礒崎真英

所属機関名 三重県農業研究所
肩書き 主幹研究員
氏名 礒崎真英
連絡先(電話番号) 0598-42-6358
所在都道府県名 三重県
見える化ID 003078
URL
カテゴリ 栽培技術 施設環境管理 品種 養液栽培 その他の野菜

研究情報

2015年度   次世代日本の施設園芸、 1.-(2)次世代施設園芸拠点、 2.-(2)-5)地上部環境制御

2015年度   トマの日本品種 ,オランダ品種および新規育成系統 の接木による増収効果比較

2014年度   植物工場三重実証拠点の取り組みについて

2014年度   トマト栽培におけるCO2施用濃度の影響

2014年度   夜冷処理とクラウン温度制御が極早生性イチゴ品種‘かおり野’の収穫期間と収量に及ぼす影響

2013年度   次世代型施設園芸で活用できる無線温湿度・照度センサーの開発

2013年度   実需者が求めるトマト品種の生育・収量と果実品質について

2013年度   トマト栽培における冬春期のCO2施用の効果

2013年度   液化炭酸ガス気化方式によるCO2施用方法およびその効果

2012年度   養液栽培のすべて 第11章 培地・培養液のリサイクル

2012年度   三重県農業研究所の太陽光利用型植物工場

2009年度   トマト低段密植に適した品種の検討

2009年度   トマトの低段密植栽培技術について

2008年度   防虫網の新しい張り方による温室内温度上昇抑制、第1報 換気効率と専用器具の形状の検討、

2008年度   トマト低段密植栽培に適した品種の検討

2008年度   尿素態窒素を用いて水耕栽培したホウレンソウの栽培時期が葉中硝酸塩濃度等に及ぼす影響

2008年度   三重県内におけるイチゴ高設培地の物理化学的特性

2008年度   培養液濃度がイチゴ‘かおり野’の収量・生育に及ぼす影響

2008年度   イチゴ高設栽培に使用される有機培地の分解

2007年度   トマトの低段密植栽培

2007年度   内外のニュース・第60回日本養液栽培研究会「今求められる養液栽培のスーパーテクノロジー」

2007年度   ワンポイントメモ・オーストラリア特集

2007年度   質疑応答・養液栽培でとれる認証制度

2007年度   尿素態窒素を用いて水耕栽培したホウレンソウの硝酸塩濃度、アスコルビン酸濃度および食味に及ぼす影響

2007年度   三重県におけるイチゴ高設培地の物理科学性

2005年度   廃液再利用式トマトロックウール栽培における最適培養液組成の検討

2004年度   トマト養液栽培における排液再利用システムの開発

2004年度   排液再利用型ロックウール耕で栽培したトマトの養分吸収特性と肥料コスト

2004年度   培養液の廃液を削減する余剰液再利用ロックウールシステムにおけるトマトの生育及び培養液成分濃度の推移

2003年度   トマトロックウール代替培地による環境保全型養液栽培システムの開発

2003年度   トマト養液栽培におけるパーライト培地利用に関する研究

2012-2013年   [総務省 情報通信(ICT政策)]   センサーネットワークを活用した植物工場における自動計画生産システムの研究開発

この記事は