田中義則

所属機関名 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 農業研究本部 中央農業試験場
肩書き 遺伝資源部長
氏名 田中義則
連絡先(電話番号) 0125-23-3397
所在都道府県名 北海道
見える化ID 002305
URL http://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/chuo/idenshigen/pgr-0.htm
http://www.hro.or.jp/research/database.html
カテゴリ あずき 栽培技術 大豆 品種

研究情報

2014年度   ダイズ新品種「トヨハルカ」の育成

2014年度   豆腐加工適性と耐冷性に優れる大豆新品種「とよみづき」の育成

2012年度   ダイズ新品種「ゆめのつる」の育成

2011年度   ダイズの分枝数と伸育性遺伝子との関係

2011年度   ダイズの分枝数を制御するQTL群の効果の確認

2010年度   Mapping and comparison of quantitative trait loci for soybean branching phenotype in two locations.

2010年度   だいず「ユキホマレ」のセンチュウ抵抗性を強化した新品種「十育247号」

2009年度   大豆における開花期以降の耐湿性圃場検定法

2009年度   大豆における開花期以降の耐湿性圃場検定法

2009年度   北海道のダイズシストセンチュウ発生圃場に抵抗性品種を効果的に導入する簡易評価判定法解析

2009年度   大豆草型改良による収量性と機械化適性向上の可能性

2009年度   低温抵抗性、低温着色抵抗性および密植機械収穫適性に優れたダイズ品種「トヨハルカ」の育成

2009年度   低温抵抗性でイソフラボン含量が高いダイズ品種「ゆきぴりか」の育成

2009年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2009年度   A major QTL, qPDH1, is commonly involved in shattering resistance of soybean cultivars.

2008年度   「WILIS」を母本としたダイズわい化病高度抵抗性系統「植系32号」の育成

2008年度   寒地におけるダイズ子実イソフラボンの含量・成分組成に及ぼす登熟気温の影響および品種間差

2008年度   大豆におけるマーカー育種の現状と今後の展望

2008年度   「Adams」由来ジャガイモヒゲナガアブラムシ抵抗性QTLの戻し交配による導入はジャガイモヒゲナガアブラムシ抵抗性およびダイズわい化病抵抗性を向上させる

2008年度   ダイズ分枝数を支配する遺伝要因の探索

2008年度   ダイズの難裂莢性DNAマーカー

2007年度   ダイズシストセンチュウの簡易レース診断法(予報)

2007年度   I から i への突然変異に由来するダイズ種皮着色変異体における I 遺伝子候補領域の構造変異

2007年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2006年度   高イソフラボン大豆品種十育241号の特性

2006年度   ダイズの裂莢性に関するQTL解析

2006年度   WILIS由来のダイズわい化病抵抗性系統の評価と選抜法

2006年度   ダイズシストセンチュウの簡易レース診断法(予報)

2006年度   I から i への突然変異に由来するダイズ種皮着色変異体における I 遺伝子候補領域の構造変異

2006年度   アカマツ林・コナラ林における森林整備後の土砂移動量

2005年度   高イソフラボン大豆新品種「十育241号」の特性

2005年度   (ii)茎疫病抵抗性育種の現状と展望

2005年度   北海道における大豆品種育成の現状と今後の取り組み

2005年度   茎葉処理除草剤ベンタゾン感受性のダイズ品種間差異

2005年度   北海道における大豆品種育成の現状と今後の取り組み

2005年度   大豆栽培のポイント

2005年度   道産大豆-安定生産・品質向上への課題.畑作-収益向上を果たすためには

2005年度   3.大豆

2003年度   ダイズ草型が普通型コンバイン収穫適性に及ぼす影響

2003年度   ダイズ草型が普通型コンバイン収穫適性に及ぼす影響

2008年度   ダイズの難裂莢性DNAマーカー

2008年度   露地直播栽培えだまめの品種特性

2008年度   大豆における開花期以降の耐湿性圃場検定法

2006年度   粒大が大きく、裂皮の少ないだいず新品種「中育52号」

2006年度   だったんそば「北海T8号」の高ルチン子実生産のための安定栽培法

2006年度   道央水田転換畑における秋まき小麦「ホクシン」の大豆畦間ばらまき栽培法

2005年度   基盤整備した汎用田の透排水性と先端的技術導入による多収栽培の実証

2005年度   高イソフラボンのだいず新品種候補「十育241号」

2004年度   道央転換畑における根粒着生不良大豆への窒素追肥による収量・品質改善

2004年度   春まき小麦「春よ恋」の初冬まき栽培法

2004年度   低温着色に強く機械収穫向きの大粒だいず新品種「トヨハルカ(十育237号)」

2004年度   「 WILIS 」を用いたダイズわい化病高度抵抗性育種素材

2003年度   DNA マーカーを用いたダイズシストセンチュウ・レース 1 抵抗性の選抜法

2003年度   DNA マーカーを用いたダイズシストセンチュウ・レース1 抵抗性の選抜法

2000年度   早熟、複合抵抗性のコンバイン収穫向きだいず新品種候補系統「十育233号」

1999年度   畑作経営への野菜導入に向けた収穫作業省力化技術等の経営的評価

1997年度   耐冷性の強いコンバイン収穫向きだいず新品種候補系統「十育227号」

この記事は