近藤 始彦

所属機関名 名古屋大学
肩書き 教授
氏名 近藤 始彦
連絡先(電話番号) 052-789-4019
所在都道府県名 愛知県
見える化ID 003348
URL http://sakumotsu.wixsite.com/mysite-3
http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100008697_ja.html
カテゴリ 高温対策 水稲 施肥 品種

研究情報

2014年度   高温登熟条件における水稲玄米の背白粒発現に関わるQTLの実証

2014年度   新規耐塩性飼料用水稲系統「関東飼265号」の津波被災水田における評価

2014年度   Deep rooting conferred by DEEPER ROOTING 1 enhances rice yield in paddy fields

2014年度   Exchangeable Cs/K ratio in soil is an index to estimate accumulation of radioactive and stable Cs in rice plant

2014年度   Comparative analysis on relationship between Cs and K in soil and plant parts toward control of Cs accumulation in rice

2014年度   qEMF3, a novel QTL for the early-morning flowering trait from wild rice, Oryza officinalis, to mitigate heat stress damage at flowering in rice, O. sativa

2013年度   Detection and verification of QTLs associated with heat-induced quality decline of rice (Oryza sativa L.) using recombinant inbred lines and near isogenic lines.

2013年度   Isolation and identification of phenolic compounds accumulated in brown rice grains ripened under high air temperature

2013年度   QTL analysis of leaf photosynthesis in rice_x000D_

2013年度   Varietal Differences in Cell Wall β-(1→3),(1→4)-Glucan and Nonstructural Carbohydrate in Rice Stems during the Grain Filling Stage.

2013年度   日本在来イネ・コアコレクションの高温登熟条件下での玄米品質の品種間差

2013年度   Varietal differences in sink production and grain-filling ability in recently developed high-yielding rice (Oryza sativa L.) varieties in Japan

2012年度   水稲品種コシヒカリ/タカナリ間の正逆染色体断片置換系統群の収量性評価

2012年度   収量性の遺伝解析を目的とした水稲品種コシヒカリ/タカナリ間の正逆染色体断片置換系統群の作出

2012年度   深根性QTL Dro1がイネの乾物生産及び収量に及ぼす影響

2012年度   Comparative Mapping Suggests Repeated Selection of the Same Quantitative Trait Locus for High Leaf Photosynthesis Rate in Rice High-Yield Breeding Programs

2012年度   津波と液状化による塩害が農作物へ及ぼす影響とその低減技術 -主に稲作について

2012年度   イネの染色体断片置換系統群を用いた高温登熟に関与する新たなQTLの探索

2011年度   農業生物資源ジーンバンク由来イネコアコネクションの高温登熟性

2011年度   水稲多収品種タカナリの高個葉光合成速度に関与するQTL-GPSのマップベースクローニング

2011年度   水稲品種タカナリの高個葉光合成速度には少なくとも2つの葉身形態を制御するQTLが関与する

2011年度   Spiklet sterility of rice observed in the record hot summer of 2007 and the factors associated with its variation.

2011年度   Genotypic Variations in Non-Structural Carbohydrate and Cell-Wall Components of the Stem in Rice, Sorghum, and Sugar Cane

2011年度   The early-morning flowering trait of rice reduces spikelet sterility under windy and elevated temperature conditions at anthesis

2010年度   Soft-carbohydrate-rich rice straw: a potential raw material for bio-ethanol

2010年度   Projection of Effects of Climate Change on Rice Yield and Keys to Reduce its Uncertainties.

2010年度   Characterization of the Rice Variety with Higher Hydraulic Conductance and Identification of the Chromosome Region Responsible for the Higher Hydraulic Conductance by Using Chromosome Segment Substitution Lines.

2010年度   A novel lime pretreatment for subsequent bioethanol production from rice straw--calcium capturing by carbonation (CaCCO) process

2009年度   微気象要因と高温障害:穂温からの解析

2009年度   2007年猛暑における高温不稔調査報告

2009年度   イネの葉身SPAD値に関するQTLのファインマッピングおよびその個葉光合成への寄与

2009年度   籾数に関与するハバタキのQTLを集積したササニシキの収量性評価

2009年度   Quantitative trait loci for stomatal density and size in lowland rice.

2008年度   水稲の炭素同位体分別を制御するQTLの検出とその気孔コンダクタンスへの貢献度

2008年度   ササニシキとハバタキ由来の籾数増加QTLを導入した準同質遺伝子系統群の圃場条件における収量とその制限要因

2008年度   登熟期間の高温および日射条件が乳白粒の発生に及ぼす影響

2006年度   ササニシキ/ハバタキ染色体断片置換系統群を用いた水稲の到伏抵抗性に関与する形質の解析と遺伝子座の推定

2002年度   Effect of soil water regime on uptake of water and N and plant conductivity for water transport in upland rice

2002年度   Genotypic and environmental variation in 13C discrimination and transpiration efficiency in rice varieties.

2002年度   A root-shoot interaction model for high productivity I tropical rice.

2002年度   Stabilization of rice production under water stress in rainfed and upland culture.

2002年度   熱帯水・陸稲品種におけるDelta13C の変動に関わる品種・栽培条件要因

2002年度   Effect of genotype,soil water,and N on the variation in 13C discrimination in tropical rice varieties

2002年度   Relationship between stem sap exudation and other root characteristics in new plant type of tropical rice.

2002年度   陸稲根系の土壌層位別吸水特性―土壌乾燥後の再潅水に対する反応

2002年度   熱帯陸稲の耐干性向上を目的とした根系形成に関わる遺伝的要因と環境要因ならびに水吸収特性に関する研究

2002年度   Fate of 15N from composts and urea in the paddy soils under different long-term N management in pot experiment.

2002年度   黒ボク土水田土壌における土壌水分条件および窒素施肥法がN2O、 NO発生に及ぼす影響

2002年度   Effects of alleviation of nitrate leaching by activated carbon treated with ferric chloride in soils.

2001年度   Physical and chemical properties of Vertisols and soil nutrient management for intensive rice cultivation in the Mwea area in Kenya.

2001年度   Evaluation of nutrient and water stress on yield and nitrogen use efficiency in upland rice in Fang in Thailand and Hazaribag in India

2001年度   Response to N and P in growth and yield of upland rice in acid Ultisol in the Philippines

2001年度   Principal component analysis on morphological characteristics relating to rooting depth with varietal and nutritional variation.

2001年度   乾田直播水稲における湛水が窒素吸収に及ぼす影響

2001年度   Dynamics of available nitrogen in soil and nitrogen uptake by rice in upland fields in the Philippines

2001年度   Morphology of root system as affected by N supply conditions and QTL analysis in a double-haploid rice population

2001年度   Improvement of upland rice production through particular attention to root system development. Proceedings The 6th Symposium of the international society of root research

2000年度   Characteristics of root growth and water uptake from soil in upland rice and maize under water stress.

2000年度   Anatomy of nodal roots in tropical upland and lowland rice varieties.

2000年度   熱帯アジアの陸稲における根研究と根改良の試み

2000年度   熱帯アジアの陸稲栽培の現状と展望

2000年度   Evaluation of nutrient stress on productivity of upland rice in tropical Asia

2000年度   Physico-chemical properties of paddy soils and utilization for rice cultivation in Mwea Irrigation Scheme in Kenya

2000年度   Seedling Establishment as Affected by Tillage Intensity, Water Control, and Soil Reduction and Effect of Planting Method on Growth Characteristics in Direct-Seeded Rice

2000年度   陸稲の生産性と根研究―主にIRRIにおける耐干性に関わる根研究について

2000年度   水不足に弱い陸稲の特性を改善する

2000年度   根分布からみた熱帯アジアの陸稲の水ストレス高感受性

2000年度   平成11年度研究成果水田部門

2000年度   Crop and resource management for improved productivity in dryland farming system

2000年度   Effect of indigo and maize as nitrogen catch crops on root growth and nitrogen use in rice in rainfed lowland ecosystems in northern Philippines

2000年度   Characteristics of the root system and water uptake in upland rice.

2000年度   Evaluation of nutrient stress on productivity of upland rice in tropical Asia

2000年度   Upland rice root system and nutrient effects on its development

2000年度   Effect of tillage intensity and water control on seedling establishment in direct seeded rice

2000年度   Characteristics of yield determination and N uptake in direct seeded rice as affected by planting methods

2018年度   水稲の登熟期におけるセシウムの体内分配動態とカリ施肥の影響

2017年度   水稲のシンク容量増大に関与するアリルは高CO2濃度で収量を顕著に増加させる

2016年度   水田水温を利用した発育モデルによる水稲出穂予測の精度向上

2014年度   開花時高温不稔の回避に有効なイネ近縁野生種由来早朝開花性QTL

2014年度   登熟期間中のイネ茎部β-(1→3),(1→4)-グルカンの減少

2014年度   水稲のセシウム吸収・蓄積は土壌交換性セシウム/カリウム比と関係が高い

2013年度   多収イネ品種の高い光合成速度に貢献する遺伝子を特定

2013年度   水稲多収品種「タカナリ」の高光合成能に関与するQTL-GPSの遺伝子単離

2013年度   水稲登熟期の高温ストレスにより玄米において蓄積が増加するフェノール性化合物

2013年度   飼料用イネのセシウム濃度の品種間差

2013年度   「ふくひびき」利用による飼料用イネ地上部放射性セシウム濃度の低減効果

2010年度   インド型水稲品種の高い個葉光合成能に関与するQTL

2010年度   野生稲Oryza officinalisの早朝開花性を利用した開花時高温不稔の回避

2010年度   イネ科作物の茎部成分変異と糖化効率の関係

2009年度   稲わら原料特性に対応したバイオエタノール製造のための前処理技術「CaCCO法」

2009年度   登熟期の高温によるイネ穎果の水分分布の変化

2008年度   易分解性糖質を蓄積する稲わら稈部の並行複発酵によるバイオエタノール生産

2008年度   2007年夏季異常高温下での水稲不稔率の増加を確認

2008年度   水田からのメタン放出に対する大気二酸化炭素濃度と夜温上昇との相互作用

2007年度   イネ登熟粒の微細組織遺伝子発現解析のための組織単離手法

2007年度   高でん粉蓄積稲わらの糖化技術

2006年度   水稲作況標本地点における乳白粒と基部未熟粒発生の気象要因

2005年度   米の食味に関わるアルカリ崩壊性を判定するSNPsマーカー

2005年度   米の食味に関わるアルカリ崩壊性を判定するSNPsマーカー

2003年度   田畑輪換の繰り返しは転作大豆の生産力を低下させる

2003年度   田畑輪換の繰り返しは転作大豆の生産力を低下させる

2003年度   田畑輪換の繰り返しは転作大豆の生産力を低下させる

2002年度   硫酸根を含む肥料の施用が転換畑ダイズのカドミウム濃度に及ぼす影響

2002年度   畑化後の年数がダイズ子実のカドミウム濃度に及ぼす影響

2005-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   高生産性稲の開発のための炭素・酸素同位体比の利用

この記事は