西村 和志

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 西村 和志
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000299
URL http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2013/narc13_s13.html
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2011/114c0_10_09.html
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2011/114c0_10_08.html
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2009/konarc09-37.html
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2007/konarc07-21.html
カテゴリ ICT 経営管理

研究情報

2014年度   関東地域におけるトウモロコシ二期作適地の近年の状況と今後の変化予測

2014年度   関東地域におけるトウモロコシ(Zea mays L.)二期作適地の近年の状況と今後の変化予測

2012年度   雇用型経営におけるGAP導入の経営改善効果と農場生産工程管理のポイント

2012年度   圃場分散が農作業圃場間移動に与える影響解析-水田飼料作収穫作業を対象としたTSPによる圃場間移動シミュレート-

2012年度   焼酎粕濃縮液の混合割合および貯蔵季節,貯蔵期間が発酵TMR の発酵品質に及ぼす影響

2009年度   GISを用いた飼料生産支援システムの運営・管理と展望--自給飼料活用型TMRセンターにおける試験運用事例

2009年度   酪農経営のTMRに対する需要分析 ―センター供給型TMRを対象とした選択実験―

2009年度   暖地コーンコントラクタの圃場分布状況と圃場集積効果の解明―GPSロガーを用いたコーンハーベスタの挙動データの収集と移動効率指標の算出―

2009年度   暖地コーンコントラクタの圃場分布状況と圃場集積効果の解明-GPSロガーを用いたコーンハーベスタの挙動データの収集と移動効率指標の算出-

2009年度   酪農経営のTMRに対する需要分析 -センター供給型TMRを対象とした選択実験-

2009年度   GISを用いた飼料生産支援システムの運営・管理と展望--自給飼料活用型TMRセンターにおける試験運用事例

2008年度   食品残さを利用した搾乳牛向け給与メニューの評価--焼酎粕濃縮液における試算

2008年度   K県酪農経営におけるTMR導入状況と特徴

2008年度   沖縄本島南部野菜作農家における堆肥利用実態と促進策の一考察

2007年度   新技術に対する酪農経営者意識-K県におけるアンケート調査の結果から-

2007年度   ネットワーク分析によるコントラクタ作業計画の策定―GISを用いたシミュレータの作成とその利用例―

2006年度   データ解析環境Rによる選択型コンジョイント分析入門

2006年度   沖縄繁殖牛経営における牧草収穫受委託の現状と委託農家の特徴

2006年度   沖縄本島都市近郊地域における農地貸借市場の特質と農地貸し付け行動

2006年度   焼酎蒸留副産物処理の現状と再資源化への課題

2005年度   飼料用イネ取り組み要因と導入行動に関する考察--九州における事例分析

2018年度   農地集約化に向けた人・農地プランの策定・改定のためのPDCAサイクル

2018年度   子実用トウモロコシ生産・利活用の手引き(都府県向け)

2018年度   コントラクター向け地図ベース工程管理システム「QAgriSupport」

2018年度   農地集約化案を自動作成できる地図ベースシステム「QFarmLandManager」

2018年度   全国の2次メッシュ気象予測データに基づくトウモロコシ二期作適地の変化予測

2017年度   関東地域のトウモロコシ二期作の新たな適地判定指標策定と栽培適地拡大状況

2016年度   ソルガム新品種「涼風」および「峰風」を活用した2つの新たな飼料作物作付体系

2015年度   関東地域におけるトウモロコシ二期作栽培に適した品種の早晩性及び栽培適地

2015年度   ソルガム新品種「涼風」及び「峰風」を活用した飼料作物作付体系の乾物収量

2014年度   雇用型法人経営におけるGAP導入による経営改善効果とその要因

2013年度   大型ハーベスタによるトウモロコシ収穫事業の成立条件と酪農所得向上効果

2012年度   雇用型経営におけるGAP導入の経営改善効果と農場生産工程管理のポイント

2012年度   関東におけるトウモロコシ二期作の栽培適地と限界地帯における生産性

2011年度   ArcGIS上で利用可能な大規模飼料生産管理支援システム

2011年度   ArcGIS上で利用可能な飼料作物・作型適地判定・マップ化システム

2010年度   TMRセンターを核とする飼料イネ、焼酎粕濃縮液等の調製・利用システム

2009年度   圃場情報および利用管理の一元化はコントラクタの収穫作業効率を改善させる

2009年度   汎用GISを利用した飼料生産支援用データベースの構築と運用方法

2009年度   自給飼料基盤の活用と購入後のサポート付加は販売TMRの評価を引き上げる

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   GISとGPSを用いた圃場分散型コントラクタの空間分析

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   酪農経営における技術進歩の構造とその規定要因に関する計量経済的研究

この記事は