Aedine mosquitoes)2種のアカバネウィルス媒介能

2000年度   帝王切開術によるSPF豚作出へのイソフルレン麻酔の応用

2000年度   体外受精胚の追い移植により生産した双子産子の発育性

2000年度   A combination of EGF and IGF-I accelerates the progression of meiosis in bovine follicular oocytes and fetal calf serum neutralizes the acceleration effect

2000年度   牛の生殖免疫

2000年度   培養液中に添加した海洋深層水がウシ体外由来胚の発育に及ぼす影響

2000年度   A preliminary study on the effects of deep sea water on bovine embryo production in vitro

2000年度   Effects of fertilization for grasland on plasma mineral levels in beef cattle

2000年度   牛の胚移植と生殖免疫

2000年度   受精卵クローン子牛の発育成績について

2000年度   クローン牛のテロメア解析

2000年度   体外受精胚の追い移植により生産した双子産子の発育性

2000年度   Effect of naltrexone on pulsatile LH release in early postartum Holstein dairy cows.

2000年度   ヤブカ属(Aeden mosquitoes)2種のアカバネウイルス増殖能

この記事は