中山繁樹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
肩書き 上級研究員
氏名 中山繁樹
連絡先(電話番号) 029-838-7699
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000030
URL http://researchmap.jp/read0004418/
カテゴリ さとうきび 水稲 品種

研究情報

2012年度   「ソルガム属植物の遺伝子導入技術の開発」にむけて(その3)

2012年度   in vitro栽培個体を用いたサトウキビ遺伝子導入法の開発

2012年度   未熟胚由来カルスから高頻度に再分化するソルガム系統を用いた直接遺伝子導入法の開発

2011年度   直接遺伝子導入法の開発に向けた易再分化ソルガム系統の選抜

2010年度   ソルガムにおける高再分化系統の選抜と直接遺伝子導入法の検討

2009年度   CDKB2発現抑制によるイネDNA量の増加

2009年度   イネにおけるCDKB2の発現抑制はendomitosisを誘導する

2009年度   サトウキビ属野生種のアグロバクテリウムによる形質転換法の開発

2008年度   イネ属Granulata節の野生イネに特異的に集積している反復配列

2007年度   サトウキビから単離したMITE様配列

2007年度   遺伝子構造からみたゼニゴケ性染色体の形態

2007年度   植物における相同組換えシステム

2007年度   高等植物における相同組換え修復

2007年度   ゼニゴケ染色体の全構造に基づく性染色体の進化様式

2007年度   イネ科サトウキビ属から単離したMITE様配列

2006年度   散在型配列に基づいた高次倍数性サトウキビの種内における遺伝的多様性

2006年度   散在型配列に基づいた高次倍数性サトウキビの種内遺伝的多様性

2006年度   高等植物のRad52経路因子の解析:減数分裂/体細胞分裂期組換えの機能分担

2006年度   アラビドプシス相同組換え因子の減数分裂期組換えにおける役割

2005年度   サトウキビ属における散在型反復配列の種特異性的な蓄積と栽培化

2005年度   Species-specific accumulation of interspersed sequences and domestication in sugar canes

2004年度   ゼニゴケY染色体のドラフト塩基配列

2004年度   ゼニゴケY染色体の構造解析:ドラフト塩基配列の取得と解析

2004年度   散在型反復配列のサトウキビ属における種特異性的な蓄積

2004年度   アラビドプシスRad51C遺伝子は減数分裂に必須である

2004年度   Fiber-FISH法を用いたイネ第2,第6,第7,第8,第9染色体物理地図におけるギャップ領域の物理距離測定

2004年度   Fiber-FISH法を用いたイネ第2、第7、第8染色体物理地図におけるギャップ領域の物理距離測定

2002年度   Gene organization of the Y chromosome of the liverwort, Marchantia polymorpha

2001年度   Additional locus of rDNA sequence specific to the X chromosome of the liverwort, Marchantia Polymorpha

2001年度   The Y chromosome in the liverwort Machantia polymorpha has acumulated unique repeat sequences harboring a male-specific gene

2000年度   Construction of male and female PAC genomic libraries suitable for identification of Y-chromosome-specific clones from the liverwort, Marchantia polymorpha

2000年度   Identification of sex chromosomes by FISH and dissection of sex chromosomes - Analysis of liverwort sex chromosomes by molecular cytological approaches.

2000年度   Differences of repetitive sequences between liverwort sex chromosomes by fluorescence in situ hybridization.

2000年度   ゼニゴケ性染色体間における反復配列の存在状態の差異

この記事は