三浦 重典

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 三浦 重典
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000314
URL http://www.naro.affrc.go.jp/narc/contents/organic_pro/
https://ml-wiki.sys.affrc.go.jp/Organic-Pro/
http://researchmap.jp/read0005875/
カテゴリ 栽培技術 雑草 水稲 大豆

研究情報

2014年度   機械除草と米ぬか散布等を組み合わせた水稲有機栽培体系の抑草効果と収量性

2014年度   機械除草と米ぬか散布を組み合わせた水稲有機栽培体系の抑草効果と収量性

2014年度   3輪式乗用管理機にミッドマウント式で搭載する高能率水田用除草装置

2014年度   黒ボク土壌における耕うん方法とカバークロップ利用別の土壌の炭素貯留量の予測へのRothC改良モデルの適用

2014年度   Tillage and cover crop species affect soil organic carbon in Andsol, Kanto, Japan

2012年度   シロザ,オオイヌタデ,アメリカセンダングサ種子の発芽特性に及ぼす短期湛水処理の影響

2012年度   帰化アサガオ類5種の種子の低温乾燥保存における硬実性の変化

2012年度   シロザ,オオイヌタデ,アメリカセンダングサ種子の発芽特性に及ぼす短期湛水処理の影響

2012年度   Significance of litter layer in enhancing mesofaunal abundance and microbial biomass nitrogen in sweet corn-white clover living mulch system

2011年度   草生栽培に用いるオオナギナタガヤおよびナギナタガヤの出穂性と発芽特性

2011年度   リモートセンシングにおける多時期,多センサの画像データを使用した作物生育解析手法の開発 -コムギ生育診断での試み-

2011年度   リモートセンシングにおける多時期,多センサの画像データを使用した作物生育解析手法の開発-コムギ生育診断での試み-

2009年度   環境保全型雑草防除体系の収益性と環境影響に関する評価-リビングマルチを用いた大豆栽培技術を対象にして-

2009年度   リビングマルチを利用した畑作物生産に関する栽培学的研究

2008年度   大豆のリビングマルチ栽培に利用するムギ類の品種と雑草抑制効果との関係

2008年度   帰化アサガオ5種の発芽における温度反応性の種間差

2008年度   オオムギ葉身の低温順化による褐色雪腐病抵抗性とフェニルアラニンアンモニアリアーゼ活性,フェノール,リグニン及び糖含量の変動

2008年度   環境保全型雑草防除体系の収益性と環境影響に関する評価-リビングマルチを用いた大豆栽培技術を対象にして-

2007年度   浅耕栽培と施肥法または異なる作付体系の組合せがダイズシストセンチュウ(Heterodera glycines)の卵密度推移とダイズの生育に及ぼす影響

2007年度   カバークロップを利用した雑草防除

2007年度   オオムギの褐色雪腐病抵抗性に及ぼす低温順化処理条件の影響

2007年度   オオムギの葉身における褐色雪腐病抵抗性に及ぼす植物ホルモン散布処理の影響

2005年度   東北地域における秋播き性オオムギを利用したダイズのリビングマルチ栽培

2004年度   根系の深さが異なるコムギ実験系統群の過湿な水田圃場における生育と収量

2004年度   シロクローバを利用したスィ-トコーンのリビングマルチ栽培体系における窒素フローの推定

2004年度   ダイズ-オオムギリビングマルチ栽培体系における雑草抑制効果

2003年度   葉齢の増加に伴うオオムギの耐雪性の変化

2003年度   オオムギをリビングマルチとして利用したダイズ栽培

2003年度   東北地方のコムギ新品種の収量と粗タンパク含量に及ぼす窒素追肥の影響

2003年度   不耕起大豆作におけるメヒシバの出芽におよぼす前作オオムギの土壌表面被覆

2002年度   不耕起畑における主要イネ科一年生夏雑草の出芽深度

2002年度   葉身を用いた麦類の褐色雪腐病に対する拡大抵抗性測定法

2002年度   シロクローバを用いたスィートコーンのリビングマルチ栽培における窒素フローの推定

2002年度   南東北のコムギ新品種の穂発芽特性

2002年度   緑肥作物をリビングマルチとして利用した場合のダイズ収量と雑草抑制効果

2002年度   不耕起大豆作での冬作緑肥導入による夏生一年生雑草の防除

2001年度   マメ科牧草リビングマルチ条件下で栽培したスィートコーンの生育及び収量

2001年度   東北地方のコムギ新品種「きぬあずま」と「ネバリゴシ」の根系の特徴

2001年度   シロクローバを用いたスィートコーンのリビングマルチ栽培における窒素溶脱量及び窒素固定量の推定

2000年度   サーモグラフィーを利用したキャベツ根こぶ病の発病程度の推定

2000年度   畑地における「野菜-ソバ」の1年2作体系

2000年度   火山灰土壌におけるダイズ連作障害の様相

2000年度   ハクサイ根こぶ病の発病に及ぼす作付体系の影響

2000年度   播種時期の違いがリビングマルチ栽培したスィートコーンの生育に及ぼす影響

2000年度   リビングマルチを利用した省除草剤野菜栽培技術

2000年度   シロクローバのリビングマルチ下で栽培したナスの収量

2000年度   低温順化の条件がオオムギ葉身の雪腐病抵抗性に及ぼす影響

2000年度   小麦登熟期の水分とαアミラーゼ活性の変化

2000年度   マメ科牧草リビングマルチを利用したスィートコーンの省除草剤栽培

2000年度   ポットで混作したスィートコーンと数種のマメ科牧草との競合

2018年度   雑草イネ・漏生イネ防除技術マニュアル

2018年度   イネツトムシに有効なBT水和剤の散布時期および残効期間

2016年度   米ぬか施用による土壌の物理・化学性の変化がコナギの生育を抑制する

2015年度   関東地域のダイズ有機栽培には「フクユタカ」の7月上~中旬播種が適している

2015年度   機械除草技術を中心とした「水稲有機栽培技術マニュアル」

2014年度   3輪式乗用管理機にミッドマウント式で搭載する高能率水田用除草装置

2014年度   高精度水田用除草機と米ぬか散布を中核技術とする水稲の有機栽培体系

2012年度   数種畑雑草種子の発芽は短期湛水処理により斉一化する

2012年度   米ぬか施用によるコナギ抑草効果に及ぼす土壌、施用量および作期の影響

2011年度   帰化アサガオ類の圃場への侵入を防止するための圃場周辺管理技術

2011年度   水田輪作ダイズ圃場の発生前歴に基づくGISを用いた雑草発生危険度予測

2011年度   草生栽培に用いるオオナギナタガヤおよびナギナタガヤの出穂性と発芽特性

2010年度   カバークロップの導入を支援するデータベース検索システム

2010年度   ポリマルチ畦間に大麦リビングマルチを利用するサツマイモの無除草剤栽培法

2010年度   冬期湛水と水稲栽培の組み合わせによる一年生夏畑雑草6種の埋土種子の死滅割合

2010年度   ヘアリーベッチ栽培と湛水処理による夏作畑雑草の埋土種子量低減と発生抑制

2009年度   温暖地での帰化アサガオ類の出芽開花結実時期に基づく圃場周辺の要防除時期

2009年度   乗用型水田除草機と米ぬか散布を組み合わせた水田内除草技術

2008年度   大豆狭畦栽培で大麦によるリビングマルチは広葉雑草の密度と生育を抑制する

2008年度   夏期までの雑草抑制に有効なカバークロップの生育量

2006年度   大麦によるリビングマルチと狭畦密植栽培を組み合わせた大豆の雑草防除技術

2005年度   不耕起大豆栽培におけるカバークロップとしての冬作大麦の雑草抑制効果

2005年度   浅耕栽培はダイズシストセンチュウの卵密度を抑える

2005年度   カバークロップによって休耕田、遊休水田を管理する

2004年度   大豆を不耕起栽培すると一年生イネ科雑草の優占度が高まる

2004年度   大豆を不耕起栽培すると一年生イネ科雑草の優占度が高まる

2003年度   畑地における農業集落排水汚泥の窒素肥料としての有効利用

2003年度   畑地における農業集落排水汚泥の窒素肥料としての有効利用

2003年度   耐湿性研究に有用な根系の深さの異なる小麦実験系統群の作出

2003年度   耐質性研究に有用な根系の深さの異なる小麦実験系統郡の作出

2002年度   シロクローバリビングマルチを用いたスイートコーン栽培における窒素減肥効果

2002年度   大麦をリビングマルチとして利用した大豆の無中耕栽培

2001年度   寒冷地における不耕起畑雑草植生の特徴

2000年度   マメ科牧草リビングマルチを利用したスイートコーンの無除草剤栽培

2013-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   機械除草技術を中核とした水稲有機栽培システムの確立と実用化

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   土壌炭素貯留を飛躍的に向上させる脱温暖化農作業システムの開発・評価

この記事は