志水 学

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 志水 学
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000231
URL http://researchmap.jp/CPO
カテゴリ 飼育技術 肉牛 繁殖性改善

研究情報

2013年度   Production of fertile offspring from oocytes grown in vitro by nuclear transfer in cattle

2012年度   Optimization of oxygen concentration for growing bovine oocytes in vitro: constant low and high oxygen concentrations compromise the yield of fully grown oocytes.

2012年度   Milrinone treatment of bovine oocytes during in vitro maturation benefits production of nuclear transfer embryos by improving enucleation rate and developmental competence.

2008年度   卵胞腔形成期前後の異なる発育段階から培養したウシ卵母細胞の体外発育

2006年度   Estradiol-Benzoate製剤による卵胞発育制御がウシの生体内卵子吸引成績およびその後の胚発生成績に及ぼす影響

2006年度   肉用牛で発情日にCIDRの処置を開始すると発情同期化効果は低下する

2004年度   成熟培地へのリノール酸アルブミン添加がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2004年度   ウシ子宮内膜組織の採取がその後の発情周期の長さ及び受胎性に及ぼす影響

2003年度   ガラス化液へのPolyvinylpyrrolidoneの添加が体外受精由来ウシ胚盤胞のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2002年度   ガラス化液に添加したPolyvinylpyrrolidoneが体外受精胚の生存性に及ぼす影響

2002年度   異なる発育段階からのウシ発育途上卵母細胞の体外培養

2002年度   ガラス化液の添加・除去条件がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2002年度   黒毛和種におけるインヒビン免疫が一次主席卵胞の発育時期に及ぼす影響

2001年度   組換えウシインターフェロン-タウの子宮内への連続投与が黄体機能に及ぼす影響

2001年度   未受精卵子の凍結技術について-未受精卵子の成熟培養時間がその後の体外受精に及ぼす影響

2001年度   バキュロウイルス発現系により作出した組換えウシインターフェロン-タウの子宮内投与が発情周期に及ぼす影響

2001年度   Morphological difference of placentome formation by somatic cell nuclear transferred embryo

2001年度   インヒビン免疫が牛の生体内卵子吸引に及ぼす影響

2001年度   GV移植により再構築した老齢ウシIVMFC卵子由来胚の移植後の妊娠例

2000年度   成熟培地へのリノール酸アルブミン添加がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2000年度   Effect of lipid polarization by centrifugation at different developmental stages on post-thaw survival of bovine in vitro produced 16-cell embryos

2000年度   マイクロドロップレット法で凍結保存した体外受精胚をドナー細胞とした核移植の検討

2000年度   Effects of cysteamine in non-serum maturation medium on the maturation and fertilization of bovine oocytes cultured with or without cumulus cells.

2000年度   In vitro culture of bovine preantral follicles.

2000年度   Effects of intrauterine administration of recombinant bovine interferon-tau derived from baculovirus expression system on interestrous intervals in heifers.

2000年度   成熟培地へのリノール酸アルブミン添加がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2000年度   ドナー細胞の違いがウシ体細胞核移植胚の発生に及ぼす影響

2000年度   ベトナムにおける家畜の希少遺伝資源の共同調査

2000年度   細胞の凍結保存方法

2000年度   Regeneration of bovine uterine epithelial cell lines and formation of spheroids: in vitro model of uterine tissue

2000年度   A comparison of in vitro culture of oocytes with surrounding cumulus and granulosa cells from bovine early antral follicles with same size whole follicles.

2000年度   マイクロドロップレット法による牛体外成熟卵子の保存におけるサイトカラシンD前処理の影響

2000年度   マイクロドロップレット法で凍結保存したレシピエント卵子による核移植成績

2000年度   牛体外成熟卵子の凍結保存について

2000年度   体外受精胚および未受精卵子の凍結保存技術

2000年度   卵子の保存技術

2000年度   A highly efficient modified vitrification methods, for day 3 in vitro produced bovine embryos.

2000年度   Development of embryos using bovine cumulus cells for nuclear transfer.

2000年度   超音波ガイドで採取した牛生体由来卵丘細胞-卵子複合体からの核移植胚の作出

2000年度   Factors Affecting the Survivability of bovine oocytes vitrified in droplets.

2000年度   Effects of cytochalasin D on vitrification of bovine in vitro matured oocytes in microdroplet.

2000年度   ウシ卵子のガラス化保存と利用

2000年度   マイクロドロップレット法で凍結保存したレシピエント卵子による核移植

2000年度   マイクロドロップレット法による未受精卵子の凍結保存

2018年度   籾米サイレージとビール粕を用いた黒毛和種繁殖雌牛の分娩前後の飼料費低減

2015年度   ICT・複数のセンサを使用し牛の発情を示す乗駕許容行動を判別するシステム

2013年度   体外発育卵母細胞をレシピエント卵子とする体細胞クローン牛の作出

2013年度   黒毛和種繁殖牛では緩慢な黄体退行は鈍性発情の原因となる

2013年度   黒毛和種における乗駕許容行動の特徴

2012年度   卵子成熟培地へのミルリノン添加によりウシ核移植胚の作製効率が向上する

2010年度   オキシトシン負荷試験を利用した黒毛和種雌牛の受胎性評価

2009年度   黒毛和種において処置に大きな自由度を有する発情同期化法(Flex-Synch)

2006年度   肉用牛で発情日にCIDRの処置を開始すると発情同期化効果は低下する

2006年度   培養液へのデキサメタゾン添加は牛卵母細胞の体外発育を促進する

2005年度   生体由来ウシ子宮内膜のオキシトシン感受性試験を利用した子宮機能の評価

2005年度   培養環境の段階的な酸素濃度調節によるウシ卵母細胞の発育の向上

2004年度   生体内卵子吸引で採取成績および胚作出成績を向上させる方法

2004年度   日本短角種における生体内卵子吸引−胚生産の特性

2004年度   日本短角種における生体内卵子吸引−胚生産の特性

2002年度   インヒビン免疫はウシの生体内卵子吸引成績を向上させる

2002年度   ウシおよびブタの発育途上卵母細胞の効率的な培養システムの開発

2001年度   組換えウシインターフェロンτの子宮内連続投与は発情周期を延長させる

2000年度   マイクロドロップレット法を用いたウシ卵割期胚の凍結保存

2000年度   無血清成熟培地へのシステアミン添加は、ウシ体外成熟・受精卵の発生率を向上させる

1999年度   ウシ未受精卵子の極めて生存性の高い凍結保存法

1996年度   ウシ体外受精由来胚の凍結保存液へのリノール酸ウシアルブミンの添加効果

この記事は