笹谷 孝英

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 企画調整部
肩書き 科長
氏名 笹谷 孝英
連絡先(電話番号) 029-838-7699
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000035
URL http://researchmap.jp/read0005747
カテゴリ 植物ウイルス 水稲 病害虫防除 その他の花き・花木・観葉植物 その他の野菜

研究情報

2014年度   三重県におけるQoI剤耐性イネいもち病菌の検出

2014年度   Rapid PCR technique to detect QoI-resistant strains of Magnaporthe oryzae

2014年度   Rapid PCR technique to detect QoI-resistant rice blast fungus

2014年度   DAS-ELISA quantification of resting spores of Olpidium virulentus in roots and correlation between resting spore density in soil and severity of lettuce big-vein disease.

2014年度   Transmission of Lettuce big-vein associated virus and Mirafiori lettuce big-vein virus by Olpidium brassicae.

2013年度   イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定におけるDAS-ELISA法とその他の診断法の比較

2013年度   Biological and Genetic Diversity of Wheat yellow mosaic virus (genus Bymovirus)

2013年度   Identification of a movement protein of Mirafiori lettuce big-vein ophiovirus

2013年度   Relationship between gene responses and symptoms induced by Rice grassy stunt virus.

2012年度   The movement protein encoded by gene 3 of rice transitory yellowing virus is associated with virus particles

2012年度   Strong resistance against Rice grassy stunt virus is induced in transgenic rice plants expressing dsRNA of the viral genes for nucleocapsid or movement proteins as targets for RNA interference

2012年度   Preparation and characterization of polyclonal antibody against resting spores of Olpidium virulentus, fungal vector of lettuce big-vein disease.

2011年度   ELISA法によるコムギおよびオオムギに発生する4種菌媒介性ウイルスの血清学的診断法の開発

2011年度   Crystallographic analysis reveals octamerization of viroplasm matrix protein P9-1 of Rice black streaked dwarf virus

2011年度   hairpin RNA derived from the gene for Pns9, a viroplasm matrix protein of Rice gall dwarf vir, confers strong resistance to virus infection in transgenic rice plants.

2011年度   Immunity to Rice black streaked dwarf virus, a plant reovirus, can be achieved in rice plants by RNA silencing against the gene for the viroplasm component protein

2011年度   Negative-strand RNA viruses: The plant-infecting counterparts.

2011年度   Targeting specific genes for RA interference is crucial to the development of strong resistance to Rice stripe virus.

2011年度   Three-dimensional analysis of the association of viral particles with mitochondria during the replication of Rice gall dwarf virus

2011年度   Viroplasm matrix protein Pns9 from rice gall dwarf virus forms an octameric cylindrical structure

2010年度   8種のイネウイルス感染に伴う宿主遺伝子のトランスクリプトーム解析

2010年度   イネ萎縮ウイルスおよびイネ縞葉枯ウイルス抵抗性遺伝子組換え飼料イネの開発

2009年度   RNA干渉法によるイネ萎縮病抵抗性イネの開発

2009年度   コムギ縞萎縮病の発生地域における品種「ふくさやか」への品種転換の有効性

2009年度   植物ウイルス病の防除技術開発最前線-イネ萎縮ウイルス-RNA干渉法によるイネ萎縮病抵抗性イネの開発

2008年度   Further evidence of Mirafiori lettuce big-vein virus but not of Lettuce big-vein associated virus with big-vein disease in lettuce

2004年度   Olpidium brassicae sensu latoアブラナ科系統と非アブラナ科系統の休眠胞子形成の差異

2004年度   レタスビッグベイン病に関連する2種ウイルス、Mirafiori lettuce virusとLettuce big-vein virusの血清学的検出、病徴発現および生育温度の関連

2003年度   ダイズモザイクウイルスA2系統に対する抵抗性の遺伝解析

2003年度   全身獲得抵抗性誘導剤アシベンゾラルSメチルのタバコモザイクウイルスとキュウリモザイクウイルスに対する効果

2003年度   海砂砂耕における遊走子放出量に基づいたOlpidium brassicae一単遊走子嚢分離株の寄生性評価

2002年度   レタスビッグベインウイルスの遺伝情報とゲノム構造

2002年度   Mirafiori lettuce virusの外被タンパク質遺伝子のクローニング

2002年度   モノクローナル抗体を用いた三重抗体(TAS)ELISAによるレタスビッグベインウイルス(LBVV)の検出

2002年度   レタスビッグベインウイルスのRNA2の全塩基配列

2002年度   レタスビッグベインウイルスのRT-PCRによる検出

2002年度   レタスビッグベイン病の病徴発現およびレタスビッグベインウイルスとMirafiori rlettuce virusの検出におよぼす栽培温度の影響

2002年度   チューリップとレタスから分離されるOphiovirusの病原性と血清学的性質の比較

2002年度   サチユタカに発生しているダイズモザイクウイルスの系統

2002年度   レタスビッグベインウイルスの全塩基配列とゲノム構造-レタスビッグベインウイルスとラブドウイルスの関連-

2002年度   レタスビッグベイン病に対する品種抵抗性と関連ウイルスの関係

2002年度   レタスビッグベイン病に関わるウイルス

2002年度   チューリップ微斑モザイクウイルスとミラフィオリレタスウイルスを識別するPCRプライマーの開発

2002年度   レタスビッグベインウイルスとラブドウイルスの関係-レタスビッグベインウイルスの転写開始・終結シグナル配列およびリーダー領域-

2002年度   RT-PCRによるミラフィオリレタスウイルスとレタスビッグベインウイルスの検出

2002年度   ELISA法によるミラフィオリレタスウイルスの検出

2002年度   レタスビッグベイン病抵抗性の早期選抜法

2001年度   埼玉県の栄養繁殖性リンドウから分離されたポティウイルスの血清反応と塩基配列

2001年度   レタスビッグベインウイルスのRNA2の全塩基配列

2001年度   レタスビッグベインウイルスのRT-PCRによる検出

2001年度   モノクローナル抗体を用いた三重抗体(TAS)ELISAによるレタスビッグベインウイルス(LBVV)の検出

2001年度   レタスビッグベインウイルスのRNA1がコードするタンパク質のアミノ酸配列

2001年度   ビッグベイン症状のレタスから分離されたチューリップ微斑モザイクウイルス様粒子

2001年度   論文: Immunocapture RT-PCR法によるカーネーション類に発生する3種ウイルスの診断法の開発

2000年度   レタスビッグベインウイルス外被タンパク質の塩基配列

2000年度   レタスビッグベインウイルスに対するモノクローナル抗体の作製

2000年度   Colletotrichum gloeosporioidesのnit 1変異株と野生株間のRLGSによるDNA多型検出

2000年度   Application of RLGS (restriction landmark genomic scanning) to fungal studies

2000年度   Difference of RLGS profiles between nit 1 mutants and their wild type of Colletotrichum gloeosporioides

2000年度   Colletotrichum coccodes (Wallroth) S. Hughesによるオミナエシ炭疽病 (新称)

2000年度   ジャガイモXウイルス(PVX)ベクターで発現したジャガイモYウイルス(PVY)のヘルパーコンポーネント(HC)を用いたアブラムシ伝搬試験

2000年度   Aphid transmission studies using helper component proteins of Potato virus Y expressed from a vector derived from Potato virus X.

2000年度   Cross-protection between strains of bean yellow mosaic virus (BYMV) and clover yellow vein virus (ClYVV).

2000年度   Cross-protection between strains of bean yellow mosaic and clover yellow vein viruses.

2000年度   Nucleotide sequence of the 3’-terminal region of Carnation vein mottle virus RNA.

2000年度   Molecular characterization of a new potyvirus infecting sunflower.

2000年度   インゲンマメ黄斑モザイクウイルスによるヘアリーベッチモザイク病とクローバ葉脈黄化ウイルスによるえそ萎縮病(新称).

2000年度   レタスビッグベインウイルスタンパク質をコードする核酸およびその利用.

2000年度   Rhizopus oryzae, Phytophthora nicotianae及びRhizoctonia solaniのRLGS

2000年度   Molecular characterization of a new potyvirus infecting sunflower

2000年度   シュッコンカスミソウ萎縮叢生症状の発生とその原因について

2000年度   リコンビナントファージ抗体を用いたジャガイモ葉巻ウイルスの検出法の開発

2017年度   日本のムギ類に感染するPolymyxa graminisの系統と感染ウイルス種

2016年度   ストロビルリン系殺菌剤(QoI剤)耐性イネいもち病菌の対策マニュアル

2016年度   イネ縞葉枯病多発地域における発病株率および保毒虫率の推移

2015年度   Fusarium asiaticumのかび毒(3A-DON)産生誘導、促進因子

2015年度   麦類のかび毒汚染低減のための生産工程管理マニュアルの改訂

2014年度   新規に同定されたトウモロコシ赤かび病菌Fusarium asiaticum

2014年度   日本のコムギ縞萎縮ウイルスのゲノム配列の多様性

2014年度   レタスビッグベイン病を媒介するOlpidium virulentusの血清学的定量法

2012年度   レタスビッグべイン病の媒介菌Olpidium virulentusに特異的な抗体の作製法

2010年度   メロンえそ斑点ウイルス粒子の媒介菌遊走子への吸着が媒介率を決定する

2005年度   LBVaVの外被タンパク質遺伝子を導入したレタスのビッグベイン病抵抗性

2004年度   国内産Olpidium brassicae sensu latoのアブラナ科系統と非アブラナ科系統は別種である

2004年度   タバコわい化ウイルスはレタスビッグベインウイルスの1系統(タバコ系統)である

2004年度   国内産 Olpidium brassicae sensu latoのアブラナ科系統と非アブラナ科系統は別種である

2004年度   タバコわい化ウイルスはレタスビッグベインウイルスの1系統(タバコ系統)である

2003年度   ダイズモザイクウイルス-A2系統に対する抵抗性の品種間差異と遺伝様式

2003年度   ダイズモザイクウイルス−A2系統に対する抵抗性の品種間差異と遺伝様式

2002年度   レタスビッグベインウイルスの遺伝情報とゲノム構造

2002年度   ELISA法によるミラフィオリレタスウイルスの検出

2002年度   レタスビッグベイン病に対するレタス品種の抵抗性

2002年度   レタスビッグベイン病関連ウイルス(MiLV)の外被タンパク質遺伝子

2001年度   花きにおける5つの新たな菌類病

2000年度   RLGSによる菌類の変異解析法

1999年度   植物病原糸状菌のRLGSによるDNA多型検出法

1997年度   プロベナゾールによるタバコモザイクウイルスに対する抵抗性の誘導

1996年度   カーネーション萎縮叢生症の原因と予防法

1993年度   幼苗によるダイズ白絹病抵抗性の簡易検定法

2008-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   RNA干渉法を用いたウイルス抵抗性イネの作出とその抵抗性機構の解析

この記事は