東山 雅一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 東山 雅一
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000227
URL https://researchmap.jp/hig/
カテゴリ 傾斜地 栽培技術 飼育技術 省エネ・低コスト化 植生管理 飼料設計 低コスト 肉牛 肥培管理 放牧技術

研究情報

2014年度   Comparison of urinary cortisol levels in Holstein and Japanese Shorthorn cows in response to breeding system and heat stress

2014年度   日本短角種去勢牛の2シーズン放牧肥育における放牧中の適正な増体量

2014年度   北東北のオーチャードグラスとイタリアンライグラス優占の採草地を利用した冬季放牧が翌年収量と栄養価に及ぼす影響

2013年度   北東北の採草地を利用した冬季放牧における日本短角種育成牛の日増体量

2013年度   Maternal Effects of Japanese Shorthorn Cows on the Growth of Embryo-transferred Japanese Black Calves in a Cow-calf Grazing System

2013年度   Welfare of lactating Holstein cows under outdoor grazing and indoor housing in relation to temperature and humidity in summer in Japan

2012年度   北上山地半自然草地における樹木の当年生実生の動態に及ぼす放牧の影響

2012年度   異なる土壌水分条件における放牧牛の踏圧がフェストロリウム(x Festulolium Braunii)草地の植生に与える影響

2012年度   傾斜放牧草地における牛の排尿と尿由来養分の空間分布

2012年度   北上山地半自然草地における樹木の当年生実生の動態に及ぼす放牧の影響.

2011年度   Diurnal pattern of excretion in grazing cattle

2011年度   傾斜放牧草地における牛の排ふんとふん由来養分の空間分布

2010年度   北東北の採草地を利用した冬季放牧における牛の滞在場所と摂食場所の選択性に影響する要因

2008年度   異なる飼養環境下のホルスタイン種搾乳牛における尿中ストレス物質の変化

2008年度   東北地域の公共牧場における肉用牛放牧頭数の推移の解析

2007年度   水田跡地の放牧利用に適した永年生牧草の検討

2007年度   コンテナサイロによる地ビール粕の貯蔵・利用技術の開発

2006年度   北東北の肉用牛生産地帯における公共牧場の利用実態

2005年度   地ビール粕の飼料利用システム

2005年度   日本短角種の秋市場における体重と価格

2004年度   岩手県内公共草地におけるロールベールラップサイレージ生産とその品質

2004年度   日本短角種去勢牛における牧草サイレージ飽食下での濃厚飼料摂取量と体重および枝肉成績との関係

2004年度   日本短角種生産地域における放牧延長技術の現地実証試験

2003年度   岩手県における食品製造副産物の飼料利用に関する実態調査

2002年度   放牧牛のバイト数の推定.1. バイトレートと採食時間から

2002年度   放牧牛のバイト数の推定.2. 顎運動自動測定装置から

2002年度   傾斜放牧草地における土壌養分の分布に牛排泄行動がおよぼす影響

2002年度   草地におけるダイオキシンの動態■-放牧牛による摂取・排出及び蓄積量の推定-

2002年度   草地におけるダイオキシンの動態 I-草地におけるダイオキシン濃度-

2002年度   リードカナリーグラス放牧草地における家畜生産

2002年度   リードカナリーグラス放牧草地における草量、消化率および草種・部位構成割合の変動

2002年度   放牧草地の地形土壌と微量汚染物質ダイオキシン

2001年度   リードカナリグラス放牧草地における草量、供給草量、採食量および家畜生産の季節変化

2001年度   リードカナリグラス放牧草地における採食量と草量および供給草量との関係

2017年度   カバークロップによる除染後傾斜畑での放射性セシウム流出抑制効果

2016年度   湿潤転換畑での放牧では、耐湿性草種でも踏圧により早期に衰退する

2015年度   日本短角種2シーズン放牧における肥育中期の目標日増体量は0.6kg以上である

2015年度   日本短角種牛を採草地で冬季放牧する時の家畜管理方法と翌年収量

2014年度   傾斜放牧草地における省力化と省資源化を可能とする新たな施肥法

2014年度   飼育環境の違いによるストレス反応はウシの品種間で異なる

2013年度   日本短角種に出産、哺育される黒毛和種子牛は発育が良い

2012年度   放牧による野草地のダケカンバ二次林化の防止機構

2009年度   日本短角種を借腹とする黒毛和種胚移植子牛の哺育期における生育特性

2007年度   北上山地高標高公共草地における日本短角種親子牛群の放牧期間の日増体量

2006年度   北上山系の高標高地でもサイレージ用トウモロコシが生産できる

2005年度   地域自給飼料を活用した日本短角種の生産は地球温暖化負荷が低い

2004年度   角形コンテナサイロによる地ビール粕の貯蔵・利用技術

2004年度   配合飼料制限給与または地域自給飼料だけで日本短角種を肥育する技術

2004年度   角形コンテナサイロによる地ビール粕の貯蔵・利用技術

2004年度   配合飼料制限給与または地域自給飼料だけで日本短角種を肥育する技術

2004年度   日本短角種の肉はメトミオグロビンの生成が遅い

2004年度   放牧で仕上げた日本短角種の肉質

2004年度   角形コンテナサイロによる地ビール粕の貯蔵・利用技術

2004年度   配合飼料制限給与または地域自給飼料だけで日本短角種を肥育する技術

2004年度   日本短角種の肉はメトミオグロビンの生成が遅い

2004年度   放牧で仕上げた日本短角種の肉質

2002年度   放牧牛のバイトレートと採食時間からのバイト数の推定方法

2002年度   放牧草地におけるダイオキシン類濃度と動態

2002年度   無施肥下のリードカナリーグラス放牧草地の草量、消化率および家畜生産

2001年度   火入れ放棄がススキ草地の局所的な動態に及ぼす影響

2001年度   霧ヶ峰におけるススキの更新様式

この記事は