谷尾 昌彦

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 谷尾 昌彦
連絡先(電話番号) 050-3732-6450
所在都道府県名 三重県
見える化ID 000327
URL https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsfwr/47/3/47_107/_article/-char/ja/
https://ses.library.usyd.edu.au/handle/2123/3221
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbbs/57/1/57_1_65/_article
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbbs/56/3/56_3_311/_article
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbbs/55/3/55_3_327/_article
http://ci.nii.ac.jp/naid/40004689415
http://ci.nii.ac.jp/naid/40004483561
カテゴリ 安定栽培技術 安定多収技術 育種 小麦 栽培技術 植物生理 水稲 大豆 品種 輪作体系

研究情報

2014年度   小明渠浅耕播種機における鎮圧播種効果

2013年度   オオムギ縞萎縮病抵抗性を有し、稈の折損が発生しにくい麦茶用六条オオムギ新品種「カシマゴール」の育成

2012年度   Pseudostem length as an indicator of the start of internode elongation in wheat (Triticum aestivum)

2012年度   小麦新品種「みのりのちから」

2011年度   超強力秋まき小麦新品種「ゆめちから」の育成

2008年度   小麦粉のポリフェノールオキシダーゼ活性の簡易評価法の開発

2007年度   ふくほのか

2007年度   小麦粉のポリフェノールオキシダーゼ活性の簡易評価法の開発

2005年度   小麦農林164号

2005年度   製粉性とめんの食感が優れる早生多収小麦新品種「ふくほのか」

2005年度   ふくほのか

2004年度   製麺適性の優れる早生・短稈小麦新品種「ふくさやか」の育成

2004年度   六条大麦新品種「さやかぜ」の育成

2003年度   さやかぜ

2002年度   ふくさやか

2002年度   石垣島の亜熱帯気候による穂長の変異が稲の世代促進集団の遺伝的組成に及ぼす影響の推定

2001年度   小麦の種子休眠性における種子発育段階に依存する遺伝的要因

2001年度   Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation of sugarcane using cell suspension culture with a novel method

2000年度   Effect of male sterile cytoplasm on disease resistance in barley.

2000年度   アグロバクテリウムを用いた植物形質転換法

2000年度   サトウキビ属植物Saccharum eduleの石垣島における食用花序の形成

2000年度   サトウキビ液体振とう培養細胞のアグロバクテリウムによる形質転換

2000年度   亜熱帯気候における小麦の出穂早晩性

2016年度   生育後期重点施肥によるコムギの収量性の向上とその乾物生産過程

2016年度   東海において秋播性小麦品種「さとのそら」の早播栽培は凍霜害の危険性が低い

2015年度   小麦栽培における節間伸長開始期の指標としての偽茎長

2012年度   小明渠浅耕播種機を用いて生産費を43%削減する2年3作輪作体系

2010年度   ロータリシーダを簡単に小明渠浅耕播種機に改造できる作溝・畦成形ユニット

2010年度   オオムギ縞萎縮病抵抗性で中折れしにくい麦茶用六条大麦新品種「カシマゴール」

2009年度   小明渠浅耕播種機を用いた大豆狭畦無中耕無培土栽培における灌漑特性

2009年度   製粉によって小麦粉とふすまに配分されるデオキシニバレノールの濃度

2008年度   鎮圧ローラを装着した小明渠浅耕播種機による乾燥条件での大豆苗立ち安定

2008年度   コムギ縞萎縮病抵抗性で、ブレンド適性に優れる超強力秋まき小麦「北海261号」

2007年度   製パン適性をもつ温暖地向け硬質小麦新品種「ユメシホウ」

2005年度   製粉性とめんの食感が優れる早生多収小麦新品種「ふくほのか」

2005年度   沖縄の秋播栽培と北海道の春播栽培を組合せた小麦世代促進の早生化効果

2004年度   出穂特性の異なる小麦 8 品種が持つ Vrn および Ppd 遺伝子

2004年度   イネ雑種集団内の穂いもち圃場抵抗性弱個体を淘汰する世代促進技術

2003年度   倒伏に強くオオムギ縞萎縮病抵抗性の大麦新品種「さやかぜ」

2002年度   超音波処理はアグロバクテリウムの除菌に有効である〔研究〕

2002年度   製麺適性の優れる小麦新品種「ふくさやか」

2001年度   温暖地中山間地域向け小麦新品種「中国143号」

この記事は