橋本 知義

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 橋本 知義
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000342
URL http://www.agri-school.com/teq-list.html
カテゴリ

研究情報

2013年度   「Fusarium oxysporumのリアルタイムPCRによる検出」

2013年度   Fusarium oxysporumのリアルタイムPCRによる検出

2011年度   Isolation and Characterization of Novel Thermophilic Nitrifying Bacillus sp. from Compost

2009年度   原生生物や線虫から見た土壌生態系の解明と活用

2006年度   有機物投入畑土壌における土壌構造の発達が原生生物等の動態に及ぼす影響

2006年度   有機農家圃場の線虫群集の特徴 

2006年度   有機農家圃場と慣行農家圃場での土壌線虫の群集構造の違い 

2004年度   農林業センサスを利用した家畜ふん尿由来有機物の窒素換算流通量及び圃場投入量の推定

2004年度   二次発酵過程の環境条件が微生物および堆肥の品質に及ぼす影響

2003年度   堆肥中の高温性微生物による窒素成分動態

2003年度   作付履歴の異なる畑土壌におけるニンジン初期生育とシアン生成能を持つ蛍光性シュードモナス細菌の分離

2003年度   家畜スラリー連用畑土壌における低栄養要求型脱窒菌群の垂直分布

2002年度   農林業センサスを利用した圃場一筆当たり家畜ふん尿投入量推定方法の提案

2002年度   農林業センサスを利用した圃場一筆当たり家畜ふん尿投入量推定方法の提案

2002年度   異なる植物の根圏におけるPseudomonas fluorescens HP72株の挙動

2002年度   家畜スラリー還元畑土壌における低栄養要求型脱窒菌群の垂直分布

2002年度   作付履歴の異なる畑土壌におけるニンジン初期生育とシアン生成蛍光性シュードモナス細菌の分離

2002年度   堆肥中の高温性微生物による窒素成分動態

2002年度   家畜スラリー還元畑土壌中から分離された低栄養性脱窒細菌新規菌株の分類学的位置づけ

2001年度   農林業センサスを利用した圃場一筆当たり家畜糞尿投入量推定方法の提案

2001年度   主要研究成果(参考): センサスを利用した圃場一筆毎の家畜ふん尿由来有機物投入量の推定

2001年度   窒素収支の明らかにされた家畜スラリー還元畑圃場中の脱窒菌群の特性評価(その1)脱窒菌群の時期別・土壌層位別動態

2001年度   窒素収支の明らかにされた家畜スラリー還元畑圃場中の脱窒菌群の特性評価(その2)低栄養要求型脱窒菌の分離と系統学的特性

2001年度   熱水土壌消毒が土壌中の細菌群と原生動物群の動態に及ぼす影響

2001年度   主要研究成果(参考): 家畜スラリー多量連用畑圃場における脱窒活性と脱窒菌群の動態

2001年度   主要研究成果(参考): 異なる植物根におけるPseudomonas fluorescens HP72株の挙動

2001年度   土壌原生動物群集の比較. I

2001年度   植物根の伸長過程を観察する根箱の試作

2000年度   脱窒活性に及ぼす土壌環境因子の検討

2000年度   家畜スラリー還元畑圃場の脱窒活性の時期別・土壌層位別評価

2000年度   接種微生物の定着能について -微生物資材利用についての一考察-

2000年度   土壌の生物性診断の可能性

2000年度   平成10年度研究成果の概要 土壌生物

2000年度   液状きゅう肥多量還元畑から発生するN2Oの生成メカニズム(3)

2000年度   熱水土壌消毒が土壌中の細菌群と原生動物群の動態に及ぼす影響

2000年度   家畜スラリー施用表層土壌における細菌群の生存部位について

2000年度   土の原生動物のはたらき

2013-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   太陽熱土壌消毒効果を活用した省エネ・省肥料・親環境栽培体系「陽熱プラス」の確立

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   深層土壌中における水および硝酸性窒素の動態に関する研究

2002-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   畑地下層土からの低栄養要求型脱窒菌の分離と脱窒能・亜酸化窒素生成能の評価

この記事は