藤森 雅博

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 藤森 雅博
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000219
URL http://researchmap.jp/read0085766
カテゴリ 品種

研究情報

2014年度   フェストロリウム新品種「イカロス」の育成とその特性

2014年度   蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)法による東北地方で収集されたリードカナリーグラスと外来リードカナリーグラスにおけるrDNAの物理的マッピング

2012年度   Exceptionally high fertility observed in three F1 hybrids between Lolium multiflorum Lam. and L. temulentum L.

2012年度   四倍体イタリアンライグラス(Lolium multiflorum Lam.)における高乾物率選抜の効果

2011年度   Heat tolerance and suppression of oxidative stress: Comparative analysis of 25 cultivars of the C3 grass Lolium perenne

2011年度   Mapping of DNA markers linked to a thermosensitivity gene in sorghum

2011年度   Oxidative stress and physiological damage under prolonged heat stress in C3 grass Lolium perenne

2009年度   四倍体雄性不稔ペレニアルライグラスの育成、1.倍加個体及びその後代の雄性不稔性

2007年度   イタリアンライグラス中間母本農2号

2006年度   エムエスアイビーワン(出願番号:19950)

2006年度   エムエスアイエイワン(出願番号:19951)

2004年度   品種登録出願:エムエスティワン、出願番号:17355

2004年度   トウモロコシとテオシントの幼植物における湛水条件下での地表の不定根形成の系統変異と遺伝解析

2004年度   トウモロコシとテオシント幼植物において湛水条件下で地表に生じる不定根量の系統変異と遺伝解析.

2003年度   花粉を飛散させないトールフェスク新品種候補「MST1」

2003年度   イタリアンライグラスにおける雄性不稔性の遺伝解析

2002年度   トウモロコシ自殖系統における発芽前耐水性および幼植物耐湿性の変異

2002年度   とうもろこしのショ糖リン酸合成酵素(SPS)遺伝子を導入した組換えトールフェスクの安全性評価について 

2002年度   雄性不稔トールフェスクの育成3.BC7とBC8での花粉稔性と種子収量

2002年度   雄性不稔トールフェスクの育成4.開花期と種子稔性の選抜

2002年度   トウモロコシ自殖系統の幼植物における耐湿性の遺伝資源の検索

2002年度   交雑及び分子・細胞遺伝学的手法によるPanicum coloratum系統の遺伝的関係の解析

2002年度   イタリアンライグラスうどんこ病抵抗性遺伝子の推定

2002年度   イタリアンライグラスにおける冠さび病抵抗性遺伝子の連鎖解析

2002年度   イネ培養細胞由来変異ALS遺伝子を導入したトールフェスクとペレニアルライグラスの形質転換体作出

2002年度   アグロバクテリウムによるトールフェスクとペレニアルライグラスの形質転換

2002年度   パーティクルガンによるスーダングラスの組換え体作出

2001年度   ライグラスを種子親としたトールフェスク,メドウフェスクとの属間雑種植物(フェストロリウム)におけるNeotyphodiumエンドファイトの伝染(講要)

2001年度   増幅断片長多型(AFLP)法を用いたイタリアンライグラス高密度連鎖地図

2001年度   イタリアンライグラスとオーチャードグラスの属間F1雑種の作出

2001年度   a cDNA microarray analysis of crown rustresistanca in itarianryegrass(Lolium multiflorm Lam.)

2001年度   主要研究成果(参考): イタリアンライグラスで開発されたSSRマーカー

2001年度   AFLPによるトウモロコシ北方斑点病菌の個体識別(講要)

2001年度   デント種と在来フリント種との自殖系統間交配由来トウモロコシF3集団による子実重とその構成要素のQTL解析

2001年度   とうもろこしの蔗糖リン酸合成酵素遺伝子を導入したトールフェスク形質転換体の諸特性について

2000年度   Improvement in specificity of anti-endophyte antiserum with partial purification of antigen

2000年度   Stability of Neotyphodium-endophyte associations in populations from inter/intraspecific crossings of Lolium and Festuca species

2000年度   微量植物試料からのエライザ法を用いたエンドファイト検出法

2000年度   「Lolium perenne×L.multiflorum」における共生糸状菌(Neotyphodiumエンドファイト)の種子伝染

2018年度   ドローンを用いた牧草育種における個体選抜の評価法

2017年度   越夏性に優れるペレニアルライグラス新品種「東北7号PR」

2017年度   越夏性に優れるペレニアルライグラス新品種「東北7号PR」

2015年度   耐雪性に優れる早生イタリアンライグラス新品種「東北5号」

2015年度   ススキ-オギ種間雑種の大規模自生集団の発見と集団構造の解析

2015年度   草本系バイオマス作物の育種素材としてのオギ遺伝資源の探索収集とその特性

2014年度   3つの冠さび病抵抗性遺伝子を持つイタリアンライグラス新品種「那系33号」

2014年度   フェストロリウムのフェスクゲノム構成率推定に必要なサンプルサイズ

2013年度   メドウフェスクとトールフェスクは大型のサテライト染色体を持つ

2012年度   新規二倍体フェストロリウムにおける顕著な染色体構造変異

2009年度   花粉を飛散させないペレニアルライグラス系統「エムエスピーエイワン」

2007年度   冠さび病抵抗性遺伝子をホモに持つイタリアンライグラス中間母本候補「Hm3Pc」

2006年度   花粉の飛散が少ないイタリアンライグラス新品種「MSIA1」

2005年度   アグロバクテリウム法に適したトールフェスク等牧草類の遺伝子型の獲得

2005年度   イタリアンライグラスのアクチン遺伝子からの新規プロモーター単離

2003年度   花粉を飛散させないトールフェスク新品種候補「MST1」

2003年度   トウモロコシの近縁種テオシントが持つ耐湿性遺伝子のマッピング

2003年度   イタリアンライグラスの冠さび病抵抗性主働遺伝子の同定

2003年度   イネキチナーゼ遺伝子の導入により冠さび病抵抗性が付与された形質転換イタリアンライグラスの作出

2003年度   完全雄性不稔ライグラス類の作出方法

2003年度   トウモロコシの近縁種テオシントが持つ耐湿性遺伝子のマッピング

2003年度   イネキチナーゼ遺伝子を導入したイタリアンライグラス形質転換体の作出

2001年度   イタリアンライグラスで開発されたSSRマーカー

2001年度   イタリアンライグラスとオーチャードグラス属間雑種の効率的作出法

2000年度   アルファルファにおけるアルミニウムストレスに対応した有機酸分泌の特性

2000年度   ペレニアルライグラス由来のエンドファイトはフェストロリウムにも種子伝染する

2000年度   花粉症を起こさないトールフェスク

2000年度   増幅断片長多型(AFLP)法を用いたイタリアンライグラス高密度連鎖地図

1999年度   微量植物試料からのエライザ法を用いたエンドファイト検出法

1996年度   イネ・キチナーゼ遺伝子を導入した形質転換トールフェスクの作出

この記事は