仲條眞介

所属機関名 岩手県農業研究センター
肩書き 上席専門研究員
氏名 仲條眞介
連絡先(電話番号) 0197-68-4418
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 002996
URL http://www2.pref.iwate.jp/~hp2088/bulletin/pdf/houkoku_14-02.pdf
http://ci.nii.ac.jp/els/110006965375.pdf?id=ART0008873466&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1477299383&cp=
http://www2.pref.iwate.jp/~hp2088/bulletin/pdf/houkoku_12-02.pdf
http://www2.pref.iwate.jp/~hp2088/bulletin/pdf/youhou_10-03.pdf
http://ci.nii.ac.jp/els/110007539146.pdf?id=ART0009373549&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1477299032&cp=
http://ci.nii.ac.jp/els/110007043518.pdf?id=ART0008970595&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1477299081&cp=
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009686274
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008006707
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001742707
http://ci.nii.ac.jp/els/110009686274.pdf?id=ART0010169333&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1477299446&cp=
カテゴリ あわ 育種 きび 水稲 ひえ 品種 その他の作物

研究情報

2015年度   岩手107号の育成

2015年度   岩手107号の育成

2015年度   次世代のイネ穂ばらみ期耐冷性に着粒位置が及ぼす影響

2013年度   鮮やかな粒色をもつ多収糯アワ新品種「アワ岩手3号」の育成

2011年度   平成22年産低アミロース短稈新品種ヒエのORAC値

2011年度   ヒエ、キビ、ハトムギの抗糖尿病作用

2010年度   平成20、21年産の低アミロース短稈新品種ヒエの水溶性画分の抗酸化性

2010年度   育苗培土の違いがヒエ2品種の発根に与える影響について

2010年度   温湯浸漬がヒエ黒穂病の胞子発芽と種子発芽に与える影響

2010年度   岩手県における雑穀栽培・研究のあゆみと近年の主要研究成果

2009年度   ヒエ新品種「ねばりっこ2号」の中胚軸伸長特性とその要因.

2009年度   ヒエ新品種「ねばりっこ1号」「ねばりっこ2号」「ねばりっこ3号」と在来種「もじゃっぺ」「達磨」の食物繊維・ミネラルの含有量と抗酸化性の比較.

2009年度   Breeding of a new Japanese barnyard millet variety with low amylase content and short-cul, by heavy-ion beam irradiation.

2008年度   アワにおける黄粒色糯性系統の探索および形質遺伝

2008年度   γ線照射により誘発されたアワの半矮性系統およびその他の突然変異系統の特性

2008年度   短稈の糯性新系統「ヒエ岩手糯4号」およびヒエ胚乳デンプン変異系統の特性.

2008年度   半矮性・低アミロースヒエ新系統の育成

2007年度   黄粒色粳アワとの交雑による糯アワ粒色改良の試み

2007年度   γ線照射により誘発されたアワの半矮性系統およびその他の突然変異系統の特性

2007年度   短稈の糯性新系統「ヒエ岩手糯4号」およびヒエ胚乳デンプン変異系統の特性

2007年度   半矮性・低アミロースヒエ新系統の育成

2007年度   アワにおける黄粒色糯性系統の探索および形質遺伝

2006年度   水田栽培用ヒエ「達磨」における無化学肥料栽培体系の検討

2004年度   水稲糯新品種「もち美人」の育成

2004年度   アミロース含有率がうるち米よりやや低い水稲「岩南28号」の特性

2003年度   水稲「ミルキークイーン」のアミロース合成の温度反応性に関する解析

この記事は