鵜川洋樹

所属機関名 公立大学法人 秋田県立大学
肩書き 教授
氏名 鵜川洋樹
連絡先(電話番号) 0185-45-2015
所在都道府県名 秋田県
見える化ID 003355
URL http://www.akita-pu.ac.jp/stic/souran/scholar/detail.php?id=236
カテゴリ 経営管理

研究情報

2008年度   岩手県における企業の農業参入の実態と課題

2006年度   共同利用型バイオガスシステムの経済性に影響を与える諸条件の改善効果

2006年度   共同利用型バイオガスシステムの経済性と成立条件―バイオガスプラントの利用実態と経済性シミュレーション―

2006年度   共同利用型バイオガスプラントの利用技術

2005年度   共同利用型バイオガスプラントの利用技術

2005年度   北海道酪農の経営展開-土地利用型酪農の形成・展開・発展-

2005年度   集中型バイオガスシステムの経済性とプロトタイプ

2004年度   集中型バイオガスシステムの経済性と成立条件-北海道酪農における別海資源循環試験施設の実用運転に向けて-

2004年度   道央水田地帯における農業構造の変化と将来動向予測-上川支庁、空知支庁を対象として-

2004年度   寒冷地で成立する酪農ふん尿の共同利用型バイオガスシステムの要件

2004年度   草地酪農地帯におけるふん尿処理施設整備の影響

2003年度   畑地型酪農地帯における飼料収穫作業委託の規範分析とコントラクタ運営の課題

2003年度   飼料生産拡大に関する酪農経営者意識

2003年度   分散型バイオガスシステムの運営実態と畑地型酪農経営に及ぼす効果-『積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト』湧別資源循環試験施設の稼働初年目実績を対象に-

2003年度   北海道酪農の経営規模階層別にみた動向予測

2002年度   東北タイ酪農の飼料構造と乾季問題

2002年度   北海道酪農における集中型バイオガスシステム導入経営の事前評価-『積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト』別海資源循環試験施設を対象に-

2002年度   飼料生産拡大に関する酪農経営者意識

2002年度   畑地型酪農経営における分散型バイオガスシステム利用の経営的効果-『積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト』湧別資源循環試験施設の稼働初年目実績を対象に-

2002年度   農業技術と経営の発展

2002年度   稼動初年目における共同利用型バイオガスプラントシステムの経済評価

2002年度   アルファルファ単播草地を利用した高品質飼料生産

2001年度   北海道酪農における集中型バイオガスシステム導入経営の事前評価-『積雪寒冷地における環境、資源循環プロジェクト』別海資源循環試験施設を対象に-

2001年度   東北タイ酪農の飼料構造と乾季問題

2001年度   草地酪農地帯における環境負荷の潜在的危険性と地域性

2001年度   畑地型酪農経営におけるアルファルファの導入条件

2001年度   草地型酪農の構造変動と開発投資

2001年度   畑地型酪農経営における集約放牧技術の導入条件

2001年度   Change in Physical Property of Oil Palm Frond (OPF) and Energy Consumption during Pellet Processing

2000年度   家族農業の新しい経営展開とその評価-北海道酪農を対象に-

2000年度   離農跡地と経営耕地の有効利用の観点から

2000年度   段階的な法人化構想(黒松内町の事例から)

2000年度   十勝酪農の地域性と川西酪農の動向

2000年度   アルファルファの導入理由とその効果

2000年度   ハンガリー酪農の大規模生産方式

2000年度   地域複合営農システムの成立条件の解明

2000年度   The Economics of Producing Oil Palm Frond Pellets: A Case Study on MARDI's Experimental Plant

2000年度   北海道酪農の到達点と限界

2000年度   酪農経営における集約放牧技術導入のための事前評価-北海道の畑地型酪農を対象にして-

2000年度   草地酪農地帯における環境負荷の潜在的危険性と地域性

2000年度   ハンガリー酪農の生産方式と飼料問題

2000年度   酪農経営の効率化による生産性向上

2000年度   食料自給率の向上と自給粗飼料の生産コスト

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ミニプラント型酪農経営の成立条件と消費者交流の効果

この記事は