出口健三郎

所属機関名 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 農業研究本部 畜産試験場
肩書き 研究主幹
氏名 出口健三郎
連絡先(電話番号) 01566-64-0620
所在都道府県名 北海道
見える化ID 002524
URL
カテゴリ 栽培技術 飼料設計 飼料作物 肉牛 乳牛

研究情報

2015年度   北海道におけるトウモロコシサイレージのデオキシニバレノール汚染とその対策

2015年度   とうもろこし根腐病発生要因の解析とリスクスコアの提案

2015年度   シバムギにおけるグリホサート系除草剤散布時の草丈とその後の再生茎数解析

2015年度   チモシーにおける地下茎型イネ科雑草のアレロパシーに対する抵抗性の品種間差異

2014年度   アカクローバ品種「リョクユウ」の育成とその特性

2014年度   北海道の草地造成・更新時におけるリン酸施肥量の新しい算出法

2014年度   マイコトキシンの予防と対策

2014年度   寒地型イネ科牧草

2013年度   イタリアンライグラスを用いた雑草防除法

2013年度   トウモロコシすす紋病防除圃場における赤かび病罹病程度

2012年度   アンスロン法による可溶性炭水化物(WSC)測定の推奨条件(その2)

2012年度   根腐病をとりまくいくつかの情報について

2012年度   II植生調査・診断、IV草地の雑草対策

2011年度   Relationship between the first and second crops and estimation of genetic parameters of the second crop on the nutritive value of timothy (Phleum pratense L.)

2011年度   サイレージ用トウモロコシの根釧・道北地域向き耐倒伏性品種「たちぴりか」の育成

2010年度   衛生データを用いた草地への地下茎型イネ科雑草侵入程度の推定方法

2010年度   2010年の根釧地域におけるとうもろこし萎凋症様の病害の発生について

2010年度   イタリアンライグラスを用いた地下茎型イネ科雑草の耕種的防除にかんする研究-地下茎型イネ科雑草防除能力の品種間差と逆転ロータリー耕による工法簡略化の現地実証-

2010年度   根釧管内におけるチモシー主体草地の植生実態と変動要因の解析 1.更新後経過年数と植生の関係

2010年度   飼料用とうもろこしカビ毒DON汚染の発生と対応

2010年度   うしのきもち~牧草・飼料作物について~

2009年度   根室管内におけるスラリー施用によるチモシーおよびシバムギのWSC変化について

2009年度   チモシー生草におけるめん羊の自由採食量とin vitro不消化NDF含量との関係

2009年度   チモシーの栄養価における1番草と2番草の関係ならびに2番草の年次変動、2010年度日本草地学会大会(2010.3)

2009年度   根釧地域で調製されたトウモロコシサイレージの高濃度デオキシニバレノール汚染に関する要因解析

2009年度   緑肥用えん麦の飼料化

2009年度   永続性に優れる早生の2倍体アカクローバ「北海13号」

2009年度   チモシー生草におけるめん羊の自由採食量とin vitro不消化NDF含量との関係

2008年度   道東の火山性土における夏作イタリアンライグラスの施肥法-ポットを用いた予備試験

2008年度   気象条件、地形条件から見た根釧地域における極早生トウモロコシの安定栽培地域

2008年度   ハイパースペクトルデータを用いた牧草品質モニタ-マメ科率の推定

2008年度   ハイパースペクトルデータを用いた牧草品質モニタ-大気補正手法の検討

2008年度   イタリアンライグラスを用いた地下茎型雑草の耕種的防除に関する研究-シバムギ防除能力の品種間差と逆転ロータリー耕による施工期間短縮の検討

2008年度   播種床造成行程の簡易化がトウモロコシの生育・収量に及ぼす影響の品種間差

2008年度   トウモロコシ雄穂形態に異常をもたらす低温の程度

2008年度   三訂版粗飼料の品質評価ガイドブック 第5章天然物由来の有害物質

2008年度   技術ワイド、メドウフェスク主体草地の採食行動

2008年度   放牧地での牛の嗜好性は何に左右されるのか

2008年度   牧草の話(第1回)

2008年度   牧草の話(第2回)

2008年度   放牧草の嗜好性を左右する要因の解明と改善技術の開発

2008年度   根釧・道北地域向きの耐倒伏性サイレージ用トウモロコシ新品種「北交66号」

2007年度   FORMOSAT-2を用いた牧草モニタの可能性

2006年度   技術ワイド「粗飼料をチェックせよ」

2006年度   正確に把握したい自給飼料の価値

2005年度   近赤外分析による寒地型イネ科牧草の水溶性糖類の推定と放牧草での活用例

2003年度   ケンタッキーブルーグラス放牧草地における準備草量と馬による乾物摂取量の関係

2003年度   軽種馬連続放牧条件下でのケンタッキーブルーグラスの栄養特性評価 

2018年度   メッシュ農業気象データを使用した改良版牧草播種晩限日計算プログラム

2017年度   秋季温暖化に適応した夏季播種技術を支援する牧草の晩限日計算プログラム

2016年度   放牧適性や飼料品質に優れる北海道向けフェストロリウム品種「北海1号」

2010年度   耐寒性が優れ、競合力の穏やかな放牧用極小葉型シロクローバ品種「北海1号」

2009年度   永続性に優れる早生の2倍体アカクローバ「北海13号」

2008年度   根釧・道北地域向きの耐倒伏性サイレージ用トウモロコシ新品種「北交66号」

2007年度   近赤外分析による輸入アルファルファ乾草の飼料成分推定

2007年度   放牧地における牛の嗜好性を左右する要因

2006年度   水田地帯における肉用牛導入および粗飼料生産複合経営モデル

2006年度   飼料用トウモロコシにおけるデオキシニバレノールの汚染実態と乳牛に及ぼす影響

2005年度   牧草のヒートダメージが軽種馬の消化性に及ぼす影響

2005年度   牧草サイレージ排汁の発生量と草地への施用

2004年度   牧草の新しいTDN推定式の精度

2003年度   ケンタッキーブルーグラス主体放牧草地における軽種馬の栄養摂取量

2003年度   フレール式ロールベーラで収穫調製したイネ発酵粗飼料の発酵品質および栄養価

2003年度   ルーメン内分解特性に基づく炭水化物及びタンパク質成分を加味した新飼料成 分表

2003年度   肥育素牛を放牧で育てる

2002年度   アルファルファ草地の踏圧損傷とその軽減策

2002年度   高水分アルファルファサイレージ調製における蟻酸および酵素・乳酸菌複合製剤の添加効果

2000年度   チモシー放牧地における馬の栄養摂取量

1999年度   北海道のチモシー主体採草地における牧草生産の現状と課題

1997年度   馬におけるチモシー乾草・サイレージの栄養価と牧草のアミノ酸組成

1997年度   近赤外分析による牧草サイレージの飼料成分推定

1997年度   アルファルファ草地の造成から2年目までの管理技術

この記事は