渡邊 健

所属機関名 茨城県農業総合センター 農業研究所
肩書き 所長
氏名 渡邊 健
連絡先(電話番号) 029-239-7211
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 002900
URL https://www.researchgate.net/publication/248035801_Stem_and_root_rot_of_scarlet_runner_bean_Phaseolus_coccineus_caused_by_Pythium_myriotylum
https://www.researchgate.net/publication/248036134_Cottony_leak_of_scarlet_runner_bean_caused_by_Pythium_aphanidermatum
https://www.researchgate.net/publication/248964224_Potential_of_Serratia_marcescens_strain_B2_for_biological_control_of_rice_sheath_blight_Biocontrol_Sci_Technol
https://www.researchgate.net/publication/225329986_Mottle_necrosis_of_sweet_potato_caused_by_Pythium_scleroteichumin_Japan_and_varietal_difference_in_susceptibility_to_the_disease
https://www.researchgate.net/publication/226863277_Plectosporium_blight_of_pumpkin_and_ranunculus_caused_by_Plectosporium_tabacinum_J_Gen_Plant_Pathol
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps/2011/58/2011_55/_article/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps1999/2007/54/2007_54_77/_article/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps1999/2007/54/2007_54_5/_article/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps1999/2006/53/2006_53_1/_article/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps1999/2006/53/2006_53_5/_article/-char/ja/
カテゴリ かんしょ 水稲 大豆 病害虫防除 防除 その他の野菜

研究情報

2011年度   ジャガイモそうか病の耕種的防除

2011年度   ベニバナインゲンに発生するピシウム病害の総合防除

2010年度   ベニバナインゲンに発生するピシウム病とその防除

2010年度   ベニバナインゲンのピシウム病害に対するアゾキシストロビン・メタラキシルM粒剤を用いた効果的な防除

2010年度   有機JASで使用できる銅水和剤を用いたジャガイモ疫病およびそうか病の防除

2010年度   ブリの移動・回遊と海洋環境の関係の解明と来遊量予測手法の開発:移動・回遊と海洋環境の関係の解明

2010年度   ブリの移動・回遊と海洋環境の関係の解明と来遊量予測手法の開発:来遊量予測手法の開発

2009年度   ベニバナインゲン「常陸大黒」に発生する土壌病害の発生実態

2008年度   土壌改質剤(FFCエース)の育苗培土混和処理がイネ種子伝染性病害に及ぼす影響

2008年度   沿岸定線海洋観測

2008年度   沿岸漁況収集

2008年度   資源評価基礎調査

2008年度   スルメイカ漁場一斉調査

2008年度   日本周辺クロマグロ調査委託事業

2008年度   大型クラゲ対策調査

2007年度   ベニバナインゲン茎根腐病の耕種的防除

2007年度   非病原性フザリウム菌を用いたシクラメン萎凋病の生物防除

2006年度   ミトコンドリア16SrRNA塩基配列分析からPleuroichthys 属6種の系統類縁関係

2006年度   ベニバナインゲンの白絹病およびリゾクトニア根腐病に対する簡易な薬剤防除

2006年度   チオファネートメチル剤耐性ダイズ紫斑病に対する有効な薬剤防除

2005年度   非病原性フザリウム菌を用いたイネ種子伝染性病害の生物防除(1)ばか苗病、苗いもちに対する防除効果

2005年度   非病原性フザリウム菌を用いたイネ種子伝染性病害の生物防除(2)もみ枯細菌病、苗立枯細菌病、褐条病に対する防除効果

2005年度   イネ苗いもち病、イネばか苗病、イネもみ枯細菌病、イネ苗立枯細菌病、イネ褐条病のいずれかの防除効果を有する「フザリウム・オキシスポラムの新菌株」の特許出願

2005年度   ベニバナインゲンに発生した白絹病(新称)およびリゾクトニア根腐病(新称)

2005年度   シュードモナス製剤と尿素ポリマーを利用したイネ種子伝染性細菌病害の防除

2005年度   イネ葉より分離した葉面菌の屋外条件下におけるイネいもち病発病抑制効果

2005年度   Pythium myriotylum によるベニバナインゲン茎根腐病(新称)

2004年度   多元的資源管理型漁業推進事業(ヒラメ調査)

2004年度   深層水多段利用研究ーアワビ飼育排水を利用したヒラメ飼育試験ー

2004年度   深層水多段利用研究ーアワビ・マツカワ・マコンブによる多段飼育試験ー

2004年度   深層水多段利用研究ーマツカワ酸素消費量試験ー

2004年度   深層水利用藻場海藻培養研究

2004年度   温湯浸漬法によるコムギなまぐさ黒穂病の防除

2004年度   茨城県におけるチオファネートメチル剤耐性ダイズ紫斑病菌の出現

2004年度   輪作およびヘアリーベッチのライブマルチを利用したカボチャ立枯病の耕種的防除

2004年度   輪作やライブマルチを利用した,環境にやさしいカボチャ立枯病の防除

2004年度   徳島県伊島周辺域における船釣遊漁船と一本釣漁船との関係

2004年度   マイクロサテライトDNAマーカーによる徳島県における海産アユと放流アユの遺伝的特性の比較

2003年度   複合的資源管理型漁業促進対策事業(ヒラメ調査)

2003年度   非病原性フザリウム・オキシスポラムによるサツマイモつる割病の防除とその実用化

2003年度   生物農薬を用いたイネ種子伝染性病害の体系防除

2003年度   内生細菌の育苗時接種処理と尿素ポリマーの土壌混和処理との併用によるハクサイ黄化病防除効果

2003年度   温湯浸漬による水稲種子伝染性病害虫防除

2003年度   ハクサイ黄化病に対するヨウ化メチルの防除効果

2003年度   深層水多段利用研究

2003年度   深層水利用藻場海藻培養研究

2003年度   吉野川における海産アユの資源尾数の推定

2003年度   平成14年度アユ種苗総合対策委託事業

2003年度   河川生産力有効利用調査(アユ資源調査)

2003年度   メチレンブルーによる家畜ふん堆肥腐熟度の簡易評価法

2009年度   日本海中部海域における急潮発生予測の試み

2008年度   ドリフト低減ノズル及び遮へい作物による農薬飛散低減と大豆病害虫防除効果

2007年度   Pythium aphanidermatum によるベニバナインゲン綿腐病(新称)

2006年度   紙ポットと殺菌剤(粒剤)を用いたベニバナインゲンの3種土壌病害に対する簡易防除

2006年度   紙ポットと拮抗微生物を用いたベニバナインゲンの2種土壌病害に対する生物防除

2005年度   ベニバナインゲンに発生した3種の新土壌病害

2005年度   ベニバナインゲンの紙ポット移植栽培による土壌病害発病軽減効果

2004年度   茨城県におけるチオファネートメチル剤耐性ダイズ紫斑病菌の発生分布

2004年度   吉野川におけるアユ資源変動とその要因

2003年度   輪作およびヘアリーベッチのライブマルチを利用したカボチャ立枯病の耕種的防除

2003年度   非病原性フザリウム菌と蒸気消毒を併用したカーネーション萎凋病の発病抑制効果及びその持続性

2002年度   ハクサイ黄化病に対する生物防除素材「内生細菌」の効果的な利用技術

2001年度   カーバム系薬剤の土壌消毒跡地におけるハクサイ黄化病発病抑制効果

1999年度   ヨシ種子からのカルス誘導と効率的な再分化条件

1998年度   RAPD法を利用した滋賀県内水稲品種の品種識別

1997年度   昆虫ウイルス由来遺伝子導入イネの、鱗翅目昆虫に対する耐虫性効果

1996年度   昆虫ウイルス由来遺伝子のイネへの導入と耐虫性の発現

この記事は