古藤田信博

所属機関名 国立大学法人 佐賀大学
肩書き 准教授
氏名 古藤田信博
連絡先(電話番号) 0952-28-8744
所在都道府県名 佐賀県
見える化ID 003236
URL http://fruit.ag.saga-u.ac.jp/HP_kaju1/index.html
カテゴリ 機能性 品種 りんご その他のかんきつ

研究情報

2013年度   Application of an Analog of 9, 10-ketol-octadecadienoic acid (KODA), Affected Flower Bud Formation and MdTFL1 and MdFT1 Gene Expressions in Apple Buds under Heavy-crop and Shade Conditions.

2013年度   リンゴの半わい性台木および極わい性台木の新品種‘JM2’,‘JM5’

2013年度   リンゴ新品種‘さんたろう’

2012年度   リンゴ新品種‘こうたろう’

2012年度   Mode of inheritance in fruit acidity in apple analysed with a mixed model of a major gene and polygenes using large complex pedigree

2012年度   カンキツゲノムCGHアレイを利用した温州ミカンの不安定な変異系統とその原系統間での多型性の評価

2011年度   Aligned genetic linkage maps of apple rootstock cultivar ‘JM7’ and Malus sieboldii ‘Sanashi 63’ constructed with novel EST-SSRs

2011年度   Apple FLOWERING LOCUS T proteins interact with transcription factors implicated in cell growth and organ development

2011年度   リンゴ新品種‘きたろう’

2011年度   リンゴ新品種‘ちなつ’

2011年度   Data Mining of Citrus Expression Sequence Data Sets and Application for Functional Genomic Study

2011年度   Data Mining of Citrus Expression Sequence Data Sets and Application for Functional Genomic Study

2010年度   Molecular characterization of FLOWERING LOCUS T-like genes of apple (Malus x domestica Borkh.).リンゴFLOWERING LOCUS T様遺伝子の分子生物学的解析

2010年度   リンゴの根頭がんしゅ病抵抗性遺伝子に強く連鎖するDNAマーカー

2010年度   Effects of fruit load, shading, and 9, 10-ketol-octadecadienoic acid (KODA) application on MdTFL1 and MdFT1 genes in apple buds.

2010年度   Apple S locus region represents a large cluster of related, polymorphic and pollen-specific F-box genes.

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2009年度   リンゴカラムナー性のDNAマーカー選抜法

2007年度   Constitutive expression of two apple (Malus × domestica Borkh.) homolog genes of LIKE HETEROCHROMATIN PROTEIN1 affects flowering time and whole-plant growth in transgenic Arabidopsis.

2007年度   The FLOWERING LOCUS T/TERMINAL FLOWER 1 Family in Lombardy Poplar

2007年度   おぜの紅

2007年度   The FLOWERING LOCUS T/TERMINAL FLOWER 1 family in Lombardy poplar.(ポプラのFLOWERING LOCUS T/TERMINAL FLOWER 1遺伝子ファミリー)

2006年度   リンゴMdTFL1遺伝子を導入したセイヨウナシの早期開花性

2006年度   セイヨウナシの花および果実で発現するMADS-box遺伝子のクローニング 第2報

2006年度   早期開花性セイヨウナシの育種研究への応用

2006年度   花成制御遺伝子CiFT導入セイヨウナシの閉鎖系温室における開花・結実

2005年度   リンゴ台木におけるザルコトキシン遺伝子導入形質転換体の作出

2002年度   リンゴにおける晩霜害の品種間差異に関する2,3の考察.

2002年度   リンゴの半数体倍化個体作出におけるコルヒチンの効果

2002年度   カラムナータイプリンゴ実生における果梗の長さの変異

2002年度   リンゴJM系わい性台木の挿し木結果に及ぼす各種要因の検討

2002年度   APETALA1(AP1)遺伝子を導入した形質転換リンゴの早期開花性.

2002年度   リンゴ‘ふじ’着色系統の特性

2002年度   リンゴふじ着色系統の特性

2001年度   シロイヌナズナAPETALA1(AP1)を導入した形質転換リンゴの発現解析

2001年度   The function analysis of MdMADS5 and MdTFL, apple homologues of APETALA1 and TERMINAL FLOWER1, in transgenic Arabidopsis

2001年度   リンゴAFL1, AFL2遺伝子構造の解析

2001年度   リンゴ・ナシ雑種の利用による複合耐病性リンゴ育種技術の開発 第1報 交雑実生群におけるリンゴ黒星病抵抗性個体の選抜

2001年度   リンゴ・ナシ雑種の利用による複合耐病性リンゴ育種技術の開発 第2報 フローサイトメトリーによるリンゴ・ナシの雑種性の簡易判別法

2001年度   濃赤色に着色し、酸味のある中生のリンゴ新品種‘さんたろう’の育成

2001年度   交雑世代毎のS対立遺伝子出現頻度から推定したリンゴ交雑不和合組合せ増加の原因

2001年度   リンゴ栽培品種の室内接種試験における腐らん病耐性の評価

2001年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの解析

2000年度   JM2

2000年度   JM5

2000年度   きたろう

2000年度   リンゴ腐らん病抵抗性の品種・系統間差異.

2000年度   戻し交雑実生群を用いたリンゴ数品種のS遺伝子型の解析

2000年度   リンゴにおける腐らん病およびうどんこ病抵抗性の遺伝

2000年度   ‘あかね’,‘きたかみ’,‘祝’ ,‘旭’等のS遺伝子型解析

2000年度   ‘旭’,‘きたかみ’,‘Worcester Pearmain’等のS遺伝子型解析

2000年度   Analyses of s-allele genotypes and genetic divesity in the apple.

2000年度   リンゴ品種“国光”“金星”,“レッドゴールド”等のS遺伝子型の再解析

2000年度   Expression pattern of homologues of floral meristem identity genes LFY and API during flower development in apple

2000年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの作出

2000年度   アラビドプシスTFL1に相同な配列を有するリンゴMdTFLの単離と発現解析

2000年度   Recent progress of apple breeding at the Apple Research Center in Morioka

2000年度   食味の良い極早生リンゴの新品種‘ちなつ’の育成

2000年度   着色・食味の良いリンゴ新品種‘こうたろう’の育成

2000年度   新品種の栽培技術-リンゴ「こうたろう」

2000年度   新品種の栽培技術-リンゴ・ちなつ

2000年度   リンゴAFL1, AFL2遺伝子の機能解析

2000年度   リンゴAFL1, AFL2の発現及び機能解析

2000年度   リンゴの花芽形成期におけるLFY, AP1相同遺伝子(AFL, MdAP1)の発現様式

2000年度   Expression pattern of apple homologues of floral meristem identity genes LFY and AP1 during flower development in apple.

2000年度   アラビドプシスTFL1に相同な配列を有するMdTFLの単離と発現解析

2000年度   Expression pattern of homologues of floral meristem identity genes LFY and AP1 during flower development in apple

2000年度   リンゴMdAP1を導入した形質転換シロイヌナズナの早期開花性

2000年度   リンゴ品種‘国光’,‘金星’,‘レッドゴールド’等のS遺伝子型の再解析

2000年度   リンゴ果皮におけるアントシアニン合成系酵素遺伝子の発現解析

2000年度   Recent progress of apple breeding at the Apple Research Center in Morioka

2017年度   果皮が着色しやすく日持ちが良い早生のリンゴ新品種「紅みのり」(べにみのり)

2017年度   甘く多汁で食味が良く着色しやすい中生のリンゴ新品種「錦秋」(きんしゅう)

2016年度   ウンシュウミカンには発現特性の異なる3種のGA2酸化酵素遺伝子が存在する

2015年度   ウンシュウミカンの2種類のGA20酸化酵素遺伝子は異なる発現特性を示す

2013年度   果肉が赤く食味の良い生食・加工用リンゴ新品種「ルビースイート」

2013年度   果肉が桃色で加工から生食まで幅広く利用できるリンゴ新品種「ローズパール」

2012年度   リンゴ全ゲノムをカバーする台木および野生種の連鎖地図

2010年度   リンゴの根頭がんしゅ病抵抗性遺伝子に強く連鎖するDNAマーカー

2010年度   リンゴの斑点落葉病と黒星病に対する複合抵抗性育種に有用な育種母本

2010年度   ミツバカイドウに認められる腐らん病抵抗性と育種素材としての有用性

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2009年度   リンゴカラムナー性のDNAマーカー選抜法

2008年度   20℃で貯蔵することによりリンゴ果実の冷蔵における貯蔵性を短期間で評価できる

2008年度   リンゴの収穫後の軟化程度は粉質化の発生と果肉膨圧の減少程度により決まる

2008年度   リンゴ台木における根頭がんしゅ病の抵抗性検定法確立と育種素材評価

2007年度   リンゴにおける収穫後の果実軟化の遺伝

2007年度   着色良好で栽培しやすく、食味の良いリンゴ早生品種「おぜの紅(くれない)(仮称)」

2002年度   日本で育成された果樹品種情報の提供

2002年度   花芽形成に関連した遺伝子の組換えによる早期開花性リンゴの作出

2002年度   リンゴ花芽形成遺伝子AFL1、AFL2単離と機能解明

2002年度   花芽形成関連遺伝子を利用した早期開花性リンゴの作出

2002年度   リンゴ花芽形成遺伝子AFL1、AFL2の機能解明

2000年度   リンゴ花芽形成遺伝子 MdAP1シロイヌナズナへの導入による早期開花性の確認

2000年度   リンゴMDAPIを導入したシロイヌナズナの早期開花性

1999年度   濃赤色に着色し、酸味のある中生のリンゴ新品種「さんたろう」

1998年度   花芽形成に関与するリンゴ AFL 遺伝子の単離と発現

1997年度   極早生・良食味のリンゴ新品種候補「リンゴ盛岡49号」

1997年度   外観・食味が優れた中生のリンゴ新品種候補「リンゴ盛岡56号」

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   果樹類の花成タンパク質ネットワーク

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物ホルモン動態解明に基づくカンキツ単為結果性発現の分子機構

2008-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   配偶体型自家不和合性の分子機構・起源・多様性の解析

2003-2007年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   果樹等における花成制御技術の開発

この記事は