小川孝之

所属機関名 茨城県農業総合センター
肩書き 副所長
氏名 小川孝之
連絡先(電話番号) 0299-92-3637
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 002908
URL
カテゴリ 栽培技術 病害虫防除 ピーマン その他の花き・花木・観葉植物

研究情報

2015年度   プランターを使用したピーマン隔離床栽培における葉柄汁液中硝酸イオン濃度と収量の関係、

2015年度   茨城県ピーマン産地のかん水同時施肥システムで発生するチューブの目詰まり原因物質

2014年度   プランターによる隔離床とかん水同時施肥法を組み合わせたピーマン栽培の生育と収量性、

2014年度   輪ギクの生理障害「虎葉症」(通称)の発生と発症に関わる諸要因、

2013年度   臭化メチル剤全廃後のピーマン栽培マニュアル

2012年度   茨城県のピーマン産地における脱臭化メチル栽培マニュアルの開発

2012年度   ピーマンにおける脱臭化メチル栽培マニュアルについて

2012年度   茨城県のピーマン産地における脱臭化メチル栽培マニュアルの開発

2008年度   ピーマン栽培圃場の土壌中に残るトウガラシマイルドモットルウイルスの濃度とモザイク病発症との関係

2008年度   ピーマン・トウガラシ類における脱臭化メチル栽培

2007年度   ピーマンの抵抗性品種の栽培による土壌中のトウガラシマイルドモットルウイルスの濃度低減と発病抑制効果

2007年度   抵抗性品種を利用した土壌中のトウガラシマイルドモットルウイルスの濃度低減と発病抑制

2007年度   PMMoVが付着したハサミの消石灰液による消毒方法

2006年度   ピーマンモザイク病(PMMoV)の被害程度と接触伝染について

2006年度   紙で根を保護することによるピーマンモザイク病(PMMoV)の防除

2006年度   定植期にピーマンの根鉢を紙で包むことによるモザイク病の発病抑制効果と収量・作業性への影響

2005年度   トウガラシマイルドモットルウイルス汚染圃場におけるピートモス成型ポットを利用したピーマン苗の定植による土壌伝染軽減効果

2005年度   ピーマンの輪作作物検索と栽培技術確立

2005年度   ピーマンPMMOVの総合防除法の開発

2005年度   ピーマンPMMOVでの根と汚染土の接触回避による土壌伝染抑制

2004年度   ピーマンのPMMoVの総合防除法の開発

2004年度   ピーマンの輪作作物検索と栽培技術確立

2004年度   ピーマンにおける臭化メチル代替技術の開発と普及

2003年度   ピーマンPMMoVの総合防除法の開発

2003年度   ピーマンの輪作作物検索と栽培技術確立

2003年度   ピーマンのモザイク病新系統ウイルスの被害と伝染について

この記事は