石本万寿広

所属機関名 新潟県農業総合研究所 作物研究センター
肩書き 専門研究員
氏名 石本万寿広
連絡先(電話番号) 0258-35-0836
所在都道府県名 新潟県
見える化ID 002747
URL http://www.ari.pref.niigata.jp/nourinsui/seikatop_index.html
カテゴリ 水稲 大豆 病害虫防除

研究情報

2015年度   フェロモントラップを利用したアカヒゲホソミドリカスミカメの発生予察法の開発

2015年度   発生予察用粘着板の代替として利用できる安価な粘着板

2015年度   斑点米カメムシ類に対するエチプロールの防除効果

2015年度   マメシンクイガフェロモントラップ誘殺数と被害子実数の関係

2015年度   新潟県の畦畔植生と斑点米カメムシの発生実態

2015年度   新潟県の大豆における子実害虫の発生実態

2015年度   イネの白ふへの産卵に起因するアカスジカスミカメ幼虫発生の可能性

2015年度   水田畦畔における雑草管理方法と植生の関係

2015年度   周辺環境と斑点米カメムシの発生量の関係:フリーソフトを用いた解析

2013年度   フェロモントラップの開口部の広さとアカヒゲホソミドリカスミカメ誘殺数との関係

2013年度   コムギ幼苗の苗齢がアカスジカスミカメ,アカヒゲホソミドリカスミカメの発育に及ぼす影響

2013年度   イネにおけるアカスジカスミカメの産卵と発育

2013年度   「コシヒカリ」におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの要防除水準

2013年度   粘着式フェロモントラップにおけるニホンアマガエルの誘殺虫捕食への防止対策

2013年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの薬剤感受性のモニタリング

2013年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメの水田内発生量に及ぼす周辺環境の影響

2013年度   マメシンクイガの発生量調査におけるフェロモントラップの有効性

2013年度   新潟県の雑草地におけるクモヘリカメムシの発生消長

2012年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ発生予察技術の開発 広域発生予察技術の開発

2012年度   イネの登熟段階と割れ籾の発生がアカスジカスミカメ幼虫の発育に及ぼす影響

2012年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する育苗箱施用殺虫剤の殺虫効果

2011年度   Reduction of mating receptivity and changes in longevity of rice leaf bug, Trigonotylus caelestialium (Heteroptera: Miridae), females after mating.

2009年度   オオトゲシラホシカメムシ(カメムシ目:カメムシ科)に対する昆虫病原糸状菌Beauveria bassianaの病原性

2009年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの発生予察における合成性フェロモントラップの利用

2009年度   白桴多発生イネにおけるアカスジカスミカメの増殖

2009年度   フェロモントラップ誘殺数によるアカヒゲホソミドリカスミカメ要防除水準設定の試み

2009年度   新潟県におけるアカスジカスミカメの発生消長

2008年度   玄米におけるアカスジカスミカメ幼虫の発育

2008年度   水田におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生消長と薬剤防除法

2008年度   フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメ第1世代成虫の発生量調査―市町村調査への導入の試み―

2008年度   アカスジカスミカメのイネに対する産卵能力

2007年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの薬剤感受性

2007年度   イネの登熟段階と割れ籾の発生がアカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫の発育に及ぼす影響

2007年度   ネオニコチノイド系殺虫剤1回散布によるアカヒゲホソミドリカスミカメの防除技術 第1報 圃場単位の防除技術

2007年度   ネオニコチノイド系殺虫剤1回散布によるアカヒゲホソミドリカスミカメの防除技術 第2報 地域単位の防除技術

2007年度   新潟県におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生生態の解明と防除体系の確立

2007年度   合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメ第1世代成虫の地域的な発生量調査の可能性

2007年度   イネにおけるアカスジカスミカメ幼虫の発育の可能性

2006年度   合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長の把握

2006年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ雌の性フェロモン放出と交尾行動の日周性

2006年度   水田におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生消長と薬剤散布適期

2006年度   種子の吸汁がアカヒゲホソミドリカスミカメの幼虫発育と産卵に及ぼす影響

2006年度   合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長の把握

2006年度   すくい取りによるアカヒゲホソミドリカスミカメ捕獲数と斑点米発生量の関係

2006年度   アカヒゲホソミドリカスミカメのイネに対する産卵能力

2006年度   フェロモントラップのアカヒゲホソミドリカスミカメ発生量調査への利用

2005年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモントラップの形状と設置高

2005年度   水田畦畔に設置したアカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモントラップの誘殺消長

2005年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する薬剤散布適期

2005年度   水田畦畔に設置したアカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモントラップの誘殺消長

2004年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長

2004年度   アカヒゲホソミドリカスミカメのfenitrothion抵抗性の発達

2004年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する各種殺虫剤の防除効果

2004年度   新潟県におけるフィプロニル抵抗性のイネドロオイムシ個体群の発生

この記事は