関崎 勉

所属機関名 東京大学
肩書き 教授
氏名 関崎 勉
連絡先(電話番号) 03-5841-0916
所在都道府県名 東京都
見える化ID 003211
URL http://www.frc.a.u-tokyo.ac.jp/research/theme/risk.html
カテゴリ 飼育技術 肉牛 乳牛

研究情報

2014年度   Capsule loss or death: The position of mutations among capsule genes sways the destiny of Streptococcus suis

2013年度   Development of a two-step multiplex PCR assay for typing of capsular polysaccharide synthesis gene clusters of Streptococcus suis

2012年度   Genetic Analysis of Capsular Polysaccharide Synthesis Gene Clusters from All Serotypes of Streptococcus suis: Potential Mechanisms for the Generation of Capsular Variation

2011年度   Lineage and Virulence of Streptococcus suis Serotype 2 Isolates from North America

2011年度   Loss of capsule among Streptococcus suis isolates from porcine endocarditis and its biological significance

2009年度   動物に潜在する病原レンサ球菌について

2009年度   豚レンサ球菌の多様性と病原性に関する解析

2009年度   豚レンサ球菌感染症

2007年度   Streptococcus suis in humans, Thailand.

2007年度   Endocarditis in chickens caused by subclinical infection of Streptococcus gallolyticus subsp. gallolyticus.

2006年度   豚胸膜肺炎菌の感染防御抗原及びその遺伝子を利用した型別について

2002年度   豚丹毒菌のバイオフィルム形成に関わる遺伝子産物の生物学的機能の解析

2002年度   豚丹毒菌の新規表層蛋白をコードする遺伝子の構造

2002年度   豚レンサ球菌におけるsly遺伝子領域の水平伝播について

2002年度   Streptococcus suisのcell-wall sorting systemに必要な遺伝子の同定

2002年度   制限修飾遺伝子SsuDAT1IのStreptococcus suis染色体への転移

2002年度   Sortase遺伝子及びsortase-like遺伝子のStreptococcus suis株間におけるdifferential distribution

2002年度   Streptococcus suis srtA遺伝子にみられたevolutionary divergence

2001年度   Streptococcus suis sly保有株及び非保有株の当該遺伝子領域の比較

2001年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白の遺伝子クローニングと構造解析

2001年度   異なる血清型のStreptococcus suis株間に保存された制限修飾遺伝子について

2001年度   Streptococcus suisにおけるsly遺伝子の水平伝播の可能性について

2001年度   ブタ由来レンサ球菌におけるsortaseホモログ蛋白の遺伝子解析

2001年度   Streptococcus suis株間での制限修飾遺伝子の水平伝播の可能性

2001年度   Streptococcus suis用温度感受性suicide vectorの作製とその応用について

2001年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白質の菌表層提示に必要な遺伝子について

2001年度   主要研究成果(参考): 制限修飾系SsuDAT1Iの菌種内での水平伝播と進化による多様化

2001年度   制限修飾系SsuDAT1Iの特異な遺伝子構造とその株間での保存

2001年度   Streptococcus suis野外株に見られたクロラムフェニコール耐性遺伝子について

2001年度   Streptococcus suis NCTC10234株に見られた5つのsortase-like遺伝子について

2001年度   豚レンサ球菌用温度感受性ベクターの作製とsly遺伝子の破壊

2001年度   Streptococcus suis細胞壁蛋白の表層提示に必要な遺伝子の同定

2001年度   Streptococcus suisゲノムへの制限修飾遺伝子組み込みのin vitroでの再現

2000年度   馬伝染性子宮炎PCR診断法の開発

2000年度   制限修飾系SsuDAT1I遺伝子のStreptococcus suisゲノムへの水平伝播の証拠

2000年度   Streptococcus suis-Escherichia coliシャトルベクターの作製と性状解析

2000年度   Streptococcus suisの制限修飾遺伝子領域の構造について

2000年度   Streptococcus suis-Escherichia coli shuttle vectorの作製

2000年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白の調整と解析

2000年度   Streptococcus suisの制限修飾系SsuI遺伝子とその周辺領域の全塩基配列

2000年度   Streptococcus suis-Escherichia coli shuttle vectorの作製とplasmid維持に対する宿主RecA蛋白質の影響

2000年度   Streptococcus suis細胞壁関連蛋白の2次元電気泳動解析と遺伝子単離

2000年度   ストレプトコッカス・スイス細胞壁関連蛋白質の調整と遺伝子クローニング

2000年度   ロドコッカス・エクイ病原性プラスミドpREAT701の全塩基配列

2000年度   Rhodococcus equi ATCC33701株と103株の病原プラスミドのDNA塩基配列と比較

2000年度   細菌,ウイルス等の遺伝子診断の利用価値

2000年度   A small cryptic plasmid from Ruminobacter amylophilus NIAH-3 possesses functional mobilization properties.

2000年度   Development of a PCR test for rapid diagnosis of contagious equine metritis.

2000年度   Genetic and biochemical properties of a hemolysin (pyolysin) produced by a swine isolate of Arcanobacterium (Actinomyces) pyogenes.

2000年度   Sterptococcus suisにおけるplasmid複製に必要なRepBの新たなモチーフについて

2000年度   Streptococcus suisの制限修飾系について

2000年度   Streptococcus suisのdamメチラーゼと制限酵素について

2000年度   Sequence analysis of a small cryptic plasmid isolated from Streptococcus suis serotype 2.

2000年度   Cloning and characterrization of the gene encoding O-acetylserine lyase from Streptococcus suis.

2000年度   Rhodococcus equi病原性プラスミドpREAT701の全DNA塩基配列の決定

2017年度   豚レンサ球菌は遺伝的系統により特徴的なDNA侵入防御機構遺伝子を有する

2016年度   豚レンサ球菌の莢膜欠失弱毒株は動物体内で莢膜を発現し、強毒化しうる

2014年度   豚レンサ球菌の血清型を推定できる遺伝子タイピング法の開発

2013年度   豚レンサ球菌全35血清型の莢膜多糖合成関連遺伝子群の同定

2011年度   莢膜欠損が豚心内膜炎からの血清型別不能豚レンサ球菌株分離頻度に影響する

2010年度   豚レンサ球菌強毒株菌体表層に形成されるSrtG線毛の証明とその組立て機構

2009年度   線毛関連遺伝子のプロファイリングによるStreptococcus suis強毒株の識別

2008年度   1型血清白濁化因子がStreptococcus suis強毒株集団により強い病原性を付与している可能性がある

2007年度   鶏の新興感染症であるStreptococcus gallolyticus subsp. gallolyticus 感染症の我が国での発生確認

2007年度   黄色ブドウ球菌のバルク乳由来株はヒト由来株と異なる遺伝学的背景を示す

2006年度   新たに牛から分離されたFacklamia sourekii性状

2006年度   Streptococcus gordonii接着因子GspBおよびHsaの宿主組織への結合特異性

2005年度   心内膜炎原因菌Streptococcus gordoniiの宿主血小板への接着に必要な遺伝子領域の機能

2004年度   Streptococcus suis が外来遺伝子をゲノムへ組み込むメカニズム

2003年度   Streptococcus suisのクロラムフェニコール耐性トランスポゾンTnSs1

2003年度   Streptococcus suis srtA遺伝子の多様性

2002年度   Streptococcus suis溶血素遺伝子領域が水平伝播した証拠

2001年度   Streptococcus suis遺伝子ノックアウト用温度感受性ベクターの構築

2001年度   制限修飾系SsuDAT1Iの菌種内での水平伝播と進化による多様化

2001年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白質の表層提示に関与する遺伝子の同定

1993年度   魚類ビブリオ病起因Vibrio anguillarumのDNAプローブ法による迅速同定技術の開発

1993年度   豚丹毒菌藤沢株からのノイラミニダーゼ産生遺伝子のクローニングと大腸菌での発現

2015-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   豚レンサ球菌症発症要因解析のための豚口腔内微生物動態解析

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カンピロバクター食肉汚染防除のための鶏腸管・環境メタゲノム解析

2016-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   豚レンサ球菌のオートファジー誘導と回避での有莢膜菌及び無莢膜菌の協働に関する解析

2014-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   豚レンサ球菌無莢膜株と有莢膜株の協調による病原性発現機構の解明

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   豚レンサ球菌の莢膜欠失による異なる病原性発現機構の解析

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   豚レンサ球菌ゲノムの網羅的比較による新規病原マーカー遺伝子の探索

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   豚レンサ球菌の調節系遺伝子欠損株を用いたワクチン候補の開発

2000-2003年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   食細胞内での細菌の生き残り戦略:ロドコッカス・エクイ病原性プラスミドの機構解析

1998-1999年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ロドコッカス・エクイ病原性プラスミドの全塩基配列の決定

この記事は