塚崎光

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 塚崎光
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000216
URL http://www.naro.affrc.go.jp/tarc/introduction/chart/0303/index.html
カテゴリ 育種 いちご たまねぎ ねぎ はくさい 品種

研究情報

2014年度   Development of transcriptome shotgun assembly-derived markers in bunching onion (Allium fistulosum)

2011年度   さび病抵抗性を有する‘ねぎ中間母本農1号’の育成とその特性

2010年度   SSRマーカーを利用したネギ育種における応用研究

2010年度   Detection of quantitative trait loci controlling morphological traits in Brassica rapa L.

2010年度   Classification and identification of bunching onion (Allium fistulosum) varieties based on SSR markers

2010年度   Direct determination of the chromosomal location of bunching onion and bulb onion markers using bunching onion?shallot monosomic additions and allotriploid-bunching onion single alien deletions

2010年度   さび病抵抗性を有する中間母本候補「ネギ安濃3号」

2009年度   Molecular and biochemical identification of alien chromosome additions in shallot (Allium cepa L. Aggregatum group) carrying extra chromosome(s) of bunching onion (A. fistulosum L.)

2009年度   Development of microsatellite markers in cultivated and wild species of sections Cepa and Phyllodolon in Allium.

2009年度   Chromosome engineering techniques modify contents and constituents of fructans in cultivated Allium species

2009年度   ネギ(Allium fistulosum)の育種におけるSSRマーカーの応用

2008年度   形態および成長特性の主成分分析によるネギの品種分類の検証

2007年度   Isolation of 1,796 SSR clones from SSR-enriched DNA libraries of bunching onion (Allium fistulosum).

2005年度   はくさい中間母本農8号

2005年度   極晩抽性‘はくさい中間母本農8号’の育成とその特性

2005年度   はくさい中間母本農8号

2002年度   ハクサイ根こぶ病抵抗性に連鎖したSSRマーカーの開発

2001年度   キャベツ半数体倍加系統のAgrobacteriumによる形質転換

2001年度   小胞子からの植物体再分化能が高い中間母本系統‘はくさい中間母本農7号’の育成

2001年度   シロイヌナズナから単離されたストレス誘導性転写因子をコードする遺伝子(DREB1A)のコマツナへの導入

2000年度   アブラナ科野菜の黒腐病抵抗性育種に関わる諸問題

2000年度   Cryopreservation of Doritaenopsis suspension culture by vitrification.

2000年度   Brassica rapa に対する根こぶ病菌単休眠胞子由来菌株の病原性.

2000年度   ギリシャにおけるBrassica属植物の収集と特性

2000年度   Variation in virulence of field population (Plasmodiophora brassicae) and single-spore isolates in Japan tested with clubroot-resistant cultivars of Chinese cabbage (Brassica rapa L. ssp. pekinensis).

2000年度   ギリシャにおけるアブラナ科植物および野菜類の探索収集

2000年度   アブラナ科野菜遺伝資源の導入と評価 1)Brassica rapa(ハクサイ)導入品種・系統の特性調査

2000年度   アブラナ科野菜遺伝資源の導入と評価 2)Brassica juncea(カラシナ類)導入品種・系統の特性調査

2000年度   アブラナ科野菜遺伝資源の導入と評価 4)Brassica oleracea(ブロッコリ-、カリフラワー、ケール)導入品種・系統の特性調査

2000年度   ギリシャ国におけるアブラナ科野生種と在来野菜品種の共同探索・収集, 1999

2000年度   ギリシャにおけるアブラナ科野生種および野菜在来品種の探索・収集〔1〕

2000年度   ギリシャにおけるアブラナ科野生種および野菜在来品種の探索・収集〔2〕

2000年度   ギリシャにおけるアブラナ科植物自生種および野菜類在来品種の探索収集

2000年度   アブラナ科野菜遺伝資源の導入と評価

2000年度   ハクサイの晩抽性育種 1)低温感応性の極低いハクサイ系統の育成

2000年度   ハクサイ類根こぶ病抵抗性のQTL解析 1)Brassica rapaの連鎖地図作成

2000年度   ハクサイの花粉から植物体を再生する

2000年度   アブラナ科野菜の高再分化能系統の作出 1)‘ハクサイ安濃9号’の特性

2000年度   雄性不稔にしたナタネ

2000年度   Brassica属植物の自家不和合性制御遺伝子の単離と機能解析 1)アグロバクテリウムを用いたBrassica属野菜の形質転換

2000年度   Brassica oleraceaにおける形質転換体自殖後代でのGUS遺伝子の発現

2000年度   Agrobacterium-mediated transformation of doubled haploid cabbage

2000年度   アブラナ科野菜における高度ストレス耐性植物の作出 1)キャベツ倍加半数体系統のAgrobacteriumによる形質転換

2000年度   アブラナ科野菜における高度ストレス耐性植物の作出 2)Brassica rapaにおける組織からの植物体再分化能の調査

2000年度   アブラナ科野菜における高度ストレス耐性植物の作出 3)ハクサイ類における耐凍性評価法の検討

2000年度   Agrobacterium tumefaciensを用いたBrassica属野菜の形質転換体の作出

2000年度   Agrobacterium tumefaciences-mediated tranformation of Brassica vegetables.

2000年度   Brassica属植物の自家不和合性制御遺伝子の単離と機能解析

2018年度   栽培イチゴの四季成り性と連鎖したDNAマーカー

2017年度   多収で極晩生の一季成り性イチゴ新品種候補「イチゴ盛岡36号」

2016年度   ネギの抽だい期を支配するQTL

2016年度   東北・北陸地域に適するタマネギの春まき夏どり作型

2015年度   ネギの発現遺伝子配列を活用したDNAマーカー

2015年度   春夏季に安定生産可能な短葉性ネギ品種候補、安濃交3号および安濃交6号

2015年度   イチゴうどんこ病(レース0)抵抗性に連鎖するDNAマーカー

2015年度   栽培イチゴの四季成り性に連鎖するDNAマーカー

2012年度   ニラのアポミクシスを構成する複相大胞子形成と単為発生の遺伝様式

2012年度   ネギの低辛味性を選抜可能なSSRマーカー

2011年度   適応作型の広い短葉性ネギF1品種「ゆめわらべ」

2010年度   さび病抵抗性を有する中間母本「ねぎ中間母本農1号」

2010年度   遺伝子型データに基づいたアサインメントテストによるネギの品種識別

2009年度   短葉性ネギ品種「ふゆわらべ」

2008年度   染色体に対応付けられた単純反復配列(SSR)を基にしたネギ連鎖地図

2006年度   循環選抜によるネギさび病抵抗性の選抜効果

2005年度   野菜DNAマーカーデータベース「VegMarks」

2004年度   極晩抽性の中間母本候補「ハクサイ安濃10号」

2004年度   DNAマーカーによるネギ品種識別を可能にする選抜法

2003年度   単純反復配列(SSR)マーカーを利用したハクサイ連鎖地図

2003年度   環境ストレス耐性組換えコマツナの作出

2003年度   ネギのマイクロサテライトマーカー

2002年度   ハクサイ根こぶ病抵抗性個体を選抜可能なマイクロサテライトマ−カ−

2001年度   小胞子からの植物体再分化能が高い‘はくさい中間母本農7号’

2000年度   ハクサイ根こぶ病菌の病原性判別法

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ネギ類共通ESTマーカーによるネギとタマネギのシンテニー解明

2010-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   連鎖地図に基づくタマネギとネギのゲノムシンテニーの解明

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   タマネギとのシンテニーを利用したネギ染色体の集中マッピング

この記事は