谷口郁也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部
肩書き 上級研究員
氏名 谷口郁也
連絡先(電話番号) 029-838-6974
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000024
URL http://researchmap.jp/read0111663
カテゴリ 育種 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 遺伝的形質 ゲノム育種 新品種 新品種育成 品種 品種開発 品種改良 ぶどう マンゴー

研究情報

2013年度   チャ新芽への遮光処理がアミノ酸代謝経路の遺伝子発現に及ぼす影響

2012年度   Expressed sequence tags from organ-specific cDNA libraries of tea (Camellia); insert into thesis values (sinensis) and polymorphisms and transferability of EST-SSRs across Camellia species

2012年度   'Sunrouge' a New Tea Cultivar with High Anthocyanin

2012年度   Construction of a high-density reference linkage map of tea (Camellia sinensis)

2012年度   サイクロン式吸引洗浄装置によるチャノミドリヒメヨコバイの被害軽減効果

2012年度   SSRマーカーを基にしたチャの標準連鎖地図

2012年度   網羅的遺伝子発現解析によるチャの遮光処理の影響評価

2011年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性のやや早生緑茶用品種‘さえあかり’の育成

2011年度   暖地向け緑茶用極早生品種‘しゅんたろう’の育成とその特性

2011年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性の緑茶用品種「さえあかり」(茶農林55号)

2010年度   茶の病害虫抵抗性系統「枕崎34号」と「枕崎35号」の幼木期における虫害程度と加害種の違い

2010年度   Identification of quantitative trait loci for resistance to anthracnose in the tea cultivar ‘Minamisayaka’ using an SSR-based linkage map

2009年度   萎凋香を安定して発揚させる生葉管理装置の開発、第二報 萎凋香味発揚のための最適な生葉保管条件の検討

2009年度   環境保全型防除下における各チャ品種の虫害程度と虫害特性

2009年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性の緑茶用新品種候補「枕崎30号」

2008年度   萎凋香を安定して発揚させる生葉管理装置の開発、 ー生葉保管時間と生葉温度及び送風量が萎凋香の発揚に与える影響ー

2007年度   単純反復配列(SSR)マーカーを利用したチャの品種識別

2006年度   茶施肥削減技術研究チーム(野茶研)フローサイトメトリーによるチャ(Camellia sinensis),ツバキ(C. japonica)およびその種間交雑種のゲノムサイズの推定

2004年度   茶中間母本農4号

2004年度   茶中間母本農5号

2004年度   茶中間母本農6号

2004年度   種間交雑によるアントシアニン高含有‘茶中間母本農6号’の育成

2002年度   チャF1集団中における緑茶の色沢審査評点、色差計による計測値、pHとの関係

2001年度   チャにおける3' 側1?2塩基付加プライマーの組合せによるRAPDバンドの強調とバックグラウンドバンドの消去

2018年度   安定性と再現性が確保されたブドウの品種識別技術マニュアル

2015年度   被覆栽培に適した高品質な緑茶用新品種候補枕崎32号

2014年度   単純反復配列(SSR)マーカーに基づいたチャ遺伝資源コアコレクションの構築

2012年度   チャにおける発現遺伝子の塩基配列大量解読とカタログ化

2012年度   SSRマーカーを基にしたチャの標準連鎖地図

2011年度   病虫害複合抵抗性の暖地向き早生緑茶用品種「なんめい」

2011年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性の緑茶用品種「さえあかり」(茶農林55号)

2009年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性の緑茶用新品種「さえあかり」(旧系統名:枕崎30号)

2009年度   カフェインレスチャ品種育成のための育種素材とカフェインレス形質の遺伝様式

2008年度   極早生の緑茶用新品種「しゅんたろう」(旧系統名:「枕系47-18」)

2008年度   チャにおける高アントシアニン新品種候補「枕個03-1384」

2008年度   牧之原赤黄色茶園土壌の細菌相

2005年度   茶中間母本農3号由来の高カフェイン形質に連鎖するDNAマーカー

2003年度   クワシロカイガラムシ抵抗性のDNAマーカー選抜可能な茶中間母本候補2系統

2003年度   アントシアニン高含有チャ育成のための新中間母本候補'F95181'

2003年度   クワシロカイガラムシ抵抗性遺伝子MSR-1を識別するアレル特異性の高いe-RAPD

2002年度   不鮮明なRAPDバンドを鮮明なバンドに変換するe-RAPD法

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   茶で検出されたニコチンの起源の解明

この記事は