大脇 良成

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 大脇 良成
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000346
URL
カテゴリ 栽培技術 水稲 肥培管理

研究情報

2012年度   長崎県水稲葉枯症 ―水稲への窒素負荷と葉枯障害との関係―

2012年度   Possible contribution of Bradyrhizobium on nitrogen fixation in sweet potatoes

2011年度   Endophytic occupation of soybean nodules by Rhizobium and other bacterial species under continuous cultivating condition

2011年度   The genotype of the calcium/calmodulin-dependent protein kinase gene (CCaMK) determines bacterial community diversity in rice roots under paddy and upland field coditions

2011年度   OsCCaMKは水稲根と陸稲根の細菌群集構造を変化させる

2007年度   Expressed nifH genes of endophytic bacteria detected in the field-grown sweet potatoes (Ipomoea batatas L.)

2005年度   エンドファイティック窒素固定 第3タイプの植物ー微生物窒素固定システム

2004年度   同位体比によるホウレンソウ栽培法の判別

2004年度   窒素同位体比によるホウレンソウ栽培法の判別

2002年度   重窒素自然存在比法を用いた植物体内細菌(エンドファイト)による窒素固定量の推定

2002年度   ブラジルの亜熱帯サバンナ(セラード)に生育する熱帯イネ科牧草(Brachiaria属牧草)の窒素利用特性

2002年度   イネ培養細胞における非共生型ヘモグロビンの誘導に対する、硝酸、亜硝酸および一酸化窒素の影響

2002年度   15N自然存在比法を用いたエンドファイトによる窒素固定量の推定

2002年度   ブラジルのセラードに生育する熱帯イネ科牧草の窒素利用特性

2002年度   石垣島宮良川における懸濁物質発生源の推定

2002年度   イネ培養細胞のヘモグロビン含量に及ぼす培地の窒素形態の影響

2002年度   ブラジルの亜熱帯サバンナ(セラード)に生育する熱帯イネ科牧草(Brachiaria属牧草)の窒素利用特性

2001年度   Caracteristicas diferenciais do uso do nitrogenio por especies de Brachiaria

2001年度   δ15N値を指標にしたサツマイモ品種の窒素固定能の評価

2001年度   Nitrate-induced accumulation of non-symbiotic hemoglobins in cultured rice cells.

2001年度   イネ培養細胞における硝酸による非共生型ヘモグロビンの誘導

2001年度   重窒素自然存在比法を用いたサトウキビおよびBrachiaria属牧草の窒素固定量の推定

2000年度   Disdrometerを用いた雨滴粒径分布と運動エネルギーの測定

2000年度   ホウレンソウ中のシュウ酸集積の生理的意義

2000年度   ホウレンソウ中のシュウ酸集積の生理的意義

2000年度   Erosion control in pineapple fields on Ishigaki Island.

2000年度   Disdrometerを用いた雨滴粒径分布と運動エネルギーの測定

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物の低酸素領域における窒素固定エンドファイトの生態と機能発現に関する研究

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   サツマイモ体内でのBradyrhizobium属細菌の共生的窒素固定機構の解明

2004-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物の硝酸還元におけるヘモグロビンの機能解明に関する研究

2003-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   エンドファイト窒素固定菌の核酸塩基配列からの直接探索

この記事は