柳井洋介

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部
肩書き 主任研究員
氏名 柳井洋介
連絡先(電話番号)
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 003529
URL
カテゴリ

研究情報

2014年度   アスパラガス連作障害回避のための太陽熱処理効果の検証

2014年度   Isotopomer analysis of nitrous oxide accumulated in soil cultivated with tea (Camellia sinensis) in Shizuoka, central Japan

2014年度   地下水位制御システム(FOEAS)施工ほ場における設定水位が秋まきキャベツの生育に及ぼす影響

2014年度   Winter climate change in plant-soil systems: summary of recent findings and future perspectives (冬の気候変動と植物-土壌系:研究の最前線と将来)

2013年度   「アスパラガス連作障害回避のための太陽熱処理効果の検証」

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soiland air temperatures from central to northern Japan

2012年度   アスパラガス露地栽培における生育不良要因としての土壌水分状態

2012年度   Decreasing soil frost depth and its influence on the soil water and nitrate movements in Tokachi, Hokkaido, Japan

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soil and air temperatures from central to northern Japan

2012年度   アスパラガス露地栽培における生育不良要因としての土壌水分状態

2011年度   土壌中での一酸化二窒素生成動態をモニタリングする

2011年度   Accumulation of nitrous oxide and depletion of oxygen in seasonally frozen soils in northern Japan - Snow cover manipulation experiments

2011年度   Influence of rain, air temperature, and snow cover on subsequent spring-snowmelt infiltration into the thin frozen soil layer in northern Japan.

2011年度   Influences of snow cover and soil-frost on ground surface flux and soil gas concentration of CO2 in an agricultural land in northern Japan

2011年度   Soil frost control: agricultural adaptation to climate variability in a cold region of Japan

2010年度   凍結・湛水条件でも実施可能な土壌ガスのモニタリング方法

2009年度   観測の平均化時間がアンモニア性窒素フラックスの算定値に及ぼす影響

2007年度   Fungal N2O production in an arable peat soil in Central Kalimantan, Indonesia(インドネシア中央カリマンタン熱帯泥炭土壌における糸状菌によるN2O生成)

この記事は