田澤 純子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き チーム長
氏名 田澤 純子
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000288
URL https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcs/85/1/85_23/_pdf
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2005/common05-09.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcs/77/1/77_1_33/_pdf
http://www.naro.affrc.go.jp/org/narc/seika/kanto15/14/15_14_24.html
http://ci.nii.ac.jp/els/110001725486.pdf?id=ART0001844657&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1470271242&cp=
カテゴリ 栽培技術 大豆 病害虫防除

研究情報

2014年度   機械除草と米ぬか散布を組み合わせた水稲有機栽培体系の抑草効果と収量性

2014年度   大豆連作圃場における根粒菌多様性解析

2010年度   土壌表面硬度および土壌微生物がダイズ調湿種子の出芽に及ぼす影響

2010年度   土壌表面硬度および土壌微生物がダイズ調湿種子の出芽に及ぼす影響

2007年度   Nodulation during vegetative growth of soybean stage does not affect the susceptibility to red crown rot caused by Calonectria ilicicola

2007年度   浅耕栽培と施肥法または異なる作付体系の組合せがダイズシストセンチュウ(Heterodera glycines)の卵密度推移とダイズの生育に及ぼす影響

2007年度   温暖地における前作と耕起法の組み合わせがトウモロコシの生育とアーバスキュラー菌根菌との共生関係に及ぼす影響

2005年度   耕起法の違いがアーバスキュラー菌根菌の感染およびトウモロコシとエンバクの生育・収量に及ぼす影響

2002年度   窒素施用条件の違いが不耕起栽培におけるトウモロコシの生育とArbuscular菌根菌との関係に及ぼす影響

2002年度   前年の牛糞堆肥の施用と不耕起載倍の組み合わせがトウモロコシの生育とArbuscular菌根菌の感染との関係に及ぼす影響

2002年度   大豆の根粒着生能及び作付履歴がダイズ黒根腐病の発病に及ぼす影響

2002年度   前年の牛糞堆肥の施用、冬作へのArbuscular菌根菌宿主作物の導入および耕起法の違いがトウモロコシの生育・収量に及ぼす影響

2002年度   カバークロップによる休耕田の雑草管理とその跡地における水稲の収量

2002年度   根粒着生能の異なる大豆系統間におけるダイズ黒根腐病発病推移の比較

2002年度   家畜糞還元畑における根粒非着生ダイズの収量性および窒素吸収特性

2001年度   Relation between soybean nodulation and incidence of root necrosis caused by Calonectria crotalariae

2001年度   前作の違いと牛糞堆肥の施用がArbuscular菌根菌の感染とトウモロコシの生育に及ぼす影響

2001年度   ケナフの窒素吸収特性

2000年度   ダイズ根粒菌着生能と黒根腐病発病との関係

2000年度   家畜糞還元畑における根粒非着生ダイズの生育と収量性

2000年度   Simple method of detection of the strains of fluorescent Pseudomonas spp.producing antibiotics, pyrrolnitrin and phloroglucinol.

2000年度   Simple method of detection of the strains of fluorescent Pseudomonas spp. producing antibiotics, pyrrolnitrin and phloroglucinol

2000年度   家畜糞還元畑における根粒非着生ダイズの窒素代謝と窒素吸収特性

この記事は