小林 浩幸

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 小林 浩幸
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000308
URL
カテゴリ 気候変動対策 機能性 栽培技術 雑草 そば 大豆 肥培管理

研究情報

2014年度   Analyses and countermeasures for decreasing radioactive cesium in buckwheat in areas affected by the nuclear accident in 2011

2014年度   Decreasing radioactive cesium in lodged buckwheat grain after harvest

2014年度   カリ施用による玄そばの放射性セシウム濃度の低減

2014年度   Analyses and countermeasures for decreasing radioactive cesium in buckwheat in areas affected by the nuclear accident in 2011

2013年度   2010年の夏季異常高温が東北地域におけるダイズの生育、収量、品質に及ぼした影響_x000D_

2013年度   冬作ライムギをカバークロップとして用いた北海道十勝地域のダイズ作における雑草防除

2010年度   有機田畑輪換におけるダイズ栽培前後のコナギ埋土種子数の変化

2010年度   有機田畑輪換におけるダイズ栽培前後のコナギ埋土種子数の変化

2009年度   麦類をリビングマルチに用いる大豆栽培技術

2009年度   農林水産研究や生産現場で役立つパーソナル簡易空撮気球

2008年度   ムギ類をリビングマルチとして利用するダイズ栽培のためのムギ類・ダイズ同時播種機

2008年度   ミミズが雑草の種子を食べる-ミミズの口と種子のサイズの関係-

2008年度   雑草調査に役立つ簡易空撮気球(ひばりは見た!)

2008年度   大豆のリビングマルチ栽培に利用するムギ類の品種と雑草抑制効果との関係

2008年度   カバークロップに用いた冬作オオムギが不耕起栽培ダイズの菌根形成に与える影響

2007年度   ウスアカクロゴモクムシは地表のイヌビエ種子を食害するが、地中の種子は殆ど食害しない

2006年度   リビングマルチ栽培用の大豆・麦同時播種機の試作

2006年度   農村地域における水生植物の生育地の水質

2006年度   休閑期も雑草が生育していた不耕起大豆畑ではミミズが多い-ミミズと雑草植生の意外な関係-

2006年度   遺伝資源としてのミズタカモジ(Elymus humidus)の湛水適応性.

2005年度   コムギ近縁種における種子根の本数と伸長角度の遺伝的変異

2005年度   雑草モノグラフ 4.メヒシバ

2005年度   東北地域における秋播き性オオムギを利用したダイズのリビングマルチ栽培

2005年度   冬作オオムギをカバークロップとして用いた不耕起ダイズ栽培において狭畦化と除草処理が雑草量とダイズの収量に及ぼす影響

2005年度   不耕起ダイズ栽培における雑草の生態と耕種的防除

2004年度   根系の深さが異なるコムギ実験系統群の過湿な水田圃場における生育と収量

2004年度   シロクローバを利用したスィ-トコーンのリビングマルチ栽培体系における窒素フローの推定

2004年度   ダイズ-オオムギリビングマルチ栽培体系における雑草抑制効果

2003年度   オオムギをリビングマルチとして利用したダイズ栽培

2003年度   東北地方のコムギ新品種の収量と粗タンパク含量に及ぼす窒素追肥の影響

2003年度   不耕起大豆作におけるメヒシバの出芽におよぼす前作オオムギの土壌表面被覆

2002年度   大豆作における最近の雑草問題-2001年アンケート結果から-

2002年度   不耕起畑における主要イネ科一年生夏雑草の出芽深度

2002年度   シロクローバを用いたスィートコーンのリビングマルチ栽培における窒素フローの推定

2002年度   南東北のコムギ新品種の穂発芽特性

2002年度   緑肥作物をリビングマルチとして利用した場合のダイズ収量と雑草抑制効果

2002年度   播種期および施肥がメヒシバ自殖2系統の形質におよぼす影響

2002年度   不耕起大豆作での冬作緑肥導入による夏生一年生雑草の防除

2001年度   東北南部における夏作不耕起雑草植生の類型化の試行

2001年度   メヒシバの出穂性に関する集団構造の不耕起および慣行栽培ダイズ畑の間の差異

2001年度   東北地方のコムギ新品種「きぬあずま」と「ネバリゴシ」の根系の特徴

2001年度   Summer weed vegetation in no-tillage upland fields in Japan and experimental introduction of a cultural practice for weed suppression in no-tillage soybean

2001年度   主要研究成果(参考): 寒冷地における不耕起畑雑草植生の特徴

2000年度   汚濁した農業用用排水路で雑草害が認識される原因は陸生植物にあることが多い

2000年度   農業集落排水処理水の水田潅漑水への再利用実証実験

2000年度   リビングマルチを利用した省除草剤野菜栽培技術

2000年度   関東およびその近県を中心とする農村的地域における大型水生植物の生育地の水質

2000年度   不耕起刈取と耕耘が定期的に行われた畑における雑草量の季節消長の被度及び草高による推定

2000年度   マメ科牧草リビングマルチを利用したスィートコーンの省除草剤栽培

2000年度   不耕起有機栽培畑におけるメヒシバの埋土種子数と夏作初期における消長

2000年度   10年連続不耕起有機栽培畑の冬作における雑草植生

2000年度   不耕起畑と慣行栽培畑の間にみられるメヒシバ個体群の季節消長の差異

2018年度   小麦カバークロップ不耕起栽培は大豆のアーバスキュラー菌根菌相を変化させる

2018年度   除染農地においてそばで営農再開するためのカリおよび窒素肥料の増施

2017年度   休耕地の畦畔や法面を省力的に除草管理する技術の比較

2017年度   基肥時のカリ増施によりそばの放射性セシウム吸収・子実への分配は抑制される

2016年度   雑草イネは水稲移植栽培においても問題化する

2015年度   農耕地を対象とした外来雑草早期警戒システム

2015年度   倒伏による玄そばへの放射性セシウムの混入と収穫後の調製による低減対策

2014年度   カリ施用による玄そばの放射性セシウム濃度の低減

2013年度   カリ施用による大豆子実の放射性セシウム濃度の低減

2012年度   既耕作水田における水による土壌攪拌・除去技術の除染効果

2009年度   麦類をリビングマルチに用いる大豆栽培技術

2009年度   農林水産研究や生産現場で役立つパーソナル簡易空撮気球

2009年度   大豆と麦類の混作における根系の競合

2008年度   麦類を用いたリビングマルチ大豆栽培の抑草メカニズムと麦類の生育の目安量

2007年度   麦類・大豆同時播種機によるリビングマルチ大豆栽培の播種技術

2007年度   圃場用の簡易空撮気球

2006年度   大豆畑におけるメヒシバのシードバンクは夏までにほとんど枯渇する

2005年度   不耕起大豆栽培におけるカバークロップとしての冬作大麦の雑草抑制効果

2004年度   大豆を不耕起栽培すると一年生イネ科雑草の優占度が高まる

2004年度   大豆を不耕起栽培すると一年生イネ科雑草の優占度が高まる

2003年度   畑地における農業集落排水汚泥の窒素肥料としての有効利用

2003年度   畑地における農業集落排水汚泥の窒素肥料としての有効利用

2003年度   耐湿性研究に有用な根系の深さの異なる小麦実験系統群の作出

2003年度   耐質性研究に有用な根系の深さの異なる小麦実験系統郡の作出

2002年度   シロクローバリビングマルチを用いたスイートコーン栽培における窒素減肥効果

2002年度   大麦をリビングマルチとして利用した大豆の無中耕栽培

2001年度   寒冷地における不耕起畑雑草植生の特徴

2000年度   マメ科牧草リビングマルチを利用したスイートコーンの無除草剤栽培

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   3次元形状認識に基づく雑草埋土種子の同定技術とその自動化

2011-2011年   [農林水産省 農林水産技術会議]   麦類、ナタネ及び秋冬野菜における放射性セシウムの移行制御技術の開発

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   有機栽培水田ではどうしてコナギが優占するのか?

この記事は