福田 栄紀

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 福田 栄紀
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000225
URL http://researchmap.jp/3122/
カテゴリ 気候変動対策 栽培技術 飼育技術 飼料設計 低コスト 肉牛 播種 肥培管理

研究情報

2014年度   ネムノキ(Albizia julibrissin Durazz.)がオーチャードグラス(Dactylis glomerata L.)の生育と飼料成分特性に及ぼす影響

2010年度   Effects of Feces on Spatial Distribution patterns of Grazed Grassland Communities.

2009年度   放牧牛がブナ林内ササ植生中のスギ稚樹の生残と生育に及ぼす影響

2009年度   放牧草地のノイバラパッチが木本稚樹の分布と生育に及ぼす影響

2008年度   放牧利用される放棄農林草地でのスイバに対するヤギと牛の採食特性

2008年度   竹林伐採跡地における種子混入牛糞塊からの出芽牧草の生残と生育

2008年度   草地内樹木が暖地での寒地型牧草の空間分布に及ぼす影響および分布の草種間差違

2005年度   ブラジルの農牧輪換圃場におけるアーバスキュラー菌根菌相

2005年度   ブラジルの農牧輪換圃場におけるアーバスキュラー菌根菌相

2003年度   ブラジルサバンナにおける低湿地の草地化に関する現地実証試験

2002年度   ブラジル中西部における多時期衛星データを用いた草地荒廃評価

2002年度   ブラジルの農牧輪換圃場におけるアーバスキュラー菌根菌相

2001年度   ヤギや牛の放牧が森林伐採跡の植生変化に及ぼす影響-森林地帯にシバ草原が成立するしくみ-

2001年度   シバムギの生育に伴う飼料成分変化と家畜採食量

2001年度   牛群の採食回遊習性を利用した省力放牧法の可能性 3.2牧区間における牛群の採食回遊

2001年度   牛群の採食回遊習性を利用した省力放牧法の可能性 3.水場を移動したときの牛群の行動域の変化

2001年度   放牧牛の排糞が草地の種多様性に及ぼす影響(2)開花結実個体数の季節変化

2001年度   放牧牛の排糞が草地の種多様性に及ぼす影響(3)糞中種子と埋土種子の季節変化

2001年度   放牧草地における植物種分布の不均一性とフラクタル次元との関係

2001年度   ヤギや牛の放牧が森林伐採跡の植生変化に及ぼす影響ー森林地帯にシバ草原が成立する仕組みー

2001年度   主要研究成果(参考): 放牧牛は林床ササ植生中のブナやスギ稚樹の生育を助ける

2000年度   のれん状電柵を利用したバンカーサイロ自由採食

2000年度   シロクローバの第1胃内滞留種子の発芽に及ぼす糞中越冬の影響(4)

2000年度   のれん状電柵を利用したバンカーサイロ自由採食

2000年度   シバムギ、リードカナリーグラス、ケンタッキーブルーグラスにおける地下茎の拡散能力

2000年度   Morphological responses to local light conditions in rhizomateous grasses

2000年度   糞がもたらす草地の動的モザイク環境と草種の共存

2000年度   放牧牛の排糞が草地の種多様性に及ぼす影響

2000年度   家畜の移動モニタリング装置

2000年度   家畜の移動モニタリング装置

2000年度   シロクローバの第1胃内滞留種子の発芽に及ぼす糞中越冬の影響(3)

2000年度   Difference in the Tolerance to Rumen Retention in Zoysia

2000年度   Goats and Cattle created Zoysia Japonica Grasslands By themselves

2000年度   草食家畜の放牧が二次林伐採跡地の植生遷移に及ぼす影響

2000年度   ヤギや牛が森林の伐採跡に草地をつくる

2000年度   草食家畜の放牧が二次林伐採跡地の植生遷移に及ぼす影響

2000年度   ヤギや牛が自分でつくったシバ草地

2000年度   シバ草地構成種の草食家畜を利用した種子散布と分布域拡大

2000年度   ヤギや牛の放牧でつくられた草地

2000年度   Comparison of grazing behaivior between cows and calfs on a quackgrass and perennial ryegrass pasture.

2000年度   東北の草地とヨーロッパの草地

2000年度   東北地方におけるシバムギ草地の生産性及び草種構成に及ぼす影響

2000年度   シバムギの飼料成分及びその成熟に伴う変化特性

2000年度   Forage quality,yield and palatability of quackgrass(Elytrigia repens(L.)Nevski)

2000年度   シバムギの生育に伴う飼料成分変化と家畜採食量

2000年度   無施肥草地における放牧牛の排糞除去が土壌と牧草の養分特性に及ぼす影響

2000年度   放牧牛の排糞が草地の種多様性に及ぼす影響(2)開花結実個体数の季節変化

2000年度   放牧牛の排糞が草地の種多様性に及ぼす影響(3)糞中種子と埋土種子の季節変化

2000年度   牛群の採食回遊習性を利用した省力放牧法の可能性 3.2牧区間における牛群の採食回遊

2000年度   採食回遊習性を利用した省力放牧法の可能性 4.水場を移動したときの牛群の行動域の変化

2000年度   山羊や牛が自分でつくったシバ草地

2000年度   家畜行動から見た路上ゲートの通過制御効果

2000年度   ヤギや牛が森林の伐採跡に草地をつくる

2014年度   寒地型牧草はネムノキの樹冠下で収量と栄養価が高まる

2014年度   火入れはクズの埋土種子を出芽させ、放牧は出芽個体を消滅させる

2008年度   ヤギは牛の好まない草地雑草スイバを好食する

2005年度   里地放牧技術の診断票

2005年度   放牧牛に付着するチカラシバ種子の実態

2005年度   ワラビを防除するためのシバ型草地の刈払い管理

2004年度   センチピードグラスの出芽と生育は落葉・落枝の焼却場所で良好になる

2003年度   シロアリのアリ塚周辺では牧草の生産力と栄養価、及び放牧牛の採食頻度が高まる

2003年度   耕作放棄地への牛の放牧導入によるイノシシの牽制

2003年度   絶滅危惧植物を保全するシバ型草地での放牧技術

2003年度   耕作放棄地への牛の放牧導入によるイノシシの牽制

2003年度   放牧牛の排糞は草地の種多様性を維持する

2003年度   絶滅危惧植物を保全するシバ型草地での放牧技術

2003年度   放牧牛の排糞はシバ型草地植生の種多様性を維持する

2002年度   放牧牛の排糞は草地構成種の種子繁殖に貢献する

2002年度   無施肥放牧草地での牛の排糞が土壌養分特性と生産力に及ぼす影響

2001年度   シバムギ混在草地の植生、牧養力並びに栄養価

2001年度   放牧牛は林床ササ植生中のブナやスギ稚樹の生育を助ける

2001年度   北東北地方の放棄シバ型草地の植生遷移に及ぼす刈払いの影響

2000年度   生育に伴う飼料成分の変化で牛の嗜好性が変わらないシバムギの特性

2000年度   生育に伴う飼料成分の変化で牛の嗜好性が変わらないシバムギの特性

1998年度   のれん状電柵を利用したバンカーサイロ自由採食

1998年度   家畜の移動モニタリング装置

1996年度   ヌルデ樹葉中タンニンの草食動物採食制御作用

1992年度   夏期・秋期の肥育素牛の増体に及ぼす兼用草地の放牧効果

この記事は