小松智彦

所属機関名 山形県農業総合研究センター 畜産試験場
肩書き 専門研究員
氏名 小松智彦
連絡先(電話番号) 0233-23-8819
所在都道府県名 山形県
見える化ID 002833
URL http://www.pref.yamagata.jp/ou/nourinsuisan/141002/noukensenterhome.htm/
カテゴリ 飼育技術 飼料設計 肉牛

研究情報

2015年度   優良種雄牛造成効率向上のための枝肉重量関連遺伝子活用技術

2015年度   優良種雄牛造成効率向上のための枝肉重量関連遺伝子活用技術

2015年度   HPLC・DADによる牛ステロイドホルモン一斉分析法の確立とその活用について

2015年度   ダイオードアレイ検出器付き高速液体クロマトグラフ(HPLC・DAD)を用いた牛の母体血中エストロンサルフェ―ト濃度測定の検討

2015年度   黒毛和種肥育牛の多発性筋出血の一例について

2015年度   NMRメタボリックプロファイリングによる和牛肉熟成過程の解析と熟成段階予測モデルの構築

2015年度   Allelic frequencies and association with carcass traita of six genes in local subpopulations of Japanese Black cattle.

2015年度   Whole-genome prediction of fatty acid composition in meat of Japanese Black cattle.

2014年度   ダイオードアレイ検出器付き高速液体クロマトグラフによる牛ステロイドホルモン一斉分析に関する検討

2014年度   黒毛和種の筋肉中グリコーゲン含量、-遺伝的要因解析および新たな肉質改良指標としての利用可能性の検討-

2014年度   Effects of genetic and environmental factors on muscle glycogen content in Japanese Black cattle.

2014年度   和牛肉の甘み成分の客観的評価技術の開発及び遺伝的向上技術の開発、-グリコーゲン含量の遺伝的および環境要因の解析-

2014年度   和牛赤身肉の加熱が官能評価および成分組成に与える影響

2014年度   Genomic prediction in Japanese Black cattle: Application of a single-step approach to beef cattle.

2014年度   黒毛和種子牛の発育に関する成長ホルモン遺伝子多型の影響について

2013年度   The assessment of genetic diversity within and among the eight populations of the Japanese Black cattle using 52 microsatellite markers.

2013年度   Effects of genetic and environmental factors on muscle glycogen content in Japanese Black cattle.

2013年度   メタボリック・プロファイリングによる黒毛和種牛肉の食味特徴把握手法の検討

2013年度   黒毛和種の筋肉中グリコーゲン含量に対する遺伝的要因の影響について

2012年度   The assessment of genetic diversity  within and among the eight populations of the Japanese Black cattle using 52 microsatellite markers.

2015-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   和牛肉食味のNMRメタボロミクスに基づく迅速評価技術の確立

この記事は