小松 篤司

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 小松 篤司
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000237
URL https://researchmap.jp/koma2/
カテゴリ 飼育技術 飼料設計 飼料用作物 水稲 肉牛

研究情報

2014年度   Comparison of urinary cortisol levels in Holstein and Japanese Shorthorn cows in response to breeding system and heat stress

2014年度   冬季屋外飼育への移行時における血中免疫、抗酸化能および代謝関連成分の推移

2014年度   日本短角種肥育牛への圧砕稲わら給与が血液成分および産肉性に及ぼす影響

2014年度   Physiological changes during feeding and rumination in cows

2013年度   Biological rhythms related to metabolism in Japanese Shorthorn cattle under varying environments and management techniques.

2013年度   Welfare of lactating Holstein cows under outdoor grazing and indoor housing in relation to temperature and humidity in summer in Japan

2013年度   北東北地域の酪農現場における暑熱の影響の実態調査

2011年度   Rat damage control to round-baled silage by modifying storage layout

2009年度   Reduction of rat damage to forage paddy rice stored as round-baled silage by modifying the storage layout.

2009年度   イネWCSとイナワラサイレージのトコフェロール含量の比較

2009年度   イネWCSとイナワラサイレージのトコフェロール含量の比較

2009年度   ウシ削蹄時の血液流動性及び代謝産物の変化

2009年度   Reduction of rat damage to forage paddy rice stored as round-baled silage by modifying the storage layout(水稲ラップサイレージへのネズミ被害の軽減策)

2008年度   飼料イネのサイレージ発酵に及ぼす細切・高密度詰込みの影響

2008年度   稲発酵粗飼料におけるネズミ食害対策-底部から侵入する野ネズミへの対策-

2008年度   タイヌビエの混入が泌乳牛における稲発酵粗飼料の嗜好性に及ぼす影響

2007年度   ミニロールベール体系によって予乾収穫された稲発酵粗飼料の牛における未消化籾排泄率と栄養価

2007年度   潜在性乳房炎罹患牛乳房炎へのリポソーム包埋rbGM-CSF投与による乳汁及び末梢血白血球サブポピュレーションの変動

2007年度   リポソーム包埋または非包埋rbGM-CSFの潜在的乳房炎罹患乳房内投与が乳汁CMT値,CL能,SCC,黄色ブドウ球菌数などに及ぼす影響

2004年度   黄色ブドウ球菌由来潜在性乳房炎罹患乳房へのrbG-CSF投与の影響

2004年度   ブタ周期性黄体におけるinterleukin (IL) -4 ならびにIL-6 に関する研究

2003年度   ブドウ球菌由来潜在性乳房炎罹患乳房へのrboIL-8投与の影響

2003年度   泌乳牛における給与飼料中の粗蛋白質含量の違いが乳生産性、窒素排泄量および糞尿由来窒素揮散に及ぼす影響について

2002年度   ブドウ球菌由来潜在性乳房炎罹患乳房へのrboIL-8投与の影響

2002年度   乳牛のグレリン注入に対する血漿インスリン,グルカゴン及び代謝産物濃度の変化

2002年度   ホルスタイン種の泌乳ステージの進行に伴うレジスチンの変化

2001年度   乳牛におけるグレリンと成長ホルモン放出因子の末梢投与に対するGH分泌応答

2001年度   ホルスタイン種の泌乳ステージの進行に伴う乳腺、脂肪、及び筋肉組織中のグルコーストランスポーター(GLUT)の変化

2001年度   黒毛和種肥育牛にみられるインスリン抵抗性と血漿ホルモン及び代謝産物濃度

2000年度   妊娠初期ウシ乳腺上皮細胞におけるカゼイン合成及び増殖に及ぼすデキサメサゾンの影響

2000年度   リアルタイムPCR法によるウシ肝臓中のIGF-1 mRNA発現量の測定

2000年度   搾乳牛における給与飼料中のCP水準が糞尿中への窒素排泄量および臭気物質の発生に及ぼす影響について

2017年度   粗飼料多給下において長期哺乳は子牛の発育を向上させる

2016年度   透湿防水シートはウシの嗜好性を落とさず乾燥圧砕稲わらの屋外保管を可能にする

2014年度   寒冷地の冬季屋外飼養は黒毛和種繁殖雌牛の生産性や健康に影響を与えない

2014年度   飼育環境の違いによるストレス反応はウシの品種間で異なる

2013年度   ウシの咀嚼計と加速度計から行動および姿勢を判別するプログラム

2012年度   ウシは採食および反芻行動中に血中遊離脂肪酸濃度が減少する

2010年度   圧砕稲わらの粗飼料価指数は通常給与で60~70分程度である

2009年度   東北地域での稲発酵粗飼料向け品種の湛水直播栽培における出穂予想マップ

2008年度   飼料イネロールベールは「広々配置」すればネズミ食害を軽減できる

2008年度   細切・高密度処理を行った水分含量60%以上の稲発酵粗飼料の発酵特性

2008年度   小型データロガーを利用したウシの採食・反芻時間測定装置

2008年度   ウシラクトフェリンは哺乳子牛の急性相反応を制御する

2007年度   手持ちの機械を活用した予乾体系によるミニロール稲発酵粗飼料の生産コスト

2007年度   乳牛の腹腔内脂肪組織におけるアディポネクチンおよびレプチン発現の変化

2007年度   去勢牛におけるレジスチン及びTNF-α発現の品種特性

2005年度   乳牛の脂肪及び乳腺組織におけるグルコース輸送担体遺伝子の発現の変化

2005年度   黄色ブドウ球菌由来潜在性乳房炎に対するrbGM-CSFとrbIL-8の治癒効果

2004年度   乳清蛋白質濃縮物は哺乳子牛の脂質吸収を高める

2004年度   消化管ホルモングレリンは泌乳牛の成長ホルモン分泌を高める

2004年度   乳牛の脂肪及び乳腺組織におけるレジスチンの発現

2004年度   乳清蛋白質濃縮物は哺乳子牛の脂質吸収を高める

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   哺乳子牛のサイトカイン産生能に対するラクトフェリンの調節作用と臨床応用

2006-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   アディポネクチン及びレプチン分泌解析による泌乳牛のグルコース代謝調節機構の解明

2003-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ラクトフェリンによる新生子牛の免疫及び代謝内分泌機能の向上

この記事は