大島一修

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター
肩書き
氏名 大島一修
連絡先(電話番号)
所在都道府県名 島根県
見える化ID 003510
URL
カテゴリ 飼育技術 受胎率向上 肉牛 繁殖性改善 放牧技術

研究情報

2012年度   Effect of restricted suckling on the superovulatory response and reproductive performance in postpartum Japanese Black cows

2007年度   胎子の発育不全が認められたウシ胎盤節におけるMRJ遺伝子発現解析の試み

2004年度   フィリピン在来牛3品種におけるミトコンドリアDNA・D-loop領域とタンパク質コード領域(ND2,ND4,ND5)のDNA多型:indicus型とtaurus型の母系ライン

2003年度   黒毛和種における組換え体ヒツジインヒビンαサブユニットの免疫が一次主席卵胞の消長に及ぼす影響

2003年度   フィリピン在来牛3品種におけるミトコンドリアDNA・D-loop領域とタンパク質コード領域(ND2、ND4、ND5、Cytb)のDNA型:indicus型とtaurus型の母系ライン)

2003年度   中国中山間地域における遊休農林地の放牧利用が肉用繁殖牛の栄養生理に及ぼす影響

2002年度   黒毛和種雌ウシにおける分娩後早期の胚回収とその後の繁殖成績

2002年度   ウシの妊娠子宮内膜におけるMx遺伝子発現の定量

2002年度   EFFECT OF ESTRADIOL BENZOATE AND GNRH ON SUPEROVULATORY RESPONSE AND SUBSEQUENT REPRODUCTIVE PERFORMANCE IN POSTPARTUM SUCKLING JAPANESE BLACK CATTLE

2002年度   Nucleotide sequence of the bovine elongation factor 1 alpha cDNA

2002年度   ウシのM-CSFのELISAの開発と加齢によるM-CSFの血中濃度の変動について

2002年度   黒毛和種妊娠子宮内膜におけるelongation factor 1Alpha遺伝子発現

2002年度   黒毛和種妊娠子宮内膜、胎盤節におけるLIF遺伝子発現の局在について

2002年度   A primary screen of the bovine genome for quantitative trait loci affecting some growth traits in Japanese Black cattle.

2002年度   Estimation of genetic and phenotypic parameters and genetic and environmental trends of  pre-weaning growth traits of Japanese Black cattle.

2002年度   黒毛和種の胎児から子ウシ期における骨格筋でのMyostatin遺伝子の発現

2002年度   黒毛和種妊娠牛の末梢血中M-CSF濃度の推移

2002年度   黒毛和種におけるインヒビン免疫が一次主席卵胞の発育時期に及ぼす影響

2002年度   遊休果樹園および耕作放棄地の放牧利用が放牧牛の血液性状に及ぼす影響

2002年度   ウシ初期胚におけるIGF2、IGF2R、H19、MAGOH、MRJ遺伝子発現の検討

2001年度   黒毛和種雌ウシにおける分娩後早期の胚回収とその後の繁殖成績

2001年度   ウシ初期胚におけるIGF2、IGF2R、H19、MAGOH、MRJ遺伝子発現の検討

2001年度   ウシの妊娠子宮内膜におけるMx遺伝子発現の定量

2000年度   Growth and the primiparous reproductive performance of Japanese Black heifer raised by grazing on artificial pastures and wild grasslands

2000年度   黒毛和種の双子における生時体重の調査

2000年度   ウシ胎子胎膜と子宮内膜におけるLIF、M-CSF遺伝子発現について

2000年度   黒毛和種妊娠牛の子宮内膜におけるG-CSF遺伝子発現について

2000年度   黒毛和種育種におけるDNAマーカーアシスト選抜(MAS)の有効性の検討.I.実験設計と理論的検討

2000年度   Identification and characterization of a second interferon-regulated bovine Mx gene

2000年度   Gene expression profiles of bovine endometrial tissues and trophoblast on days 30 and 135 of pregnancy

2000年度   黒毛和種雌牛の発情周期および妊娠初期の子宮内膜におけるIL-8遺伝子の発現について

2000年度   ウシの尿絨毛膜および絨毛叢におけるIL-2、IL-4、IL-10およびGM-CSF遺伝子の発現について

2000年度   ウシの発情周期および妊娠子宮の子宮内膜におけるIL-2およびIL-4遺伝子の発現について

2000年度   ウシの発情周期および妊娠初期の子宮におけるIL-10とGM-CSF遺伝子の発現について

2000年度   ウシ尿絨毛膜で発現するMHCクラスI遺伝子

2000年度   発情周期および妊娠初期のウシ子宮内膜上皮におけるIL-2、IL-4、IL-10およびG-CSF遺伝子の発現

2000年度   胎盤特異遺伝子のクローニングと遺伝子組換え技術

2000年度   発情周期および妊娠初期のウシ子宮内膜上皮におけるIL-2,IL-4,IL-10およびGM-CSF遺伝子の発現

2000年度   「Large Offspring Syndrome (LOS) とゲノミックインプリンティング」について

2000年度   ウシ子宮内膜において発現するMx遺伝子の構造・発現解析

2000年度   ウシ子宮内膜において発現するMx遺伝子の構造・発現解析

2000年度   ウシMx遺伝子のゲノム構造解析および転写調節領域の解析

2000年度   黒毛和種の双子における生時体重の調査

2000年度   ウシ子宮内膜において発現するMx遺伝子の構造・発現

2000年度   ウシ妊娠子宮内膜において発現するMx遺伝子の構造・発現

2000年度   黒毛和種妊娠雌牛の子宮内膜におけるLIF,M-CSF遺伝子発現

2000年度   黒毛和種胎子胎膜に発現するMHCクラス■遺伝子

2017年度   黒毛和種繁殖牛に対する「たちすずか」WCSの飼料特性を活かした飼料設計

2015年度   高糖分WCS用稲を微細断し高密度輸送・サイロ調製する収穫体系

2014年度   冬季のススキ優占草地は子牛生産性に影響を及ぼすことなく放牧利用できる

2012年度   1日2回の制限哺乳は哺乳期の胚回収成績に影響せず空胎期間延長を軽減する

2010年度   複数産次に亘り空胎期間を延長せずに分娩後の過剰排卵処置・胚回収ができる

2007年度   黒毛和種母牛の乳ムチン遺伝子型は哺乳子牛の初期発育に影響する

2005年度   黒毛和種牛の乳ムチンエキソン2における糖鎖結合能

2003年度   黒毛和種雌牛の子宮内膜におけるG-CSFおよびMRJ遺伝子発現動態

2003年度   黒毛和種における第1及び第2染色体上の増体・体型形質QTLの位置

2003年度   黒毛和種雌牛の子宮内膜におけるG-CSFおよびMRJ遺伝子発現動態

2002年度   (参考)ヨーロッパ型とインド型ミトコンドリアDNAを識別するPCR-RFLP法

2002年度   ウシ子宮内膜組織におけるMx遺伝子の発現

2002年度   ヨーロッパ型とインド型ミトコンドリアDNAを識別するPCR-RFLP法

2000年度   ウシMx遺伝子のゲノム構造および転写調節領域

2000年度   発情周期、妊娠初期のウシ子宮内膜におけるIL-2、IL-4、およびIL-10遺伝子の発現

2000年度   ウシ体内受精胚、胎膜におけるIGFⅡ遺伝子の発現の様相

2000年度   ウシ子宮内膜組織におけるLIF、M-CSF遺伝子の発現

1997年度   黒毛和種の子牛市場出荷時体重と枝肉重量に対する母性遺伝効果

1997年度   牛血中発情ホルモン測定のための2抗体法酵素免疫測定法

1996年度   子牛の市場出荷時体重を利用した黒毛和種種雄牛の遺伝的泌乳能力の推定

1995年度   黒毛和種の子牛の発育に対する母性遺伝効果の育種価と雌牛の実測乳量の関係

1994年度   黒毛和種の子牛の体重に対する母性効果の影響

1994年度   牛血中エストラジオ−ル17βの酵素免疫測定法の開発

この記事は