大坂 郁夫

所属機関名 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 農業研究本部 根釧農業試験場
肩書き 研究部長(草地担当)
氏名 大坂 郁夫
連絡先(電話番号) 0153-72-2042
所在都道府県名 北海道
見える化ID 002450
URL http://www.journalofdairyscience.org/article/S0022-0302(14)00500-1/pdf
カテゴリ 飼育技術 飼料設計 乳牛

研究情報

2015年度   Dairy Professional vol.2 子牛の管理~基本とポイント~

2014年度   出生から哺乳期の子牛管理の基本的な考え方とポイント

2013年度   育成牛の過肥の影響と予防

2013年度   用語解説 MUN(乳中尿素窒素)

2013年度   ホルスタイン種経産牛での発情後出血の見られる時期および人工授精後の受胎率との関係

2012年度   AM-PM法の有用性の検討

2012年度   基本に忠実に!哺育育成期の管理6カ条1)

2012年度   基本に忠実に!哺育育成期の管理6カ条2)

2012年度   基本に忠実に!哺育育成期の管理6カ条3)

2011年度   AM-PM法の有用性の検討

2011年度   分娩後の乳牛における子宮内細菌感染率の推移および細菌感染率の農家間差異

2011年度   牧草サイレージ主体TMR給与におけるDDGS利用がメタン産生量および乳生産に及ぼす長期的影響

2010年度   破砕処理トウモロコシサイレージにおけるローラ間隔の違いが乳牛の炭水化物およびタンパク質利用に及ぼす影響

2009年度   固形飼料給与量の制御による乳用子牛の4週齢離乳法

2009年度   牛乳中メラトニン濃度の季節変動と搾乳ロボットによるメラトニン乳生産の可能性

2009年度   トウモロコシサイレージにおける破砕処理が乳牛の炭水化物およびタンパク質利用に及ぼす影響

2009年度   とうもろこしサイレージの給与割合が泌乳後期の乳牛の飼料摂取量および乳生産に及ぼす影響

2008年度   直接給与生菌剤(製品名;BLCSルナシータDIBA)給与による粗飼料の利用効率向上効果

2008年度   泌乳牛用TMRにおけるチモシー2番草サイレージの栄養評価

2008年度   63℃30分の熱処理が初回初乳の抗体濃度と子牛への移行割合に与える影響

2008年度   哺乳期間および給与粗飼料の違いがホルスタイン雌牛の発育に及ぼす影響

2007年度   高泌乳牛における乾乳期間の違いが繁殖成績および血中代謝産物に及ぼす影響

2007年度   高泌乳牛における乾乳期間の違いが泌乳前期の体重、飼料摂取量および乳生産に及ぼす影響

2007年度   飼料用とうもろこしの高度利用とその課題

2007年度   泌乳牛における2番草サイレージ給与が飼料摂取量、乳生産および成分消化率に及ぼす影響

2007年度   泌乳牛におけるしょうゆ油のルーメン内投与量の違いが飼料摂取量、ルーメン内発酵および乳生産に及ぼす影響

2007年度   新版 酪農用語解説

2007年度   自給飼料を上手に使った3カ月齢までの子牛の育て方

2005年度   集団哺育における離乳時期の違いが乳用種雄子牛の反芻胃の発達に及ぼす影響

2005年度   自動搾乳システムにおける搾乳回数の違いが血液成分に及ぼす影響

2005年度   自動搾乳システムにおける搾乳回数の違いが泌乳前期牛の飼料摂取量および乳性産に及ぼす影響

2005年度   昼夜放牧時の泌乳牛の行動と血中代謝産物濃度との関連

2005年度   放牧利用における泌乳牛の採食および反芻行動とルーメン内発酵との関連

2005年度   TMRにおけるデンプン源の違いが乾乳牛の第一胃内容液性状に及ぼす影響

2005年度   重窒素で標識した牧草による牛のタンバク質消化率の測定事例

2005年度   重窒素で標識した牧草による牛のタンパク質消化率の測定事例

2003年度   熟期の異なる破砕処理とうもろこしサイレージを給与した乳牛の咀嚼行動およびルーメン内容物性状と繊維消化率の関連

2003年度   熟期の異なる破砕処理とうもろこしサイレージを給与した乳牛の十二指腸内容物性状と下部消化管の繊維消化率

2003年度   糊熟期とうもろこしサイレージの破砕処理条件が泌乳初期乳牛の乳生産に及ぼす影響

2003年度   糊熟期とうもろこしサイレージの破砕処理条件が乳牛の炭水化物および蛋白質利用性に及ぼす影響

2003年度   熟期の異なる破砕処理とうもろこしサイレージの給与が乳牛の炭水化物および蛋白質利用性に及ぼす影響

2003年度   尿素添加水準の違いがポテトパルプサイレージの化学成分組成と貯蔵性に及ぼす影響

2003年度   デオキシニバレノールの飼料汚染状況と乳牛の生産成績

この記事は