菊地 直

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 菊地 直
連絡先(電話番号) 029-838-6669
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000031
URL
カテゴリ 育苗 キャベツ 栽培技術 施肥 播種 ほうれんそう

研究情報

2013年度   ニンジンおよびレタス類の品種別カドミウム濃度の相対的序列推定

2011年度   ホウレンソウ可食部のカドミウム濃度に及ぼす有機質資材施用の影響

2010年度   キャベツ夏まき年内どり栽培におけるペレット堆肥局所施用の効果

2009年度   ホウレンソウ類のカドミウム吸収に関わる品種間差の生育条件による変動とそれに基づく吸収程度の相対的序列の推定

2008年度   トマト幼苗の施肥窒素に対する生育反応および窒素利用における品種特性の解析

2005年度   野菜のカドミウム濃度に対するカドミウム吸収抑制技術の効果

2002年度   NaCl施用によるキャベツセル成型苗の徒長抑制・順化効果

2002年度   施肥位置と肥料形態がキャベツの根系分布、窒素吸収および窒素動態に及ぼす影響

2002年度   肥料切り処理前の施肥前歴がキャベツセル成型苗の苗質に及ぼす影響

2002年度   家畜ふんペレットおよび被覆肥料の施用位置がキャベツの根系分布と施肥窒素の動態に及ぼす影響

2002年度   土壌中におけるE.coli O157の挙動ーその3ー

2001年度   Comparison of response of the nitrate between two tomato cultivars

2001年度   土壌中におけるE. coli O157の挙動

2001年度   家畜ふんペレットおよび被覆肥料の施用位置がキャベツの根系分布と施肥窒素の動態に及ぼす影響

2001年度   底面給水法による追肥管理時の液肥濃度がキャベツセル成型苗の苗質に及ぼす影響

2000年度   Calcium uptake and resistance to bacterial wilt of mutually grafted tomato seedlings,

2000年度   Effect of calcium concentration in nutrient solution on development of bacterial wilt and population of its pathogen Ralstonia solanacearum in grafted tomato seedlings,

2000年度   野菜栽培条件下のライシメータ土壌に添加した大腸菌O157の動態

2000年度   土壌中におけるE. coli O157の挙動

2000年度   低養分環境における野菜の生育特性の品種間差異

2000年度   ぼかし肥料の施用がトマト幼植物の青枯病の発病に及ぼす影響

2000年度   被覆カルシウム資材の施用がトマト幼植物の青枯病の発病に及ぼす影響

2000年度   Effect of calcium concentration in nutrient solution before and after inoculation with Ralstonia solanacearum on resistance of tomato seedlings to bacterial wilt.

2000年度   窒素施肥に対する生育反応が異なるトマト品種における窒素同化能の比較

この記事は